運営者 Bitlet 姉妹サービス
351件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-15 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第2号 6月15日) さらに攻めの農業を実施すべく、コメの輸出、高収益作物の導入や農産品の付加価値を高めるための6次産業化を進め、持続可能な農業の確立により、農業所得の増大に取り組むことが肝要であります。  加えて、栽培施設の自動制御システムやスマートフォンを利用した遠隔作業など、ICT技術を導入した省コスト、高効率な営農体制の構築にも取り組み、未来の農業の形を目指してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-06-08 黒部市議会 平成30年第4回定例会(第1号 6月 8日) その要因として、輸出から輸入を差し引いた外需においては、引き続きプラス成長を維持したものの、内需の部分で冬場の気象要因がマイナスに作用したことが一因と分析されております。これまで2年余りにわたり上向き基調にあった景気の回復が、一服している状況であり、これらが一時的なものなのか否かについて、今後公表される実質経済成長率改定値など、経済指標に引き続き注意を払っていく必要があるものと考えております。   もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) そのことで輸出大企業は、外国への輸出で消費税分はとれないからと、仕入れ原価に係る消費税が国から還付される仕組みになっています。一方で、病院は患者さんからはもらえません。こういう分について、輸出大企業と同じように国から還付されるような、こういうことを求めることが大事だと思いますけども、このことについて答えてください。              もっと読む
2017-12-13 黒部市議会 平成29年第5回定例会(第3号12月13日) そのことで輸出大企業は、外国への輸出で消費税分はとれないからと、仕入れ原価に係る消費税が国から還付される仕組みになっています。一方で、病院は患者さんからはもらえません。こういう分について、輸出大企業と同じように国から還付されるような、こういうことを求めることが大事だと思いますけども、このことについて答えてください。              もっと読む
2017-12-07 富山市議会 平成29年12月定例会 (第3日目) 本文 2017.12.07 次に、農林水産省はことし10月末、コメの年間輸出量──加工品を含む──を平成31年に現在の4倍に当たる10万トンに引き上げる目標に向けた「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」と銘打った新事業に、県内では14JAと全農県本部、8農業法人の計23事業者が名乗りを上げたと発表いたしました。  そこで質問します。 もっと読む
2017-09-12 富山市議会 平成29年9月定例会 (第3日目) 本文 2017.09.12 法律改正の目的は、雑品スクラップの保管または処分が環境保全措置が十分に講じられないまま行われることにより、火災の発生を含め生活環境上の支障が発生していること、雑品スクラップの不適正輸出輸出先国からの不法取引との通報を受け、シップバック要請──要は船が戻されることですけれども、それが増加しているため、それらの問題に対応するものであります。   もっと読む
2017-09-01 魚津市議会 平成29年9月定例会(第3号) 本文 過去に、生産ピークの昭和54年には、東洋の幻想としてオランダに輸出されました。当時、かのこゆり組合員は41戸で、生産額は1億6,000万円に上りました。その後、価格の低迷や高齢化で生産者が減少しています。全国的にもこのかのこゆりの球根産地はないと見られ、かのこゆりが消えてしまうと地元では危機感を持ち、長引野花卉切花出荷組合と農事組合法人長引野が立ち上がりました。  ここで質問です。   もっと読む
2017-09-01 魚津市議会 平成29年9月定例会(第2号) 本文 また今後は、観光客の誘客のみならず、台湾インバウンド事業を契機とした台湾との産業交流や市内特産物の輸出なども視野に事業内容を検討していきたいと考えております。   もっと読む
2017-06-15 射水市議会 平成29年  6月 定例会-06月15日−03号 特に、日本食材の安全性は国外においてもお墨つきであり、国際的にも農産物の輸出に有利となることが言えます。農業者が安定して経営を続けるためには必要不可欠な事業とも言えます。  そこで伺いますが、農林水産省が推進している農業生産工程管理(GAP)の導入時の助成金の内容と、富山県の考えや取り組みについて伺います。また、市としても農業者にGAPの認証取得を推進するよう強く求めますが、その見解を伺います。 もっと読む
