1409件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

1点目は、平成27年からスタートした石動周辺整備事業のうち、新市民図書館が3月26日に開館し、駅前広場リニューアル工事が今年7月にはほぼ完了、大谷・蟹谷こども園が4月に開園、津沢あんどんふれあい会館が4月にオープン、11月には市民交流プラザ完成を予定していて、これまで実施してきたハード整備の成果がいよいよ花を咲かせる年度になりました。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

産業振興部長森田博之君) 氷見駅でのモニュメントでございますが、JR氷見駅はまさに氷見市の玄関口でございますので、このモニュメントは、まんがロードの起点となるものでございますので設置をしてまいりたいというふうに考えてございますが、今現在、氷見駅前整備について新たに計画がされているというところでございますので、それに合わせて氷見駅前モニュメント整備について検討してまいりたいというふうに考えております

小矢部市議会 2020-03-10 03月10日-03号

そういうことでございますけれども、この新図書館を生かして、近くの「める・びる」なんかとタイアップして駅前魅力がさらに上がれば、何かいろんな効果も出てくるんじゃないかと思います。 天気がよければ、クロスランドおやべのほうへも、メルバスですね、特に土・日曜日なんかは、子供さんを連れた親子やおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、図書館一緒に利用するのも大変楽しいのではないかというふうに思っております。

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

黒部宇奈月温泉駅前に立つと、冬は雪景色の山々、春夏は緑鮮やかな風景、秋は紅葉で四季折々の景観が楽しめます。黒部の中でも好きな場所の1つであります。  それでは、通告に基づいて3項目質問をさせていただきます。  項目1つ目新幹線周辺施設見直しについてです。5点、質問させていただきます。  1点目、黒部宇奈月温泉駅前におり立つと、広々とした芝生広場があります。

滑川市議会 2020-03-07 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 7日)

現に、滑川駅前句碑には「歩みいる人にやすらぎを、去り行く人にしあわせを」と刻んであります。どれだけの人がこの句碑の意味を思い、また銘を見ておられるかわかりませんが、この句碑のとおりに滑川駅前に、これからもほたるい観光龍宮まつりに寄っていただいた方々に、滑川はきれいなまち、花がいっぱいでいいまちだなと思われるようなまちにしたいものと思っています。  

富山市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会 (第6日目) 本文

一方、御存じのとおり、東側は県有地が広がっており、市のほうで、今ほど説明があったように、東口の駅前広場整備のために予算計上もされています。  ただ、新駅から県道65号富山大沢野線へアクセスする計画、これはもちろん県のほうの話にはなりますが、これについては、地域住民の方から近隣の渋滞を懸念する声がやはり根強くあるのが現状です。  

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

伏木駅前観光駐車場、そして昔の相撲場駐車場として整備されていますが、大幅に増加することを希望している観光客に対応できる駐車場整備を至急行わなければならないのではないかと思いますが、見解についてお示しをいただきたいと思います。  北前船資料館倉庫の中には、展示の許可は出ていないと思いますが、旧建物所有者でもある秋元家の大変すばらしい美術品などがあると聞いています。

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

このように利用者が大幅に増加した要因としては、運行本数の増加によって利便性向上したことに加え、これまでに婦中鵜坂駅の開設やパーク・アンド・ライド駐車場駅前広場駐輪場等を市が順次整備するなど、利用者利便性アクセス性向上に努めてきたこと、さらには、市内電車富山高架下への乗り入れによって、富山駅の交通結節機能が格段に向上したことなどが要因となっていると考えております。  

氷見市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会-03月04日-01号

総合的、計画的な土地利用方針等を定め、調和の取れた土地利用を推進するため定めた「都市計画マスタープラン」や「立地適正化計画」に基づき、定住を促進するための住宅団地造成への助成や、長期間未着手となっている都市計画道路見直しを進めるとともに、氷見駅周辺利便性魅力向上目的とした氷見駅前道路の拡張や駐車場整備に係る調査設計を実施いたします。  

黒部市議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第1号 3月 2日)

■3番 大辻菊美議員(一問一答方式)  1 新幹線周辺施設見直しについて   (1)黒部宇奈月温泉駅前に降り立つと、広々とした芝生広場があります。親子連れ      が微笑ましく遊んでいる姿を時折見かけたりも致しますが、ほとんど人気が無      く閑散としています。植木もあり、芝生ということで維持管理も大変です。芝      生広場は、どのような目的で作られたのでしょうか。

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

3番目の「公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりの推進」としては、富山駅の東西自由通路や北口駅前広場などの整備、あいの風富山鉄道東富山駅と呉羽駅の新改札や富山東富山間新駅設置への支援と各駅における周辺施設整備、そして、全国で相互に利用可能な交通系ICカードシステム路面電車への導入などがあります。

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日目) 本文

高岡駅周辺では、駅前東地区において建設が進められてきたホテルの開業を今月19日に控え、マンションも今年の秋に竣工予定となっているほか、新たな再開発事業の動きも見られ、民間主導まちづくりが着々と進められております。  御旅屋セリオにおける多様な交流やにぎわいを生み出す場づくり効果が、まちなかの民間投資と相まって中心市街地全体が活性化するよう、引き続き取組を進めてまいる所存であります。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

立山グランドデザインは、立山黒部アルペンルートを基軸とし、ロープウエー計画が進む立山駅前景観整備に取り組むとともに、新たな開発が進む上東地区に点在する観光資源を有機的に結びつけ、一体的に施策を展開するための、新しい時代の立山観光の統一的なイメージをつくり上げるものと考えております。