782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2019-12-19 令和元年第5回定例会(第4号12月19日)

その中で、先の定例会において報告を行った何点かの課題は残るものの、「第2次総合振興計画に盛り込まれている『あいの風とやま鉄道 黒部駅自由通路』の実現に支障がなければよい」、「請願は、民間主導の行政支援という公民連携の内容となっており、今後、生地駅のみならず、市内の公共交通機関の駅の老朽化対策として、よいきっかけになる」など、概ね肯定的な意見が聞かれました。  

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

ここでいうばか者とは、既成概念にとらわれず自由な発想をする人ということを意味しているのだと思います。  若者、よそ者、ばか者という3つの条件を備えているのが、あまたある自治体の中から氷見市を選んで来てくださった協力隊の皆さんではないでしょうか。地域に新しい風が吹くことで、新しい何かが生まれたり、今まで気づくことのなかった地域のよさを確認するという作業ができるのではと思います。

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

これまでも座談会形式による自由討論と言うが、今回だけではなく、以前からもなかなかキャッチボールができていないように思われます。意見を引き出す方法は何かないものか、お考えをお聞かせください。  2つ目に、女性の参加が多いが、発言が少なく、大変残念に思っております。また、若年層に至っては参加者も少なく、町としてこのような現状をどう捉えているのか、お聞かせください。  

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

また、特にアンケートの中で一番最後の自由記載欄というのがあったかと思います。僕はそこをすごく重視したいと思うんですが、そこに書かれた人は何割ぐらいおったのかとか、どういうことが書かれていたのかということもわかれば教えていただきたいなと思います。

魚津市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第4号) 本文

ここは一気に統一化を図るべきではなく、今は一旦、当局の求める任用制度公民館職員を含め、その後のコミュニティセンター化を各地区と十分な協議と理解のもと行い、それとともに、使途自由なまちづくり交付金の拡充も含めての話し合いの結果においてコミュニティセンター化を進めたい地区から順に、この任用制度から公民館職員を外していくべきことと思います。  

黒部市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

1、JR、新幹線、黒部宇奈月温泉駅から富山駅まで12分、自由席、大人1人、1,440円。  2、あいの風とやま鉄道黒部駅から富山駅まで約25分、大人1人660円。  3、私鉄電鉄黒部駅から富山駅まで約60分、大人1人900円。  さて、あいの風鉄道になってから、駅前バスターミナルタクシー駐車場、一般自動車駐車場もきれいに整備され、利用しやすい駅になっております。

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

今は自由国民性で核家族化が進み、親子世帯が当たり前となり、若い世代自由気ままな生活ができています。しかし、住宅ローンや生活費、子育て、塾などで家計がとても圧迫されている現状です。  昔、私たちのときも、私は次男だということで、自分で家を建て、家計が大変なときがありました。そのとき、子どもを何人も欲しいと思っていましたが、現実は難しい状況だったと今でも思っています。  

魚津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第2号) 本文

誰でも自由に集まり、自由に過ごせる居場所は、ひとり暮らしで家に閉じこもりがちな人がさまざまな人と交流できる場です。居場所の交流を通じて、それぞれ生きがいや楽しみを見つけ、元気に生きる活力になります。  また、居場所での活動で、地域の知り合いや趣味の仲間を増やし、周囲とのつながりを確認することで、地域生活に安心感が生まれます。  

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

今回の問題が今後の四島交流をはじめ自由訪問や北方墓参などの事業並びに日ロ関係に影響を及ぼすことのないよう、政府としても必要な対策をとるとともに、なによりも一刻も早い北方領土問題平和的解決に向けて、外交交渉強力に推し進めることを強く求める。  以上、提案理由をご説明申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。            

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

19年度と29年度で、例えば自由に使える町税とか地方交付税、上げていました。地方消費税も上がっていますので、それを合わせますと大体10億円、19年度より上がっています。支出のほうはどうかといいますと、やはり民生費は8億6,000万円上がっています。ですから、差し引きすると1億4,000万円ぐらいしかないんですけれども、一方で町長になった当初から心配されていた、いわゆる人件費ですよね。

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

できていないところも多々あると思うんですが、このコミュニティーパートナーシップの将来的な像をどういうふうに描いておられるのか、1つには地域力の向上のためにもう少し力を合わせて、町から自由に使える交付金制度を導入するとか、そういうふうなことも書いてある書類もあるものですから、コミュニティーパートナーシップの将来構図をどう考えておられるのかお聞かせください。

氷見市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-03号

どう考えようが、それは自由でございます。一生懸命、特に健康課の方々も対策に取り組んでおられます。  しかしながら、氷見市のがんによる死亡率は全国的に見ても高い水準にありまして、糖尿病の数値も残念ながら芳しくない。その予備軍に当たるメタボリックシンドローム該当者の数値に至っては、全国ワーストともいうべき極めて悪い水準にある。これは事実として捉えたほうがよろしいのではないでしょうか。