13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富山市議会 2016-03-02 平成28年3月定例会 (第2日目) 本文

次に、最近の先進医療についての御所見とあわせ、当病院緩和医療ケアについては定評がありますが、さらなる支援充実についての考え方などをお伺いいたします。  次に、教育行政についてお伺いいたします。  地方教育行政の組織及び運営に関する法律等の改正を受け、本市では昨年5月に第1回の総合教育会議が開催され、平成27年度中に大綱を策定するとのことでありました。  

富山市議会 2015-06-03 平成27年6月定例会 (第3日目) 本文

さらには、ことし4月より緩和ケア内科において医師を1名増員し、さらに質の高い緩和医療提供していくこととしており、また外科におきましては、がん診療体制を大きく変更し、これまで以上に高難度がん手術を行っていくこととしております。  これらのことにより、早期に国の地域がん診療連携拠点病院指定要件を満たすことが可能であると考えております。  

黒部市議会 2008-03-07 平成20年第1回定例会(第2号 3月 7日)

ニ、がん緩和医療外来設置について。  3つ目看護師確保安定戦略について。イ、諸手当の値上げについて。ロ、夜勤・休日勤務の軽減策について。ハ、看護助手強化策について。ニ、職場復帰体制について。ホ、子育て支援策について。  4つ目病院禁煙対策について。  5つ目救急医療について。イ、患者月平均受け入れ数と傷病の割合について。ロ、救急関連スタッフ確保について。

黒部市議会 2008-03-03 平成20年第1回定例会(第1号 3月 3日)

について          ・かかりつけ医との紹介・逆紹介の実態について          ・医療機器共同使用について          ・医療従事者研修体制強化について        (2)外来及び外来棟拡充計画について          ・助産師外来現状拡充策について          ・乳腺外来設置について          ・夜間小児外来設置について          ・がん緩和医療外来

富山市議会 2008-03-02 平成20年3月定例会 (第2日目) 本文

当院では、がん医療における治療実績診療体制施設・設備などが評価され、昨年1月に、地域がん診療連携拠点病院指定されており、緩和医療を含むがん診療体制充実に努めております。  これまでの当院の緩和医療に対する取り組みといたしましては、医師看護師等からなる緩和ケアチーム設置ホスピスケア分野認定看護師養成緩和ケア専門医の招聘と、緩和ケア外来の開設などを行っております。  

魚津市議会 2007-09-01 平成19年9月定例会(第2号) 本文

また、がん治療在宅医療緩和医療充実を図っていく必要があります。どのように取り組んでいかれるのかお聞きします。  次に、カシノナガキクイムシの被害拡大についてお聞きします。  先日、カシナガ被害拡大の報道がありました。私も8月ころから気づき驚いておりました。早速、県議会では9月補正を計上されたと聞いておりますが、本市現状対策についてお聞きします。  次に、農業振興についてお聞きします。  

高岡市議会 2007-03-04 平成19年3月定例会(第4日目) 本文

高岡医療圏緩和医療病棟設置することは、急を要する課題だと思います。  そこで1点目に、高岡医療圏緩和ケア病棟病床設置されていないが、このことをどう認識し、いつどのような形で設置しようとしているのかお尋ねいたします。  次に、このことに関連して、在宅医療についてお尋ねいたします。  

富山市議会 2007-03-02 平成19年3月定例会 (第2日目) 本文

また、この拠点病院指定に当たっては、診療機能として、各医療機関専門とする分野における種々の治療の組み合わせや、複数の診療科間における相互診療支援を初め、緩和医療提供地域医療機関への診療支援連携などの整備が強く求められるほか、専門的ながん医療に携わる医師の配置や研修体制整備など多くのことが求められております。  

富山市議会 2006-09-02 平成18年9月定例会 (第2日目) 本文

平成16年には医師看護師、薬剤師などからなる緩和医療委員会設置し、平成17年には緩和ケア基本方針や痛みの治療ガイドラインを策定しております。また、本年には日本看護協会ホスピスケア認定看護師を配置し、緩和医療チームによる院内ラウンドなどを行い、終末期医療に当たっています。  

富山市議会 2005-09-02 平成17年9月定例会 (第2日目) 本文

このほか、院内緩和医療チームによる末期がん患者に対する緩和ケアの実施や緩和ケア認定看護師養成にも取り組んでおります。さらに、胃、大腸、肺、乳がんなどの手術治療成績をホームページで公表する一方、地域がん診療拠点病院要件1つであるがん登録にも積極的に取り組んでおります。  

  • 1