370件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会(第2号 6月14日)

それでは次に、4項目め次期衆議院議員選挙についてお伺いいたします。  先月の13日ですけども、市長上田英俊氏に、今年の秋に行われる次期衆議院選挙富山2区からの立候補の検討を求められたところであります。このことについて、今後の滑川市政の運営に対する取組、そして期待、そしていろんな影響があるかと思いますので、上田英俊氏の立候補を依頼された率先躬行考えをお伺いいたします。

黒部市議会 2020-12-11 令和 2年第8回定例会(第2号12月11日)

これに伴い、郷土、生地出身衆議院議員後の黒部名誉市民、故鍛冶良作先生が、発電所建設許可条件であった工事用道路黒部ルート一般開放の着手を関電及び国会で当時の厚生省等に強く訴えられました。以来、約55年、多くの歴代知事国会議員県会議員等の先達の強い思いも、発電の運営上や安全対策上の理由を根拠とした関西電力の厚い壁に跳ね返され続けてきました。これに風穴を開けたのは石井前知事であります。

立山町議会 2020-12-01 令和2年12月定例会 (第2号) 本文

全国的に行政手続押印廃止が進んでいて、デジタル化が推進されている中、行政改革担当大臣河野太郎衆議院議員が就任されてから、ますます加速化しているように思われます。  富山県でも今年度内に約3,000種類の押印廃止を検討しているとのことですが、立山町として今後どのように取り組んでいくのかをお伺いいたします。  

富山市議会 2020-09-06 令和2年9月定例会 (第6日目) 本文

それは公社の民営化であったり、省庁の再編だったり、衆議院議員定数削減であったりしました。しかしながら、昨年の消費税率8%から10%に引上げの際には、事もあろうに、参議院議員定数が増えるという前代未聞の事態となりました。  先日、コロナ禍の中で財政再建を進めるイタリアでは、議会のスリム化を図るために国会議員定数を945人から600人に削減しました。

富山市議会 2020-09-02 令和2年9月定例会 (第2日目) 本文

3年前の衆議院議員選挙における抽出調査されたデータがございます。各年代別推定投票率は10代、20代において35%、年代が上がるにつれ少しずつ投票率が高くなり、60代で72%となっておりました。有権者数投票者数で見ますと、有権者数に占める割合が13%である10代、20代は、投票者数に占める割合は8%であります。

富山市議会 2020-03-08 令和2年3月定例会 (第8日目) 本文

カジノを含むIR(特定複合観光施設区域)をめぐり、内閣府の副大臣を務めていた秋元司容疑者(衆議院議員日本参入をめざしていた中国企業から賄賂を受け取っていた疑いがあるとして逮捕された。また、贈賄容疑で逮捕された中国企業関係者は、国会議員5人に現金を配ったと供述していることも判明した。カジノ解禁が利権や不正の温床となり得ることが明らかとなった。  

射水市議会 2019-12-10 12月10日-02号

また、旧5市町村時代射水郡を活動エリアとした合併前の旧射水青年会議所が、1999年に行った5周年記念事業で、講師としてお招きした元出雲市長岩国哲人衆議院議員当時)が「ちまたで首長の多選が問題視されているが、任期は期を重ねるごとに4年、3年、2年、1年と計10年までとし、首長は10年で身を引くべきだ」と力説されていたのが強く印象に残っています。

南砺市議会 2019-09-10 09月10日-03号

また、先日は、小泉進次郎衆議院議員世界遺産相倉菅沼合掌集落にお越しいただいたことや東海北陸自動車道の全線四車線化実現見通しと、喜ばしいニュースの反面、ことしも全国各地で大きな自然災害も発生しており、九州北部豪雨災害では甚大な被害が発生いたしました。 また、一昨日には、台風15号が東京、千葉、茨城と大きな爪跡を残しました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げるところであります。 

黒部市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

3つ目丸山穂高衆議院議員戦争による北方領土返還言及もあり、今回の交流事業に参加した方々様子はどうであったか。  そして、4つ目、長年にわたる市長北方領土返還要求運動に対する経験から、今後領土問題はどのように解決するのがよいと考えるか。  以上、4点の質問を伺います。  続いて、2つ目の大きな項目、令和2年度黒部予算に対する地区要望についてです。  

魚津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第3号) 本文

344 ◯選挙管理委員会事務局長(宮崎 悟君) 本市投票率の推移につきましては、直近10回の選挙で見ますと、衆議院議員選挙あるいは参議院議員選挙、概ね50%を前後する、そういった動きとなっております。  また、本年7月の参議院議員選挙では、結果として国政選挙では過去最低となります44.66%というような投票率になっております。  

南砺市議会 2019-06-17 06月17日-03号

選挙権が18歳まで引き下げられて、平成28年参議院議員選挙県知事選挙市議会議員選挙、そして29年の衆議院議員選挙、そしてことしの県議会議員選挙と、数々の投票機会があったわけでありますが、市がこれまで実施してこられました主権者教育がそうした若者の投票結果にどう結びついているか、その評価と今後の進め方について、お考えをお尋ねいたします。 ○議長(向川静孝議員) 上口市長政策部長。