50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 索引

(4) 伏木地区や牧野地区など、海に面している地域での高潮災害については、どのよう    に予測し、対策を行っているのか。   (5) 公共施設以外の民間施設も本市の避難所の対象となっているが、避難時に環境や運    用の面において適切に対応できるのか。   (6) 福祉避難所がない地域において、新たな福祉避難所の指定、他市の福祉避難所の利    用を検討するとしていたが、その後の進捗状況は。  

富山市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会 (第2日目) 本文

このような中、本市においては、国の第2次補正予算に呼応して、早期に対策を講ずる必要がある箇所のうち、角間橋などの重要橋梁における耐震対策や水橋漁港海岸の離岸堤の高潮対策都市計画道路綾田北代線の無電柱化事業をはじめ、防災安全交付金を活用した火防水路の老朽化対策など、約6億5,000万円を本議会の補正予算案に計上しているところであります。  

入善町議会 2018-09-01 平成30年第5回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

去る9月4日未明に日本に上陸した台風21号は記録的な強風と高潮などによりまして全国の各地に大きな被害をもたらしました。大規模な停電インフラへの影響などは多岐にわたり、各地での死者は14名、負傷者は29都道府県で約740名、住宅被害は約5,000戸にも達しており、今なお約1万世帯停電が続いておるというふうに言われております。  

富山市議会 2017-12-02 平成29年12月定例会 (第2日目) 本文

富山市地域防災計画では、防波堤産業活動上重要な役割を果たしている港湾漁港高潮波浪などによる被害から防護するものと位置づけられており、離岸堤は海岸保全として高潮波浪などによる被害から海岸を防護するとともに、海岸環境を整備し郷土の保全に資するものと位置づけられております。  

滑川市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会(第3号12月13日)

市では、地震津波洪水高潮土砂災害災害種別に応じまして、市内55カ所の公共施設等を市の指定緊急避難場所に指定し、避難者を受け入れることとしております。  民間企業との一時避難所協定につきましては、現在1地区で協定締結されております。  今後については、要望があれば協力してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(中島 勲君)  岩城晶巳君。

黒部市議会 2016-12-12 平成28年第6回定例会(第2号12月12日)

本市におきましては、やはり大雨、洪水、暴風雨、波浪及び高潮警報河川の水位上昇による水防警報が発令された際に、水防計画及び地域防災計画に基づいて、河川道路海岸パトロールを行い、情報の収集に努めるとともに、冠水のおそれが予想されるときは、土のうの設置など初期行動をとっている次第であります。  

富山市議会 2016-09-03 平成28年9月定例会 (第3日目) 本文

本年3月、内閣府消防庁が中心となり、政府が新たに決定した災害種別避難誘導標識システムでは、先ほどの津波に加え、災害対策基本法で定められた洪水内水氾濫、高潮土石流、崖崩れ・地すべり、大規模災害の全7種の災害に対して、外国人が見ても一目で意味がわかり、適切な行動ができる標準化された図記号が公開されました。  

富山市議会 2014-12-02 平成26年12月定例会 (第2日目) 本文

このため、本市の避難勧告の発令基準につきましては、水害では、対象河川が2時間以内に氾濫危険水位に到達すると見込むと発表されたときなど、土砂災害では、土砂災害警戒情報で厳重警戒に到達し、さらに、記録的短時間大雨情報が発表されたときなど、高潮では、高潮警報が発表され、富山潮位観測所の潮位が1メートルに到達したときなどと定めております。  

黒部市議会 2014-09-08 平成26年第5回定例会(第2号 9月 8日)

災害の発生原因を見ますと、水害土砂災害高潮災害台風とともに発生する場合が多く、水害土砂災害は前線による降雨により発生する場合が多いと言われております。このため市民の皆様それぞれが気象庁から気象注意報が発表された段階で、強風や大雨で避難が必要となるレベル発達する可能性があるかどうか注意いただき、気象庁から各種警報が発令された段階で、具体的に避難するかどうかを考えていただきたいと思います。

入善町議会 2014-09-01 平成26年第6回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

海岸保全区域ということを、私は初めて勉強させていただきましたが、少し調べてみましたところ、津波ですとか高潮などによる海水の浸入や海岸の浸食及び地盤の変動によって引き起こされる被害から防護する必要がある海岸で、知事が必要最小限度の範囲で指定した区域を言うということで、満潮、干潮のことも書いてありまして、原則として陸地側は春分の日の満潮時の水際線から50メートル、水面側は同じく干潮時の水際線から50メートル

