110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小矢部市議会 2020-09-10 09月10日-03号

大胆な金融政策、機動的な財政政策そして民間投資を喚起する成長戦略であります。 資金需要が上向かない中で、マネーサプライを増やし、金融緩和を進めれば、基本的に円の価値は下がり、行き場を失った資金は土地や株式等の債権へ向かいます。景気回復経済拡大という事実がなくても、円安株高に向かうのは必然であります。 残念ながら、第3の矢は最後まで放たれることなく、トリプルダウン地方創生は道半ばであります。

高岡市議会 2020-09-04 令和2年9月定例会(第4日目) 本文

パンデミック後、政府は、特別定額給付金持続化給付金をはじめとした財政政策によって一時的な対処を行いましたが、一度消失した需要を呼び起こすのは簡単ではなく、したがって、税収もすぐにコロナ前に戻すことは難しいのではないかと予想されます。そこで必要となるのがウイズコロナを見据えたリバイバルプランであり、市税雇用増加経済活性化につながる移住、定住の強力な推進ではないかと思います。  

小矢部市議会 2019-03-11 03月11日-02号

さて、金融緩和政策財政政策、成長戦略、三本の矢、トリクルダウン、地方創生、一億総活躍社会、新三本の矢。アベノミクス経済を再生し、地方を再びよみがえらせるのだと信じ、はや6年の歳月がたちました。この5年の間、GDP伸び失業率低下有効求人倍率上昇企業利益水準賃金の引き上げ、株価の水準等を見ると、確かに経済成長基調にありました。

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

本市は、5年間で40億円の財源不足を解消するという目標を立て、財政健全化緊急プログラムの名のもと緊縮財政政策を実施しています。  一刻も早い赤字脱却は重要ですが、40億円という財源不足が解消されたら高岡市の財政健全運営になるのかといえばそうでもなく、赤字解消後も健全化への道はまだまだ続くのではないでしょうか。

小矢部市議会 2017-12-14 12月14日-02号

また、将来的な財源の見通しにつきましては、内閣府が行っております「中長期の経済財政に関する試算」の中で、2025年までの試算が示されており、デフレ脱却経済再生に向けた経済財政政策効果を除いた場合であっても、地方税収は毎年の平均伸び率を2%弱と見込むとともに、地方交付税につきましても毎年の平均伸び率を1%弱と見込んでいるところであります。

南砺市議会 2017-09-11 09月11日-02号

◆5番(畠中伸一議員) 2040年、南砺市南砺市であり続けるよう入りをはかりて出ずるを制す、適切な財政政策をお願いいたします。 次に、企業誘致について伺います。 さきにも申しましたが、各種施策を実行しても、人口目標値を離れていく現実、そして公共施設進捗率が上がらない現状があります。当然、思い描いていた歳入歳出シミュレーション赤字幅の増大が予想されます。

黒部市議会 2017-09-04 平成29年第3回定例会(第1号 9月 4日)

本題に入ります前に平成27年度を振り返りますと、政府による大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を柱とする経済財政政策推進により、雇用所得環境が改善し緩やかに景気が回復した年度でありました。  本市におきましては、総合振興計画の最重点課題である都市基盤集中整備期を迎え、新庁舎及び市民病院外来棟第2期工事が完成し、黒部発展のための多くの事業が力強く推進されました。

高岡市議会 2017-03-07 平成29年3月定例会(第7日目) 本文

平成29年3月21日                                     高岡市議会  なお、提出先として、内閣総理大臣法務大臣国土交通大臣厚生労働大臣総務大臣財務大臣経済産業大臣経済財政政策担当大臣地方創生担当大臣内閣官房長官。  以上であります。

高岡市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会〔 議員提出議案 〕

平成29年3月21日                                  高 岡 市 議 会 提 出 先   内閣総理大臣   法務大臣   国土交通大臣   厚生労働大臣   総務大臣   財務大臣   経済産業大臣   経済財政政策担当大臣   地方創生担当大臣   内閣官房長官 Copyright © Takaoka City,

富山市議会 2016-12-06 平成28年12月定例会 (第6日目) 本文

平成27年度我が国経済は、アベノミクスによる「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」の「三本の矢」の一体的推進により、雇用所得環境にも改善傾向が見られ、緩やかな回復基調が続いておりました。  また国では、地方経済政策効果が広く行き渡るようにするため、地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策を実施されました。  

黒部市議会 2016-09-05 平成28年第4回定例会(第1号 9月 5日)

本題に入ります前に平成27年度を振り返りますと、政府による大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を柱とする経済財政政策推進により、雇用所得環境が改善し緩やかに景気が回復した年度でありました。  本市におきましては、総合振興計画の最重点課題である都市基盤集中整備期を迎え、新庁舎及び市民病院外来棟第2期工事が完成し、黒部発展のための多くの事業が力強く推進されました。

南砺市議会 2016-03-07 03月07日-02号

安倍内閣では、長引くデフレからの早期脱却日本経済再生のため、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を三本の矢として、一体的に取り組んでいるところでございます。 また、昨年9月には、未来を見据えた新たな国づくりを進める意欲を示した「ニッポン一億総活躍プラン」を提唱するとともに、アベノミクス第2ステージとして「新三本の矢」の実現に向けて全力を尽くすこととしております。 

富山市議会 2016-03-02 平成28年3月定例会 (第2日目) 本文

今国会では、経済の好循環実現へ、賃金上昇最低賃金の引上げ、生産性向上、イノベーション、働き方・休み方改革が必要との観点から、経済財政政策が議論中であります。  アベノミクスの3年間で、税収就業者数名目GDPが増え、デフレ脱却まであと一歩の状況を迎えていると言われていますが、大企業中小企業の格差があります。

氷見市議会 2015-12-07 平成27年12月定例会−12月07日-02号

政府平成27年度における国の政策、予算の策定に当たり、これまで推進してきた「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」の三本の矢からなる経済政策アベノミクス」により生まれた経済の好循環をさらに強いものとするため、個人消費等をより堅実なものとするとともに、人口減高齢化など中長期的な課題を抱える地方においても、経済の好循環実現させるため、地方経済への好循環拡大に向けた緊急経済対策

魚津市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会(第2号) 本文

まず、最近の社会情勢を見ますと、安倍内閣が従来、デフレ脱却を目指して、金融政策財政政策、成長戦略というアベノミクス三本の矢から一億総活躍社会を目指し、1つは、GDP600兆円という強い経済、2つには、出生率1.8を目指した子育て支援、3つには、介護離職ゼロの社会保障からなる新三本の矢を掲げました。