513件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第3号 9月10日)

そして、私たちの住んでいるスーパー農道から上流は、かなり確率が高いです。県道、市道、ちょっと無理かもしれませんが、何か新しいグレーチングを考えていただいて、設置をすることはできないかということです。それについて伺いいたします。お願いいたします。 ○議長(原 明君)  黒川農林課長

滑川市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第2号 9月 9日)

このまま離農者が増加していけば、現状の農地の耕作を賄うことは困難であることから、市ではこれまでも、1つ目として、地域の中心となる担い手への農地の集積・集約化の推進、2つ目としまして、持続的な農業を実現するための人・農地プランの更新、3つ目としまして、作業の効率化や規模拡大に必要な機械等の助成、4つ目としまして、中山間地域等直接支払制度や多面的機能支払制度による耕作放棄の防止や水路及び農道の管理などの

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

以前からシンボルロードの早期開通につきましては、西側のほうの野沢方面のシンボルロードの道の質問を何度かさせていただきましたが、今回は総合公園、とりでの丘の東側からスーパー農道の、わずかな道路の件についてです。  なぜこの道路が開通しないのか、具体的に説明をいただきたいと思います。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

こうした現状の改善を図るために、古黒部地内の県道入善朝日線の赤川橋から高畠地内の県道高畠上飯野線までの区間の県道入善朝日線、農道藤原東五十里線、町道柳原吉原五十里線、それから、町道道市入膳線、そして県道魚津生地入善線の5路線につきまして、町では幹線道路網整備計画の中で鉄道海側の幹線道路として位置づけているところであります。  

黒部市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

国におきましても、公共施設の総合管理に係る取り組みとして、公共施設の適正管理を推進するため、公共施設等適正管理推進事業債の対象事業に市道、河川都市公園農道林道漁港などの社会基盤施設、いわゆるインフラ施設を拡充しており、この点からも個別施設計画の策定を進めていく必要があると考えております。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

用水は大切な稲の水管理など大きな役割がありますが、田んぼや農道に沿って続いております。しかし、近年は市街地になり住宅密集地になったところも多く、市街地に住む人たちはもちろん、特に子育て世代が多い地域では、用水への転落事故を懸念し、ガードレール設置の要望が多く寄せられている現状があります。  

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

道路といってもさまざまで、都市計画道路に市道、農道林道と多岐にわたりますが、今回は道路施策の一つ、街路事業に関して質問します。  この街路事業は、地域の生活道路ではなく、環状線など市内全域を見ても重要な道路を指し、事業が前進することで本市のまちづくりが前に進むものと認識しております。  

富山市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会 (第3日目) 本文

このようなポールの設置につきましては、農業用水路の管理者である土地改良区が設置するものと考えており、その際、道路に設置する場合は各道路管理者との協議が必要になり、設置後には除雪時や修繕時の対応が、また農道に設置する場合は、草刈り等の営農活動に支障とならないように配慮する必要があるものと考えております。

立山町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第2号) 本文

小学校の横を走るスーパー農道は、国道と国道を結ぶバイパスとして多くの一般車両や県外の観光車両が走っています。  校舎やグラウンドを有効活用するためにも、道の駅にすることを提案します。周辺にはリゾート開発も始まっています。また、多くの遺跡もあり、平坦地観光の出発点として魅力ある観光名所に適しています。  社会資源を活用し、先を見据えた方向でぜひ前向きに検討をしていただきたい。  

滑川市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第3号12月11日)

名前はちょっと伏せますけれども、いわゆる陸掘りをやったのは、田んぼ1枚ごとに順番に機械が動いて、時間をかけて上大浦からずっとスーパー農道の下まで順番に掘り尽くしてしまった。友達が言いました。気づくのが10年遅かったね。気づくのが10年遅かったね。今はもう遅い時期に入っているということを彼は言っているわけです。既に破壊がスタートしました。

滑川市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第2号12月10日)

そうなると、やはり一番いいのは、インターを出て、スーパー農道を抜けて、そのまま上がっていって、博物館の前を通る。博物館の前を通って、杉本の交差点で右へ折れて、そのままみのわ温泉へ行くというコースはぜひともつくってほしいと。  何でかというと、博物館から東加積小学校、このへんまでずーっと行くと本当にすばらしい景色が眺められる、富山湾を一望できる。

氷見市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会−12月10日-02号

その内訳は、市道では20カ所、河川では6カ所、農地では17カ所、農道や水路等の農業施設では31カ所、林道では5カ所となっております。  査定結果を踏まえ、公共土木施設として1億6,687万1,000円、農地施設として1億1,009万7,000円、林業施設として1,452万8,000円、合計2億9,149万6,000円を、今議会災害復旧事業費として補正をお願いしております。  

富山市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会 (第3日目) 本文

続いて、農道の維持補修についてお尋ねしたいと思います。  農道と言うと、知らない人は皆さん、あぜ道を想像するかもしれないのですけれども、そうではない農道がたくさんあるわけです。最近、農道の修繕がうまくいかず、ぼろぼろになっている農道もたくさんあります。  そこでお尋ねします。農道の管理は一体どこがしているのか。