2573件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

現在、令和年度から始まる第7次総合計画策定に向けて作業を進めているところであります。今回の新型コロナウイルス感染症の流行など、緊急事態の対応にとどまらず、教育福祉、さらには地域コミュニティー強化など、これからのまちづくりにおいて、高度情報技術基盤を的確に、かつ効果的に活用することで、私たちを取り巻く時代の潮流の変化に確実に対応してまいりたいと考えております。  

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

この財政危機は、公共施設統廃合を迫る国の方針に追随して、第6次総合計画にも載っていない二つの統合こども園の建設など、箱物を急いだために引き起こしたものであります。これは、市債発行額を借金の元金返済額の範囲内に抑えるという、小矢部市が長年努力してきた財政規律を無視したための財政危機であります。自分の懐具合を考えずに爆買いをしたのと同じことであります。

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

同時に今、第5次滑川市総合計画策定されるということで、この総合計画との整合性も取りながら、国土強靱化地域計画策定作業になるだろうと思います。  1点だけ確認なんですけども、この計画期間ですね。通常5年とか10年とかなんですけども、それは決まっているんでしょうか。 ○議長(原 明君) 澤口総務課長

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

林市長には、平成29年4月の就任以来、「住みたい街」「働きたい街」「育てたい街」の3つの基本理念から成る「氷見元気プロジェクト」を掲げ、「第8次総合計画後期基本計画」や「まちひと・しごと創生総合戦略」にもその施策を反映し、実効性を高めながら市政のかじ取りをされてきましたが、早いもので、間もなく3年の月日がたとうとしております。  

小矢部市議会 2020-03-09 03月09日-02号

提案理由の説明の中でも述べさせていただきましたが、令和年度は、元年度からスタートいたしました第7次小矢部総合計画の2年目の年度であるとともに、本市が持続的に発展するために進めてまいりました近年の大型事業完了に至り、その成果がいよいよ花を咲かせる年度になるものと考えております。 特に、市民交流プラザにつきましては、本年11月の開館を目指し、着実に整備を進めてまいります。

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 本文

定例会に提出された新年度当初予算案は、第3次総合計画に掲げる「市民創造都市 高岡」及び新たな総合戦略「みらい・たかおか」の実現に向け、「未来に繋ぐ高岡新機軸事業など新規拡充事業を盛り込みながら、万葉のまちづくり推進教育保育環境の充実など6つの方策に重点的に取り組むこととされています。  

射水市議会 2020-03-06 03月06日-03号

今3月定例会に提案されている新年度予算の位置づけとして、令和年度は第2次射水総合計画後期実施計画、第2期まちひと・しごと創生総合戦略都市計画マスタープラン公共交通網形成計画など、本市における今後のまちづくり人づくりに関する多くの計画がスタートする重要な年度になるとされ、各施策推進することで、市民の皆さんとともに課題を共有し、アイデアを出し合いながら、将来にわたって夢と希望に満ちあふれた

高岡市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会(第6日目) 本文

現在の総合計画では市民創造都市ということを目指しておりますけれども、この言葉はそれぞれ表裏一体をなすものでございまして、文化を創る人、文化を創るまち、そこに暮らす人、そしてそれがまた文化を創っていくという、そういう表裏一体のこととして市民創造文化創造ということを考えてございます。  

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

まず初めに、第2次射水総合計画後期実施計画(案)と新年度予算について、小項目3点の質問をいたします。 まず、総合計画後期実施計画財政見通しから考えられる射水市の将来像について伺います。 今回提示された後期実施計画(案)において、この計画性格性は毎年度予算編成及び事業実施の指針となるものであると述べられております。

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

本市では、SDGs推進していくため、総合計画に掲げた施策SDGsの17の目標との関連を整理したところでございます。  その結果、本市として注力しております質の高い教育産業基盤づくりや持続可能なまちづくりをはじめ、いずれの施策も17の目標関連しておりまして、総合計画に掲げる施策を着実に推進していくことがSDGs推進につながるものと考えているところでございます。  

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

本市総合計画では「めざすまちの姿」を掲げておりますが、その一つに「高岡の魅力を積極的に発信し、たくさんの人が訪れるようになっている」を掲げてあります。この姿の実現のためには、観光の観点から、一つに、多くの人に訪れてもらい本市特有の歴史・文化に触れ、知ってもらうこと。次に、高岡に興味を持つ人、交流人口を増やすこと。

氷見市議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会-03月04日-01号

さらに、介護・福祉人材確保対策関係人口拡大に向けた取組の推進高岡市との消防広域化推進消防出張所整備指定避難所耐震化などの総合的な防災力強化広域観光・インバウンドを視野に入れた滞在型観光推進名城大学農学部との連携による新産業創出朝日山公園氷見運動公園野球場改修工事など、合わせて106事業を「氷見元気プロジェクト事業として、71億4,633万円を重点配分しており、第8次氷見総合計画

高岡市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会(第3日目) 本文

このように考えまして、来年度から策定作業に入る高岡総合計画第4次基本計画については、4月以降直ちに本格的な議論に着手できるよう、財政フレーム策定作業に既に着手しているところでございますし、このほかにも、来年度各種計画の更新を予定しておりまして、各行政分野における将来展望を見通しながら、今後の本市未来を見定める重要な時期になるものと捉えております。  

小矢部市議会 2020-03-03 03月03日-01号

さて、令和年度は、元年度からスタートいたしました第7次小矢部総合計画の2年目の年度であるとともに、本市が持続的に発展するために進めてまいりました近年の大型事業完了に至り、その成果がいよいよ花を咲かせる年度になるものと考えております。 特に、市民交流プラザにつきましては、本年11月の開館を目指し着実に整備を進めてまいります。 

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

一方、歳出では、公債費は減少するものの、扶助費などの増加が見込まれるとともに、第2次総合計画をはじめとした各種計画に位置づけた事業の着実な進捗や、少子・高齢化の進行など本市が直面する課題へ対応しなければならないこと、また、小・中学校の耐震化富山周辺整備事業、道路、橋梁などの社会資本公共施設老朽化対策を進めなければならないこと、さらには、今月21日に路面電車南北接続完了し、これまで進めてきた