1857件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

3か所の避難所には、結果的に最大で35人の方が避難され、その内訳は、産業展示会館に5人、芦崎保育所に10人、横山地区交流防災センターに20人の方が避難されたところであります。  さて、このように不特定多数の避難者が多く集まる災害時の避難所においては、密閉・密集・密接といった空間になりやすく、新型コロナウイルス集団感染発生危険性が高まることが考えられます。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

平成25年6月の災害対策基本法の一部改正により、高齢者障害者、乳幼児防災施策において特に配慮する方(要配慮者)のうち、災害発生時の避難等に特に支援を要する方の名簿(避難行動支援者名簿)の作成を義務づけることといたし、規定に付加されたところであります。  

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

氷見運動公園は、防災対策避難住民車両検査場として、住民の命を守る、安全・安心が保障できない場所と考えるからであります。  大浦運動公園内で、一極集中して避難車両検査のため、公園内に連なる道路避難円滑化モデル実証道路事業も、関連事業として反対いたします。  私はこれまで8回の避難訓練に参加してきました。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

避難所について質問するわけでありますが、最近の激しい大雨、台風等の増加によって、氷見市においても災害が急増しております。  そういう中で、避難所について伺いたいのでありますが、今回、指定避難所耐震化事業で、未耐震指定避難所8か所のうち1か所だけ耐震化されることによる指定避難所の見直しによる住民への影響につきまして、宮下防災危機管理監に伺います。 ○副議長積良岳君) 宮下防災危機管理監

小矢部市議会 2020-03-10 03月10日-03号

当市においても、防災無線が聞こえにくいとか、避難所へどう行けばいいかとかなど、問題が多々あるように思いますが、警戒レベルの運用、特に警戒レベル4の「避難勧告」と「避難指示(緊急)」の違いや使い分けなど、迅速な避難行動をしてもらうために、どのように市民情報提供して理解をしてもらい、未然に被害を防いでいくのか、ハード、ソフト面整備も踏まえ、お伺いいたします。 

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

大川小の犠牲を教訓に、学校現場では津波を含めた防災マニュアル整備が進みましたが、備えを形骸化させないためには、避難訓練を重ねるといった継続的な取り組みが重要になっているというふうにされております。  そこで、特に教師への防災教育重要性が再認識されております。  そこで質問ですが、この教師への防災教育についての取り組みについて伺います。 ○議長(原 明君) 広田学務課長

射水市議会 2020-03-06 03月06日-03号

ほかにも古いものが結構ございまして、昭和57年建築で築後36年を経過し、建物や設備の老朽化が進んでおり、高齢化社会への対応や、避難場所として機能するには大変困難かなというような建物に、コミュニティセンターになってきているのが実態でございます。ぜひ建て替え、そしてまた、大規模改修が必要になってきているというふうに思っております。 その中で、射水公共施設再編方針が今議会のほうで出ております。

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

そのとき、千曲川の氾濫などにより市の施設の一部で配電装置が浸水し、災害時の避難所が全く役に立たなかったことを大変反省していると聞きました。ただ電源確保だけでなく、その他の施設においても、浸水対策が重要であると学んできたところであります。 特に災害拠点となる本市庁舎は、既に非常用電源装置について対策はされていますが、人命を預かる射水市民病院は必要不可欠であると思います。 

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

また一方で、近寄れない被災現場状況掌握のためのドローンの配備や指定避難所となる学校のホームページのクラウド化など、災害時に迅速に情報を収集し、関係機関と共有するための体制構築も重要です。  さらに、5G時代においては、被災現場の映像など、リアルタイムの情報を収集、共有できるシステムの導入が有効になると考えます。  

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

本市では、市内の公立・私立保育園等におきまして、毎月、各園で避難訓練等を通じた防災教育の機会を持っておりまして、幼児防災意識の向上に努めているところであります。  また、新たな取組として、本市の監修の下、多数の企業の協賛により制作されました、幼児が遊んで学べる「たかおかぼうさいすごろく」が今月中旬から保育園や幼稚園を中心に無料配布されております。

氷見市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会-03月04日-01号

さらに、介護・福祉人材確保対策関係人口拡大に向けた取組推進、高岡市との消防広域化推進消防出張所整備指定避難所の耐震化などの総合的な防災力の強化、広域観光・インバウンドを視野に入れた滞在型観光推進名城大学農学部との連携による新産業創出朝日山公園氷見運動公園野球場改修工事など、合わせて106事業を「氷見元気プロジェクト事業として、71億4,633万円を重点配分しており、第8次氷見総合計画

氷見市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-目次

  …… 鎌仲教育長 ……………………………………………………… 84    質問(再) 屋敷議員 ………………………………………………………… 85    以下 一問一答方式    質問 …… 谷口議員 ………………………………………………………… 91          ・新文化交流施設について          ・在庁時間と時間外申請時間の乖離の改善について          ・原子力災害避難円滑化

富山市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会 (第3日目) 本文

さらに、具体の事業化までは至っておりませんが、今後期待されるものといたしましては、例えば浸水対策として、雨量や河川の水位を測定して早期避難を促す仕組みの構築や、子どもやお年寄りの見守り、さらには、除雪車にGPSを設置することによる効率的な除雪ルートの選択など、多方面での活用が可能になるものと考えております。