2017-06-14 南砺市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月14日−03号 きょうたまたまですが、本日の新聞の1面に、農水省の方針として農業の輸出額1兆円ということで、積極的に取り組むとしておりますし、また、当市のJAも米の輸出に向けて掲載されておりました。またひとつ、しっかりそういうような輸出といいますか、国際的に目を向けていくのも大事かなと思っております。  それでは、次に南砺市の次世代の農業施策についてお伺いいたします。   もっと読む
2017-06-09 富山市議会 平成29年6月定例会 (第3日目) 本文 2017.06.09 具体的に展開する施策として、1つに、農地中間管理機構を通じた担い手への農地集積の促進、2つに、ICTやロボット技術、AIを活用した農業の効率化・低コスト化の推進、3つに、地理的表示制度(GI)などを活用した農産物のブランド化と輸出などによる販路拡大、4つに、エゴマなどの6次産業化の推進、5つに、薬用作物など高収益作物の栽培推進、6つに、大型農業機械での作業を可能とする農地の大区画化などを位置づけており もっと読む
2017-06-01 黒部市議会 平成29年第2回定例会(第1号 6月 1日) 北米やアジアの好景気に支えられ、輸出が高い伸びを示したことがその主な要因ですが、内需においても低調であった個人消費に持ち直しがみられるなど、これまでと比べれば内需と外需がバランスよく成長してきたのではないかと思っております。しかしながら、名目経済成長率では、成長率が横ばいとなるなど、市民生活の実感として必ずしも景気に力強さを感じられない状況ではないかと感じております。   もっと読む
2017-03-22 富山市議会 平成29年3月定例会 (第9日目) 本文 2017.03.22 さて、安倍政権のアベノミクスは、一部輸出大企業と富裕層をさらに潤す一方で、国民の暮らしや中小企業、農業など大多数の国民には負担増と格差拡大をもたらしてきました。   もっと読む
2017-03-09 南砺市議会 平成29年  3月 定例会(第2回)-03月09日−02号 事業者個々の対応ではなかなか限界がありますので、地元産の農産物による学校給食や直売所の増設、6次産業化やブランド商品の開発、そしてまた農産物の海外輸出など、地産地消こそが非常にこれから地域おこしの一番大事なことであります。これもエコビレッジ構想の大きな柱の1つでないかというふうに思っております。   もっと読む
2017-03-07 氷見市議会 平成29年 3月定例会-03月07日-03号 そのほか、家庭で魚を食べる機会を増やすことを目的とした親子魚食食育教室の開催、魚食普及や販路拡大などに用いるためのキッチンカーの購入、ひみ寒ぶりに次ぐ新たなブランド魚を確立するための氷見で水揚げされる魚の市場調査の実施、魚を使った新市場への参入可能性調査、シンガポールへの輸出実験、首都圏などでのアンテナショップの設置の試行実験、ブリ大根の缶詰の試作などに取り組んでおります。   もっと読む
2017-03-07 氷見市議会 平成29年 3月定例会-03月07日-03号 そのほか、家庭で魚を食べる機会を増やすことを目的とした親子魚食食育教室の開催、魚食普及や販路拡大などに用いるためのキッチンカーの購入、ひみ寒ぶりに次ぐ新たなブランド魚を確立するための氷見で水揚げされる魚の市場調査の実施、魚を使った新市場への参入可能性調査、シンガポールへの輸出実験、首都圏などでのアンテナショップの設置の試行実験、ブリ大根の缶詰の試作などに取り組んでおります。   もっと読む
2017-03-06 富山市議会 平成29年3月定例会 (第2日目) 本文 2017.03.06 さて、国では農業を成長産業とするため、農産物の輸出拡大を含む成長戦略のかなめとして、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を位置づけ、昨年12月の臨時国会においてTPP協定及び関連法案について承認、成立いたしました。  また、国では農業改革を進めるため、昨年11月29日、農林水産業・地域の活力創造本部において農業競争力強化プログラムを決定いたしました。   もっと読む
2017-03-02 富山市議会 平成29年3月定例会 (第1日目) 本文 2017.03.02 また、最近の景気につきましては、個人消費に足踏みが見られるものの、輸出、生産は持ち直しており、景気全体としては、緩やかな回復基調が続いております。  先行きにつきましては、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待されておりますが、海外経済の不確実性や、金融資本市場の変動の影響にも留意する必要があるとされております。   もっと読む
2017-03-01 高岡市議会 平成29年3月定例会(第4日目) 本文 少し拾ってみますと、攻めの農業に加速、野菜転換へ促進、高収益作物、園芸作物への増産、さらには輸出促進や輸出拡大で所得増。 もっと読む
2016-12-13 南砺市議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月13日−03号 また、輸出用米として生産される米について、生産拡大を促進するための補助を実施しております。さらに、売れる米をつくるためには土づくりが重要と考えており、緑肥作物による土づくりに対し、補助を実施しております。   もっと読む