284件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日目) 本文

人口減少少子高齢化などの社会構造変化ネット通販の普及や社会進展による路面店郊外化など、既存商店街小売業を取り巻く環境は大きく変化しております。  今や、大型商業店舗ネット通販eコマースとの競争にさらされており、各個店にはネットにはない実店舗ならではの魅力を高めていく必要があると認識しております。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

今は社会であり、駅から離れるデメリットよりインターチェンジに近いメリットのほうが大きい。現庁舎敷地で3年間も工事中の状況が続くとなれば利用しにくくなる。県庁舎敷地となると、コスモホール駐車場が狭いことに加え、8号の拡幅でさらに敷地が狭くなる。庁舎の階数を高くするだけ建設費が大きくなるので、中央公園周辺の用地を買ったほうが安いのではないか。現在の場所は狭く、広いところで建てるほうがよい。

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

しかし、全国的な社会進展高齢化進行により、高齢者被害者だけでなく加害者となる交通事故が年々増えてきており、本町における交通安全対策取り組みも、従来からの児童や生徒を中心とした取り組みに加え、高齢者を対象とした取り組みを重点化しているところであります。  

小矢部市議会 2019-03-12 03月12日-03号

平成22年よりスタートをした村の駅「きたかんだの郷」の活動状況が芳しくないことから、地域農産物の生産、販売の拡大を目指したい、交流拠点をつくり、今日の社会、農作業変化などにより、希薄化しつつある地域のきずなを再生させたい、地域にある資源を見詰め直して活用し、ふるさとへの愛着を育てたい、交流人口移住者をふやし、元気な地域にしたいとの思い活動を開始してまいりました。

魚津市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第2号) 本文

魚津市は特に社会なんですよ。免許を返納するというのは足を奪われたんですよね。その足を奪われた方々に、やっぱり手厚いこういう施策はずっと続けるべきと私は思っています。  市長、今度は選挙に出られんつもりなら別に構わんがですけど。いやいや、それは余計な話なんですけど、住民の足として本当に大事なことなんですよ。ぜひこれはまた再考願いたいと思います。これはまた要望としておきます。  

高岡市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会(第5日目) 本文

社会進展などにより、本市と同様の課題を抱える秋田市の取り組み大変参考になったところであります。  本市においても、公共交通利活用を図ることで、持続可能で安心して暮らし続けられる都市づくりを目指していく必要があります。  本委員会に付託されている港湾、公共交通に関する事件につきましては、本市において非常に重要な問題であり、今後も引き続き調査を進めていきたいと考えております。  

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

利便性を十分に配慮した公共交通網や、社会歩行者とのバランスのとれたまちづくり。特に、富山市においては、新たに市中心部地域包括支援センターなどを設けるなど人口減少下においての少子高齢化社会を見据え、公共という性格を選択と集中という形で見据えたまちづくりには、私としては、全てがうまくいっているとは思いませんが、理解できる部分が多く感じられます。  

滑川市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第3号 9月11日)

それからまた、例えば買い物に行くということでありましても、社会でございますので、そういう意味では、いろんな地区にあっても、少々距離があっても、社会の中ではある程度それは解消できるのではないかなと、そういうふうに思っておるわけであります。  

氷見市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会−09月11日-03号

現在、氷見市においても社会といっても過言ではなく、市民生活には道路整備が必要不可欠であります。また、災害時や緊急時、地域振興観光振興に大きく影響を与えているとも考えます。  現在、国、県要望重点要望にも上げられていますので、氷見市が位置づけている主要幹線道路整備状況についてお伺いをいたします。建設部長。 ○議長嶋田茂君) 大野建設部長

魚津市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第2号) 本文

これ自体は、駅を中心にした歩行空間なんですけれども、議員ご指摘のとおり、歩いてまちを回るというふうなことというのはまち活性化にもちろんつながりますし、あるいは多様な事業展開が生まれる可能性が出てくるというふうに思っていますので、ぜひそういった視点を生かしてプランをつくっていきたいというふうに思いますが、同時に、その場合、どうしても社会進展もありますので、駐車機能歩行空間、これの連携をしっかりと

高岡市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会(第3日目) 本文

次に、運転免許自主返納制度についてですが、本市はまだまだ社会であり、車がないと生活できないというのが実情であります。運転免許を返納しても、1回限りの支援ではその後の生活がままならないといった市民の声も聞こえており、公共交通空白地では特にその声が顕著であります。  運転に自信がなくなった高齢者認知機能の低下した方などが自主的に免許を返納することは重要なことであります。  

高岡市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第5日目) 本文

これからの社会情勢を見据え、社会からの脱却を図り、公共交通利用を推進し、誰もが安心して暮らし続けられるまちを形成していかなければなりません。このプラン説明に旧高岡市と旧福岡町で計4回の説明会が行われ、今定例会常任委員会で報告がなされると仄聞しておりますが、地域特色の異なる場所市民思いもそれぞれ異なります。  

上市町議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第2号) 本文

そういったことではありますが、しかしながら、高齢者による交通事故多発、あるいは免許証自主返納、健康でありながら社会での移動手段のない弱者など、これらの事案を補う福祉サービスの充実の一環としても、朝日町のような事例もぜひ参考にしていただき、真剣に、そして早期に取り組んでいただきますことを改めて確認させていただきたいと思います。