1986件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2021-06-15 06月15日-03号

今後、人口減少が予想される中で、これらの魅力を生かし、持続可能なまちづくりを行うためには、公共施設個別施設計画に基づく公共施設適正配置など、引き続き行財政改革に取り組む必要があると考えております。 また、議員御発言のとおり、こうした取組を進めるに当たりましては、市民の皆さんと情報共有を図り、理解を求めていくことが何より大切であると考えております。

射水市議会 2021-03-19 03月19日-04号

とりわけ、アフターコロナの新しい時代を見据え、IoTやRPA等の新たな情報通信技術を積極的に取り入れながら、ICTの浸透が人々の生活をよりよい方向に変化させる、いわゆるデジタルトランスフォーメーションDX)を推進するなど、「いみず未来かたち創造予算」に掲げる各種事業を実行するとともに、公共施設再編等行財政改革にも取り組みながら、新しい未来の形を市民の皆様と共に創り出していく施策を展開してまいりたいと

小矢部市議会 2021-03-11 03月11日-02号

つまりデジタル化、アナログなものをデジタルにする前に、トランスフォーメーション(改革・変革)が大事、役所の言葉で言いますと行財政改革そういったことが大事ということであります。 その上で、本日は、全てデジタルトランスフォーメーションに関連する質問をいたしますので、よろしくお願いいたします。 それでは、通告に従い、一問一答形式にて質問をさせていただきます。 

小矢部市議会 2021-03-05 03月05日-01号

また、行財政改革推進に向けて、引き続き経費の節減に努め、最少の経費で最大の効果を生み出せるよう職員全員で知恵を絞り、堅実で実効性のある組織となるよう行財政改革に取り組んでまいります。 なお、公共施設再編長寿命化の主な取組といたしましては、市民交流プラザの第3駐車場整備をもって、市民交流プラザ整備事業が完了となります。 

射水市議会 2021-03-05 03月05日-02号

次に、限られた財源の中で新たな事業重点事業予算を配分するためには、当然のことながら行財政改革を通じた財源確保にも並行して取り組む必要があったのではないかと考えます。 令和年度当初予算に反映した行財政改革取組とその効果、特に今回の予算編成では、マイナス10%シーリングを実施され、各種団体への補助金にも影響が及んだと聞いていますが、シーリングによる効果額も含め、当局見解をお尋ねします。 

高岡市議会 2021-03-04 令和3年3月定例会(第4日目) 本文

今後の社会情勢生活様式の大きな変化が予想される中で、行財政改革や働き方改革をはじめとする重要課題に対応して今後の着実な成長を図るためには、行政はもちろん社会全体のDXデジタルトランスフォーメーション)が重要と考えております。  これらを背景に、新年度において、情報化施策推進を専ら担務とする情報政策課を新たに設置することといたしました。

魚津市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第4号) 本文

また、市のほうでは、行財政改革によります公共施設再編、そしてまた有料化、こういったことが大きな課題だったかなというふうに思っております。  ただ、この6年間に、今その中心になるものを申し上げましたけれども、本当に社会というのは急激に変化しているんだなというようなことを、本当に身をもって体験をさせていただいた、そういう思いであります。  

射水市議会 2021-03-01 03月01日-01号

健全行財政運営推進につきましては、第4次射水行財政改革大綱及び集中改革プランの着実な進捗を図りつつ、時代変化に合わせてプランの改訂を行うなど、将来を見据えた経営基盤確立に向け、強力に行財政改革推進してまいります。 とりわけ、今後の人口減少を見据えた公共施設再編は、避けて通ることができない課題であり、今回策定する「公共施設個別施設計画」に基づき、今後、様々な検討に着手してまいります。 

射水市議会 2020-12-11 12月11日-02号

また、こうした一律の予算削減もさることながら、事業そのものの在り方を見直していく行財政改革をこれまで以上に推し進めていくことが、財源確保の上で重要な取組と考えますが、併せて当局見解をお伺いします。 次に、公共施設再編の実行についてお伺いします。 本年3月に、本市公共施設再編に係る基本方針を整理した、射水公共施設再編方針が公表されています。

小矢部市議会 2020-12-10 12月10日-02号

このことから、今後とも将来負担比率正常値範囲内で推移すること、さらには市の行財政改革実施計画取組項目でもあります「公債費の抑制」の中に定めました「市債借入額償還額範囲内となるよう努める」、そういったことを念頭に置きながら借入額を抑制し、市債残高減少に努めてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(藤本雅明君)  10番 白井 中君。 

南砺市議会 2020-12-08 12月08日-01号

財政面におきましては、これまでの行財政改革職員定員適正化計画事業見直しなどの効果が出てきたことから財政状況はおおむね良好であり、不測の事態が生じた場合でも弾力的な財政運営が今のところ可能ですが、今後、人口減少影響などによる地方交付税減額新型コロナウイルス感染症影響による企業収益個人所得減少により市税減収が見込まれることから、引き続き行財政改革公共施設再編を進めなくてはならないと

氷見市議会 2020-12-07 令和 2年12月定例会−12月07日-02号

次は、中長期行財政改革についてであります。  平成30年度から令和年度計画期間とする氷見行政改革プランでは、第8次氷見総合計画後期基本計画基本目標として掲げる「持続可能な自治体経営確立地方分権時代に対応した自立したまち〜」の施策を4つの改革の柱、小施策を12の重点改革項目とし、重点改革項目推進するため具体的な取組内容を定めております。