10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

黒部市議会 2015-06-12 平成27年第2回定例会(第2号 6月12日)

条例制定にかかわらず、空家法に基づき、個人財産を市が撤去する場合は、行政執行手続が必要となります。この手続に関しましては、相当の期間を要することから早期の対応は困難と考えられます。  市といたしましては、一日も早い条例制定を目指し、老朽危険空家対策を進めてまいりたいと考えているところであります。  

立山町議会 2015-06-01 平成27年6月定例会 (第2号) 本文

町長は、昨年6月議会での私の質問のうち、行政執行規定により執行できることとしている町の条例の第18条に関する質問に、住民の権利侵害にならないように、しっかりとした手順を踏んで、この処分が真にやむを得ないものであったと立証できるように手順を定めたものであり、言いかえると、行政側職権濫用に対する戒めの条文であると、あたかも遠山の金さんか大岡越前守かと思わせるような謙虚で美しい答弁をされております

滑川市議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会(第3号 3月10日)

生活環境課長下野宏一君)  特別措置法第14条の特定空家等に対する市町村の措置におきましては、特定空き家所有者に対し周辺の生活環境の保全を図るために必要な措置をとることを勧告しても、特定空き家所有者が必要な措置を履行しないときは、行政執行の定めるところに従い代執行を行うことができるとなっております。  

南砺市議会 2014-09-09 09月09日-03号

なおも従わない場合は、住所氏名等を公表するとともに、行政執行の定めにより代執行を行うことができるものとしております。 条例の目的は、所有者及び市の責任の明確化適正管理を誘導するものであり、安易に代執行の手段をとるための条例ではありません。今後、該当物件所有者と折衝が始まりますが、いずれも勧告の前段階のレベルでありますので、現時点では代執行予定の家屋はございません。 

立山町議会 2014-06-01 平成26年6月定例会 (第2号) 本文

もっとも、この第15条を適用すれば、次に来るのが第18条、行政執行規定に基づく代執行の実施となり、それがためらいの一番大きな原因であろうことは想像にかたくありません。ほかにも、義務者経済状況生活状態、家庭の状況等、いろいろと配慮、考慮されてのことであろうとは推察いたします。

小矢部市議会 2013-09-13 09月13日-03号

全国市長会では、この6月に緊急提言という形で国に対して空き家対策に関するいろんな法的な措置を要望しておりますし、また、国のほうでもこの9月の秋の臨時国会には空き家の例えば立入調査の法的な考え方、あるいは緊急の除去、実際に取り壊すときの行政執行の適用の問題など、さまざまな問題について既に議論がなされておりまして、県もいろんな研究会を立ち上げまして、今現在、もし解体する場合のガイドラインを早ければ年内中

  • 1