入善町議会 2013-12-01 平成25年第2回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

芦崎地区に限らず、入善町の海岸線沿いでは、常に高波高潮による被害は想定しておかなければなりません。また、中心市街地におきましても、想定外の集中豪雨が発生した場合、床下床上浸水になるようなことも十分考えられます。  「災害は忘れたころにやってくる」と言われたものでありますが、このごろは、「災害は忘れなくてもやってくる」に改めなくてはなりません。  

富山市議会 2013-09-02 平成25年9月定例会 (第2日目) 本文

気象庁では、これまで、大雨、地震津波高潮などにより重大な災害の起こるおそれがあるときに、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、本年8月30日以降は、この警報の発表基準をはるかに超える数十年に一度の豪雨や大津波等が予想され、重大な災害危険性が著しく高まっている場合、新たに特別警報を発表し、最大限の警戒を呼びかけることとされました。  

富山市議会 2012-12-03 平成24年12月定例会 (第3日目) 本文

次に、避難勧告等の具体的な発令基準については、全国的に市区町村において、水害土砂災害高潮災害及び津波災害別に策定しておりますが、本市の現状と今後の取組みを伺います。  平成20年3月定例会公明党代表質問で、同年2月24日に発生した、冬場に起きる富山湾特有のいわゆる寄り回り波が原因と言われる高波被害についての対応を求めました。

黒部市議会 2012-06-15 平成24年第3回定例会(第3号 6月15日)

また、準用河川の出戸川は、多くの水路の排水を受ける河川で、津波高潮、満潮時なども考えると、慢性的に水があふれるといえ、1日も早い住民の不安を解消しなければならないと考えるところであります。  しっかりとした溢水対策地盤の低い箇所の水路のかさ上げなども考えながら、抜本的な改修が必要と考えます。市当局にお伺いします。  次に、大きい2点目であります農業の改革と再生の政策についてです。  

滑川市議会 2011-09-08 平成23年 9月定例会(第2号 9月 8日)

これら海沿いの地区におかれましては、波消しブロック堤防等が設置されてはおりますが、これらの地区の海抜は非常に低く、高潮津波災害による浸水被害が想定されているところでございます。  これらの災害によりまして被害が発生するおそれのある場合は、海岸から離れまして高台や近くの高い建物に避難することが、これはもちろん有効対策でございます。  ご案内のように、旧町部には幾つかの公共施設がございます。

入善町議会 2011-09-01 平成23年第11回(9月)定例会(第2号)  一般質問

海岸防災林事業は、林野庁所管の治山事業として森林の造成により、塩害高潮高波、強風などから人家や農地を守るための大切な事業であります。また、海岸沿いのグリーンベルト修景対策としても大きく貢献する事業であります。  本町では、昭和60年度に田中地先を皮切りにこの事業に取り組み、これまでに、春日、吉原、目川、木根、古黒部地区が完了しております。

富山市議会 2011-06-03 平成23年6月定例会 (第3日目) 本文

お尋ねの、本市において予想される自然災害の種類につきましては、災害対策基本法でいう暴風、豪雨、豪雪洪水高潮地震津波が考えられます。これらの自然災害の規模や被害につきましては、風速や降雨量、降雪量、津波高などにより、その都度変わることから、本市の地域防災計画において、地震以外については想定しておりません。  

黒部市議会 2010-12-09 平成22年第7回定例会(第2号12月 9日)

そこで、慢性的に溢水している箇所につきましても巡視を行い、恒久的に土のう積みなどの水防活動を実施しておりますが、近年は地球温暖化等による集中豪雨高潮がたびたび発生し、生地地内や三日市地内などにおいて農業用排水路や道路側溝から水があふれ出し、家屋や車庫、庭先等への流入が頻繁している状況であります。  

高岡市議会 2010-03-05 平成22年3月定例会(第5日目) 本文

気象庁は、大雨や洪水高潮等に関する警報注意報市町村に細分化するシステムを5月から運用、各地の気象台が発表し、県が市に伝達すると報道されておりました。その警報をどのように迅速に市民に伝え、災害から守るかが大切です。対応予定をお伺いいたします。  さらに、いざ災害というときのために災害時要援護者に対する避難支援プランの作成が必要です。