2118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

スタッフと一言で言っても、医師、看護師などの医療関係者、受付、進行、案内など様々な役割のスタッフが必要だと考えます。  安心・安全に接種が進むように体制は十分なのか、お聞かせください。 ○議長岩城晶巳君)  結城市民健康センター所長。 ○市民健康センター所長結城幹子君)  それではお答えいたします。  

射水市議会 2021-06-14 06月14日-02号

今後も少子化が進行する中、児童・生徒数のさらなる減少が見込まれることもあり、より議論が進んでいくものと承知しています。 一方、地域振興会においても、市内27地区地区ごとにより様々な規模の地域振興会がありますが、このまま人口減少が進めば、担い手不足から、場合によっては振興会運営に支障を来す地区も出てくるのではないかと危惧されます。

魚津市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第2号) 本文

まず、市制70周年、どのようなイベントを考えているかということですので、現段階での進行状況をお伝えしたいと思います。  まず、令和4年の4月、市制70周年を迎える年になりますが、この4月に記念式典開催したいと思っています。そして、式典と合わせまして、魚津市の70年の歴史や文化を振り返る記念写真展開催など、計画をしたいというふうに思っています。  

魚津市議会 2021-05-01 令和3年5月臨時会(第1号) 本文

我々もきちんと市民の声を吸い上げ、そして魚津市議会、公正公平で進行また邁進してまいりたいというふうに思います。  また、村椿市長をはじめ関係執行部局長、また職員の皆様方、そして報道機関関係皆様方には、ご指導、ご鞭撻を賜りながら、よりよい魚津市に邁進していきますよう努力してまいりますので、今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございました。

黒部市議会 2021-03-22 令和 3年第1回定例会(第4号 3月22日)

歳出に関しては進行中のKOKOくろべや、(仮称)くろべ市民交流センターなどハード事業進捗状況を確認し、開業後に市民からより喜ばれる事業となることを再度要請します。人口動態変化への対応策として移住・定住の促進など人口増加策の推進や、企業会計健全経営など将来を見通した人口減少対策を講じることも引き続き最重要課題と認識しています。  

滑川市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会(第3号 3月12日)

その後の取組、進行状況を伺いたいと思います。  4点目の、ふるさと龍宮まつりは今年も開催される予定でありますが、街流し、それから海上花火大会開催決定はいつ頃になるのかであります。  新川古代神は大切な郷土芸能であります。花火大会も、正三尺玉が滑川市、そして夏の風物詩となっております。楽しみにしている市民の声も聞こえるわけであります。いつ頃までに決定されるのかお伺いするものであります。  

小矢部市議会 2021-03-12 03月12日-03号

石動周辺整備事業、これについては、事業費5か年で22億7,100万円、新図書館及び駅舎合整備事業については7億7,000万円、まちにぎわい創出活性化に結びつく施設として検討を重ねている小矢部市総合会館石動コミュニティセンター勤労青少年ホームを整理統合した社会教育施設整理統合事業に7億円、合計37億4,100万円の大型事業計画に基づき、平成30年6月より、今後の人口減少少子高齢化の急速な進行

黒部市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 9日)

我が国の支え合う社会の基盤である社会保障費につきましては、少子高齢化進行により給付に見合う財源が確保できておらず、不足している社会保障費は将来を担う子や孫の世代負担が先送りされているのが現状であります。また、給付高齢世代中心負担現役世代中心という状況であり、その社会保障制度の見直しがされているところであります。

南砺市議会 2021-03-09 03月09日-03号

一方、高齢化進行し、65歳以上の老年人口割合は、1980年には13.8%でしたけれども、2015年には36.1%となり、団塊の世代老年人口区分に加わることとなるこの時期以降、老年人口割合がさらに上昇するものと考えております。 こういった人口減少人口構成変化は、住民の生活などに大きな影響を及ぼしますが、これらによってもたらされる地域の様々な課題は、それぞれの地域特性によって異なります。

南砺市議会 2021-03-08 03月08日-02号

妊娠や出産、産後の体調や子供によくある急な病気や学校行事、職場の理解がないと子育てに不自由を感じる事例は核家族進行もありまして年々高まっております。ニーズをつかんだ、特徴のある企業情報サイトを目指すべきであります。 また、元年6月の一般質問でも提案をいたしましたが、アスリート応援企業の認定、多くの高校生や大学生が就職を機に競技スポーツを引退します。

高岡市議会 2021-03-07 令和3年3月定例会(第7日目) 本文

少子高齢化の加速と、既に進行している人口減少への対策は、本市の発展と持続可能な社会を構築していくために取り組むべき喫緊の課題であります。特に独り親家庭、若者、女性の雇用、所得の安定、子育て支援の充実、拡大が求められています。引き続き、緊張感を持って市政・財政運営に努められるよう強く求めるものです。  当局におかれましては、緊急度優先度を勘案し予算執行に当たっていただきたいと思います。

高岡市議会 2021-03-06 令和3年3月定例会(第6日目) 本文

この間、人口減少少子高齢化進行といった構造的といいましょうか、長い間少しずつ進んできている課題、さらには、現在進行中でございますが、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大など、社会環境に大きな影響を与えるような変化も起こっております。将来にわたって持続可能なまちづくりを進めていくことが改めて必要であると実感をいたしております。  

富山市議会 2021-03-05 令和3年3月定例会 (第5日目) 本文

本市では、人口減少少子・超高齢社会進行や過度な自動車依存による公共交通の衰退、市街地の低密度化などが課題となっています。これらの課題対応し、将来にわたって持続可能な都市を構築していくために、本市では公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりを政策の基本に据えています。

高岡市議会 2021-03-05 令和3年3月定例会(第5日目) 本文

しかし、人口減少少子高齢化進行する中で、自治会組織などの高齢化あるいは担い手不足により、コミュニティ活動維持存続が困難な状況が出始めていることも事実です。  そこで、今回の予算案に計上されました新機軸「共創の地域づくり促進事業」の実施の経緯と周知方法についてお伺いします。