1988件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2020-05-01 令和2年5月臨時会 (第1日目) 本文

簡素な仕組みで、迅速かつ的確に家計への支援を行うため、できるだけ早く、一人も漏れなく支給することが求められていますが、早いところでは、他の自治体では──特に小さい村などですけれども──既に申請書類を発送したり、10万円が給付されたりしております。  

富山市議会 2020-03-08 令和2年3月定例会 (第8日目) 本文

その中で、「条例を制定していない自治体の制定しない理由は」との問いに、「政治倫理のための立法はこの条例以外にはない」「条例不要論は理屈ではなく、政治家がおのれのフリーハンドを縛られたくないだけのことだ」。また、「資産公開について本当に汚職防止効果があるのだろうか」との質問は、「効果はある。その証拠に、政治倫理条例をつくりたがらないのは、議員が資産公開を嫌うからだ」などの厳しい御指摘があります。  

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

消費税増税から市民生活を守り住民生活の維持向上を図ることは、自治体の重大な使命です。  以上の観点から、まず一般会計予算について反対理由を述べたいと思います。  高岡市の身の丈を超えた財政運営の結果生まれた40億円の財源不足を理由にして、市民生活に身近な自治会や老人クラブ等への補助金の削減が継続されておりますが、市民の根強い批判があることを当局は真摯に直視すべきであります。

高岡市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会(第6日目) 本文

私はかねてより、移住、定住やUIJターンの推進については、人口の多い都市部からの移転をターゲットとしたものであればよいのですが、もしも人口の少ない地方同士、とりわけ近隣自治体間の過度な住民の取り合いのような事態になれば、地方をいたずらに疲弊させてしまうだけとなりかねないのではないかと懸念しておりました。

富山市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会 (第6日目) 本文

さらに、一部の自治体において、そこまでやっている自治体があることは分かっていますが、高校生より下の子どもを持っていない市民の皆さんから見ると、そこまでやることが本当に妥当なのかということについては、お一人お一人御意見が違うのではないかというふうに思います。  そういう意味では、初等・中等教育という義務教育の対象の子どもたちと高校生に対する対応というのは違って当然だというふうに思います。  

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

幼児教育保育の無償化は、令和2年度から通年での本格実施となるわけでございますが、制度開始から間もないため、各自治体での対応や個々の事業者の取扱いが異なるケースも散見されますことから、国においては、令和2年度におきまして、認可外保育施設も含めた幼児教育保育の無償化の対象とならない多様な集団活動等への支援の在り方に関する調査事業を予定しているというふうに伺っておりまして、今後、このような調査の結果などを

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

一方で、今申し上げました他の自治体、宝塚市をはじめとした幾つかの自治体において実施された試験では、その多くの受験者に対応するための試験会場の確保等の課題もあったというふうに聞いております。このことから、試験方法などの検討に当たっては慎重に進めてきたところであります。実は国の指針が示される前から、富山市もずっと検討をしてきたというところであります。  

富山市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会 (第4日目) 本文

なお、国においてはがん検診の受診率向上に向けて、このナッジ理論を使ったハンドブックを作成し受診率向上を推進しており、他の自治体においては健診対象者を、例えば頑張り屋、心配性、面倒くさがり屋などといったタイプ別に分類して、個々の特性に応じた受診勧奨を実施している自治体もあることから、こうした他都市の取組の実績などを見ながら、効果のある手法について検討してまいりたいと考えております。  

高岡市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会(第3日目) 本文

その他、多くの自治体に共通する人口減をはじめ、財政健全化や公共施設再編、教育の在り方等問題は山積しておりますが、本市は財政健全化緊急プログラムが3年目を迎えるなど、他自治体に先駆け、クリアすべき目標を明確にされ、負担の公平性の見直しなど、これまで行政が持ち出しにくかったテーマにもあえて踏み込みながら、将来を見据えて着実に歩みを進められているところでございます。  

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

一方で、地方自治体の将来に目を向けますと、人口減少に伴い、これまでのように行政が全てのサービスを担うことは難しくなってきておりますことから、本市においても、民間と連携したPPP/PFIによる施設整備や各事業の民営化、民間委託等を進めてまいりましたが、これからの地方自治体には、こうした官民連携を進める上でのプラットフォームの役割も必要になってきていると感じているところであります。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第4号) 本文

他の自治体の小中学校に比べ、子どもの学力が落ちるのではないかといった懸念の声があると、私にも寄せられています。  文部科学省初等中等局が3月17日、春季休業期間中に健康観察学習状況の確認、補習等の実施のために登校日を設定することについては、各学校の設置者において判断することを妨げるものではないという文書を公開しました。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第2号) 本文

リスクを特定し、そのリスクに対応する防災の観点とは違うこの国土強靱化地域計画策定について、ソフト面・ハード面等、今後策定に向け検証されていくと思いますが、例えば今回のような国からの緊急な要請を各自治体に委ねられ、自治体の対応が一律でないことを通し、町外在住の職員の方もおられる中、行政機能を保持するため、職員テレワーク体制を整える必要性があるのではないかと考えます。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

特に大きな災害を何度も経験したことのある自治体職員はほとんどいないために、本来ならば受給資格がある被災者に対して制度の案内が適切に行われなかったり、支援漏れが発生してしまったりという事態が発生してしまいます。  そこで、被災状況を一元的に管理するこの被災者台帳システムが整備されていればと思います。県内自治体では射水市にしかなく、準備中も舟橋村、入善町、朝日町の3町村と聞きます。

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日目) 本文

まず、「高度情報化の推進」につきましては、住民記録、税、福祉等の基幹系業務システム自治体クラウドへ移行することにより、事務の標準化と経費の節減を図ります。また、RPAを導入し、業務の自動化、効率化に取り組みます。さらに、次世代情報通信技術がもたらす社会の変革等に対応していくため、新たに有識者をアドバイザーとして配置します。  

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 索引

(2) 道路損傷通報システム導入やAIを活用した橋梁の劣化推定技術の実証実験等が     他自治体で進む中、本市も官民連携及び先端技術活用によるインフラの維持管理を     提案するが、所見は。    (3) 新幹線ネットワークの整備は、国土強靱化はもとより、地方創生の観点からも重     要となるが、北陸新幹線整備促進に向けた本市の基本的考えは。    

富山市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第1日目) 本文

観光客の誘致については、県や県内自治体、とやま観光推進機構などと連携し、大都市圏における観光PRを行うほか、観光交流協定都市北陸新幹線沿線都市などとの連携を深め、広域観光を推進してまいります。  また、今後、普及が期待される「顔認証」を利用した決済システムを市内の一部の飲食店や観光施設などに導入し、観光客の利便性や消費への影響などを検証する社会実験を実施してまいります。