50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 9日)

そこで、急激な負担増を避けながら、段階的に繰入金比率を改善していくことが望ましく、今回の料金改定では、水道事業簡易水道事業合算値繰入金比率を4%とする改定として、水道事業及び布施山、内山愛本音沢東山の4簡易水道事業で28%、宇奈月簡易水道で36%改定とする提言があったものであります。  

黒部市議会 2020-09-09 令和 2年第6回定例会(第2号 9月 9日)

〔12番 小柳勇人起立〕 ○12番(小柳勇人君) 議論の分かれるところだと思いますが、旧宇奈月中学校立地環境というのは下立地区のみならず、愛本音沢、内山宇奈月地区、こちらも扇の要の場所であります。  なお、内山地区土砂災害では公民館は0%、洪水地区は、音沢は0%、このような結果になっております。  

黒部市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1号 9月 2日)

災害復旧費は、6月29日から30日にかけて発生した豪雨により被害のあった市道音沢6号線の災害復旧事業費を計上しております。  これら補正の財源といたしましては、国県支出金寄附金基金繰入金のほか、繰越金及び市債をもって充当することといたしております。  債務負担行為は、石田こども園移転整備に係る整備事業を追加するものであります。  次に、特別会計等補正について概要を申し上げます。  

黒部市議会 2018-09-26 平成30年第5回定例会(第4号 9月26日)

第1次総合振興計画の6つのまちづくり指針のひとつであります都市基盤の充実したまちづくりに基づき、平成24年度以降、集中整備が行われてきたところであり、平成29年度においても、桜井中学校校舎体育館新築事業宇奈月消防庁舎建設事業音沢交流センター新築事業及び新石田企業団地造成事業等、多くの事業が行われました。

黒部市議会 2018-06-18 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日)

富山県においては、地域振興8法に基づく法律の指定地域に、中山間地域等直接支払制度に基づく知事特認に係る農用地を有する地域を加えた範囲を中山間地域としており、その範囲で申し上げますと、本市では田家、前沢、東布施宇奈月温泉内山音沢、愛本下立、浦山の9地区が中山間地域となるというふうに認識しております。                

黒部市議会 2018-06-15 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日)

昨年度に実施したこれら要望活動の一例としては、農林水産省関連においては、今6月定例会予算案を上程しております(仮称)新川地区獣肉加工施設に係る事業化要望を行うとともに、国土交通省関連では道路メンテナンス事業に係る音沢橋直轄診断事業要望を実施し、結果、その実現に結びついたところであると伺っております。  

黒部市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日)

毎週火曜日は音沢、栗虫愛本地区を、毎週木曜日は東布施地区販売車が回っております。  地域住民の評判は上々で、移動販売を週2回にしてもらえないかという要望が上がっている盛況ぶりであります。昨年の11月には、かねてより懸案事項でありました生鮮食料品を扱える冷凍・保冷車の導入を黒部市としてコンビニ事業所の本部に要望したところであります。

黒部市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(第1号 3月 1日)

本市では、コンビニチェーン店東布施      や宇奈月愛本地区音沢地区で、又、ほかにも施設や昼時の会社へ販売に行っ      ておられるお店もある。2つの山間地区へ行っておられるお店の話を聞かせて      いただいたが、採算的には難しいようだ。当然単価にも影響する。しかしなが      ら、高齢者が多い地区なので重宝がられ頼りにされているようだ。

黒部市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(第3号 6月12日)

また、今年度、音沢交流センターでの使用が決まっているというふうにお聞きしておりまして、そのような状況でございます。               〔3番 高野早苗挙手〕 ○副議長川本敏和君) 高野早苗君。               〔3番 高野早苗起立〕 ○3番(高野早苗君) 森林資源を有効に効率的に使用していくには、特に公共施設での使用が有効的であると思っております。

黒部市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2号 3月 8日)

過去を調べますと、第11回、平成7年に旧宇奈月町の音沢婦人消防隊が出場されております。現在は上位入賞を目指し、毎週火曜日に練習を重ねておるということであります。昨年8月に県女性消防団員連絡協議会が10周年を迎え、節目のことし、県代表として出場されます。  そこで、市として、黒部女性消防操法大会出場への支援を市長にお伺いします。  

黒部市議会 2016-06-14 平成28年第3回定例会(第2号 6月14日)

総務企画部長 寺嶋和義起立〕 ○総務企画部長寺嶋和義君) 2地区ございまして、旗で安否確認ということで2地区ございまして、音沢地区石田岡町内ということであります。               〔4番 川本敏和挙手〕 ○議長木島信秋君) 川本敏和君。               

黒部市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第1号 3月 1日)

新年度におきましては、音沢公民館建設事業として、実施設計等に要する経費を計上しております。  芸術文化振興につきましては、すぐれた芸術に親しむ機会として芸術文化活動への支援を行うほか、姉妹都市提携40周年記念事業として「黒部で第九を歌う会」と根室合唱団による根室市でのコンサート開催支援してまいります。  

黒部市議会 2015-12-10 平成27年第4回定例会(第3号12月10日)

必要なときに必要な支援が受けられるということで、きめ細やかに、こんな除雪についても、それぞれ屋根雪には1回2万5,000円、周囲の除雪については1万円と、支出しているわけでございますが、利用が少ないというふうなことで、どう考えているのか、ちょっとよくわかりませんけども、例えば、音沢集落とか、あんなとこへ行きますと、親戚とかの方が総出でひとり暮らしの方をやっておられると、要は地域のつながりがまだ残っているという

黒部市議会 2015-06-15 平成27年第2回定例会(第3号 6月15日)

それと内山簡易水道音沢東山簡易水道愛本簡易水道ということで一つの単価を持っております。この3種類が今現在の料金単価でございます。  それで体系といたしましては、口径別に統一されておるわけでございますが、大口逓減水量というのがございます。たくさん水を使う方には、ある程度以上使えば割安になるような体系づくりをされております。

黒部市議会 2014-12-10 平成26年第8回定例会(第2号12月10日)

また、地区別の増減を見ますと、10%以上減少した行政地区は、宇奈月温泉内山音沢、愛本下立東布施の6地区であり、いずれもおおむね中山間地でこの地域人口減少が進んでいると認識しております。この6地区では、合併当初の人口は5,117人でありましたが、本年11月末では4,358人となり、759人、14.8%減少しております。