3118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-07-01 令和2年第17回(7月)臨時会

このほか、感染症影響により売上げが30%以上50%未満減少した小規模事業者事業継続支援するため、町独自に10万円の給付金を支給する事業実施感染症予防を踏まえた新たな形式により、商工会・農協・漁協が連携して行うイベントの実施に係る補助計上、町民の足を支える公共交通事業者感染症対策に対し、一律10万円の支援金交付に必要な事業費をそれぞれ計上いたしております。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

こうした取組の経済的な支援として、国の小規模事業者持続化補助(コロナ特別対応型)や、県の新型コロナウイルス感染防止緊急対策事業費助成金などの制度が設けられていることから、このような情報についても周知を図っていくことが必要であると思われます。現在、国の方針を受け、様々な事業種の135団体以上が感染予防対策などを示すガイドラインを作成しております。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第1号)  提案理由説明

主な歳出でありますが、まず総務費につきまして、一般コミュニティ助成事業交付決定に伴う補助の増額を計上しております。  民生費では、新型コロナウイルス感染症拡大により経済的に影響を受けておられる独り親家庭支援するため、県と共同で「お米券」を送付する事業実施に要する事業費などを計上しております。  

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

一方、町におきましても、昨年度から補助関係の書類の簡略化を行うことで、役員の方の負担軽減を図っております。  今後も町といたしましては、福寿会自主性を尊重しつつ、引き続きその活動の活性化支援することで、高齢者の生きがいや健康づくり推進に努めてまいります。  

入善町議会 2020-05-01 令和2年第15回(5月)臨時会

している町内の中小企業者などの資金繰りを支援する「入善町中小企業融資信用保証料助成金」の拡充、中小企業者経営の安定を図るため、各種支援制度経営改善などについて助言などを行う、専門家派遣に係る費用を助成する「新型コロナウイルス経営支援アドバイザー派遣事業」の実施不要不急外出自粛などにより客足が減少している飲食店によるテイクアウトへの取組支援する「ステイホーム・テイクアウト等推進事業」に対する補助

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

小矢部市は一般財源が4億円不足するとの触れ込みの下、機械的に補助の10%削減をしようとしております。この財政危機は、公共施設統廃合を迫る国の方針に追随して、第6次総合計画にも載っていない二つの統合こども園建設など、箱物を急いだために引き起こしたものであります。これは、市債発行額を借金の元金返済額の範囲内に抑えるという、小矢部市が長年努力してきた財政規律を無視したための財政危機であります。

射水市議会 2020-03-18 03月18日-04号

これは、射水市私立幼稚園就園奨励費補助交付要綱による補助交付に関する事務については、行政手続における特定個人を識別するための番号利用等に関する法律の規定により、個人番号を利用し、情報連携ができる事務として本条例で規定しているところ、当該事務を廃止することに伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

まず、議案第1号、議案第9号について、マイナンバーカード制度に関連する予算計上通知カード個人番号カード関連事務171万円、この財源は100%国の補助を執行するものですが、以下に述べる理由から反対します。  マイナンバーカード交付は4年目に入りますが、今年1月の段階でのカード交付枚数全国で約1,900万枚、人口比で15%、氷見市の取得率も18.78%、2割に達しておりません。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

目的に、発表会や教室などを開催してくれるスポーツ合宿につきましては、今年度から市内施設使用料の2分の1の額、こちらのほうは上限が20万円でございますが、それに加えまして、市内宿舎から練習会場までの移動に係るバスの使用料の2分の1の額、こちらにつきましては1台当たり2万円の上限、それと全体として20万円の上限がございますが、これらを合わせまして、合計で40万円を上限額補助をするスポーツ合宿誘致推進補助

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

補助だけではなく、新しい感覚の支援をと思っています。これからの地域医療を考えるとなくてはならない病院です。そのためにどのような手を打っていきますか、お願いします。 ○議長(原 明君) 石川市民課長。 ○市民課長石川久勝君) 厚生連滑川病院につきましては、市内唯一公的病院であり、市民健康管理地域医療の向上に大きな役割を担っていただいております。  

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

補助交付に係る課題抽出評価実施として、本市の施策として交付する170事業対象に、繰越金比率終期設定などの課題抽出評価するとあります。そこで5番目の質問として、大きく分けてどのような分野に分類され、また補助評価を行う狙いについて伺います。  続いて6番目の質問緊急経済対策に移ります。  

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

このように、国の補助なども活用いたしまして、多くの事業を進捗させることができる予算となったと思っております。  これまで御尽力をいただきました国会議員や県議会、市議会の皆様をはじめ各種団体、そして市民皆様には心から感謝を申し上げるところでございまして、新年度におきまして、しっかりとその取組を進めてまいりたいと思っております。 ○議長荻野信悟君) 以上で各派代表質問を終わります。  

富山市議会 2020-03-08 令和2年3月定例会 (第8日目) 本文

60億円を超える補助が出され、昨年4月に完成した総曲輪三丁目地区市街地開発事業の1階の店舗が先頃決まったそうですが、2、3階の商業エリア開業も遅れているのが現状です。  中央通りD北地区の再開発建設される予定の25階建て高層マンションがまた立山連峰を遮り、富山の大きな空がどんどん塞がれていきます。  

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

議案第1号のうち本委員会所管分議案第2号、議案第6号及び議案第7号に反対の立場から、  一般会計予算については、40億円の財源不足理由に、市民生活に身近な自治会老人クラブ等への補助削減が継続されており、回復措置を強く求める。また、公共施設使用料の引上げも賛同できない。来年度からの地区連絡センターでの住民票等発行業務の停止は住民サービス削減であり、容認することはできない。