424件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2020-03-07 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 7日)

○6番(竹原正人君) 平成30年3月に同様の質問をさせていただいたわけなんですけども、このときはわやわやに雪が降った豪雪の年でありました。  オペレーターの確保のためにも、固定費以外に人件費路線パトロール費、それから待機料など目に見えない経費がかさんでいる現実を見れば、市として対策を講じていかないとだめだと思っております。  

小矢部市議会 2019-12-19 12月19日-04号

近年、我が国地震豪雨暴風波浪豪雪などの自然災害頻発激甚化にさらされており、国民の生命と暮らしが脅かされております。 本市においても、激甚化頻発化する豪雨災害やいつ起きても不思議ではない大規模地震自然災害から市民生命と財産を守り、地域社会・経済を迅速に回復できるよう河川改修や道路及び農業生産基盤等社会資本整備を早急に進めていく必要があります。 

小矢部市議会 2019-12-12 12月12日-02号

雪害といたしましては、昭和38年1月の豪雪、昭和56年1月の豪雪では、負傷者や住宅などに被害が発生しております。 また、平成19年3月の能登半島沖で発生いたしました地震では、本市でも震度5弱の地震が観測されたところでございます。 ○議長(福島正力君)  4番 谷口 巧君。 〔4番 谷口 巧君登壇〕 ◆4番(谷口巧君)  大変たくさんの災害が起きているのではないかなと思います。 

氷見市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会−12月09日-02号

加えて、一昨年の豪雪経験を生かし、圧雪起こしや排雪などの二の矢、三の矢といった対応を的確にとっていくようにいたします。歩道除雪についても十分な対応をとってまいりたいというふうに考えております。  市民の皆様の御理解、御協力をいただきながら、効果的、効率的な除雪を心がけてまいります。  次に、水道事業についての御質問のうち、老朽管路の更新についてお答えいたします。  

高岡市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日目) 本文

防災減災国土強靭化対策充実及び延長を求める意見書  近年、我が国は、地震豪雨暴風波浪豪雪など、自然災害頻発化激甚化にさらされており、本年も、台風15号の暴風に起因する関東地方の大規模停電や、台風19号による東日本広域にわたる洪水発生など、未曾有災害が多発している。  

高岡市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会〔 議員提出議案 〕

                                   吉 田 健太郎                                    曽 田 康 司                                    福 井 直 樹                                    狩 野 安 郎      防災減災国土強靭化対策充実及び延長を求める意見書  近年、我が国は、地震豪雨暴風波浪豪雪

上市町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

この高山があるがゆえにもたらされる豪雪や、逆にそのおかげでもたらされる水の豊かさなど、富山県ならではの特異な環境もあります。  今後のふるさと学習において、例えば剱岳の生い立ちや氷河の残存する理由など、さらに深く踏み込んだ幅広いジオパークの学習を組み込んでいただけたらありがたいと思いますが、いかがでしょうか。教育長に答弁を求めます。  次に、釈泉寺地内の円筒分水槽について質問いたします。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

あのときは豪雪でしたでしょうか、それで延期になり、平成30年4月に実施されたところであります。  今現在も第2回を協議しておられまして、令和2年2月ごろに、またふれあいトークのほうをいたしたいという計画を伺っておりますので、しばらくはこの形になっていくのかなというふうに考えております。

魚津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第2号) 本文

最初に、必要なものだということもおっしゃいましたが、市とすれば、自然環境のことも含めて、水不足とかそういう問題も含めて、一定の量は降っていただきたいのではございますが、降り過ぎという、平成29年のような豪雪は望んではおりませんので、通常どおりの年であればいいなというふうに思っております。

魚津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第5号) 本文

また、平成30年度は財政調整基金の取り崩しがなかったものの、その残高は約2億5,900万円であり、突発的な災害豪雪による除雪費等の出費が伴えば市民生活への影響も懸念されることから、基金に頼ることのない持続可能な財政運営になるよう今後も努めていただきたい。  以上が審査の経過であります。  次に、審査結果について報告いたします。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第1号)  提案理由説明

幸いなことに、昨年度は暖冬により大きな降雪はありませんでしたが、一昨年度のような記録的な豪雪がいつ来るとも限らず、大雪を想定した配備が必要となります。  今回取得する除雪ドーザーは現所有の車両が導入年から20年以上経過し老朽化していることから更新するものであり、維持管理費の軽減及び除雪体制の強化につながるものであります。