8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上市町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第2号) 本文

また、平成29年12月には、地震により多くの建築物被災した場合において、余震等による二次災害を防止するための被災建築応急危険判定実施本部に関する要領を定めております。  応急危険度判定士は、建築士法に規定する建築士で、判定士養成を目的とした講習会を修了した者に対し、都道府県が認定・登録する制度になっております。  

富山市議会 2016-06-02 平成28年6月定例会 (第2日目) 本文

被災建築応急危険判定は、大きな地震災害が発生した場合、被災後短期間で実施する必要があることから、被災した県が全国被災建築応急危険判定協議会に対し応援要請することとなっております。  本市で大きな地震災害が発生した場合におきましても、富山県を通して全国被災建築応急危険判定協議会要請し、判定士を確保することとしております。  

高岡市議会 2016-06-01 平成28年6月定例会(第1日目) 本文

本市といたしましては、本震発災の翌日である4月17日に職員2名を熊本市派遣し、災害備蓄品及びパンと飲料水をそれぞれ5,000人分配送したことをはじめとして、国や全国市長会等と連携し、被災建築応急危険判定士、保健師医療救護班派遣するなどの応援活動を行っているところであります。今後も被災地からの要請に応じ、できる限りの応援を行ってまいります。

富山市議会 2007-06-02 平成19年6月定例会 (第2日目) 本文

また、27日から2日間にわたり被災建築応急危険判定士を派遣したところであります。さらに、物的支援としては、ビニール製給水袋1,700袋、簡易トイレ20基を輪島市などへ送付したところであります。  また、市長みずから七尾市、輪島市、珠洲市及び石川県災害対策本部に対し、それぞれ見舞金を持参したところであります。  

富山市議会 2004-12-03 旧富山市:平成16年12月定例会 (第3日目) 本文

また、本市といたしましては、被災地の一日も早い復興を支援するため、緊急消防援助隊派遣給水車による応援給水被災建築応急危険判定士の派遣避難所運営職員派遣保健師派遣救援物資、特に要請がありました下着の支援ごみ収集支援見舞金・義援金の支援などを行ってきたところであります。  

  • 1