59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

射水市議会 2021-06-14 06月14日-02号

事業者に対しては、緊急的な対応として、高岡市、富山市の水道局から応援をいただき、迅速な連携により給水をフルに活用して飲料水の確保に努めていただいたことは、よい判断と対応であったと思っています。 さて、今後このような漏水事故が起こらないようにすることや、老朽管更新時期の前倒しなども含め検討し、射水水道事業ビジョンを見直す必要があると考えますが、当局の見解を伺います。 

射水市議会 2021-06-07 06月07日-01号

去る5月20日に鏡宮地内において、上水道の幹線配水管路漏水が発生したことから、一部の地域において一時的に緊急断水を行い、富山市及び高岡市からの応援を含む計7台の給水を配備しながら、応急修繕を実施したところであります。これに伴い、管内の流速や流れの方向が急激に変化したことから、周辺の地域において、赤さび等を含む濁り水が発生しました。

立山町議会 2020-12-01 令和2年12月定例会 (第3号) 名簿

     事     日     程  開会日時  令和2年12月21日(月) 午後1時30分  開会場所  立山町議会議場  第 1  議案第106号から議案第112号までについて       (委員長報告質疑、討論、採決)  第 2  議案第114号 令和2年度立山一般会計補正予算について       議案第115号 電子黒板システム外取得について       議案第116号 加圧式給水

立山町議会 2020-12-01 令和2年12月定例会  議案等の件名

│議案第115号│電子黒板システム外取得について        │令和2年12月    │ │       │                        │21日 原案可    │ │       │                        │決         │ ├───────┼────────────────────────┼──────────┤ │議案第116号│加圧式給水

氷見市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会−12月10日-02号

今年のような猛暑日があれば、1週間に1回でも2回でも給水を出してサポートなどはできないでしょうか。それこそ命の水です。こういうときこそ、行政が温かい手を差し伸べてほしいと思います。  今日の臨時国会閉会までにさまざまな重要法案が、まともな資料も出さず説明もできない中、採決ありき、与党の数の力で強行されました。その1つ、水道法改正案は命の水を外資企業に売り渡す大変危険な法律だと私は思っています。

高岡市議会 2017-09-06 平成29年9月定例会(第6日目) 本文

また災害時には、日本水道協会との応援協定に基づき給水を要請し、各配水池に貯留した水を避難所へ供給することとしているとの答弁がありました。  次に、水道施設における基幹管路耐震化目標設定はとの質疑に対し、基幹管路耐震化については、高岡上下水道ビジョンの中で10年後の耐震化率目標値を46.3%と定めて整備を予定しているとの答弁がありました。  

富山市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会 (第2日目) 本文

応急給水につきましては、給水を出動いたしまして、医療機関を優先しながら、必要な箇所に給水所を設置することとしております。  また、予防策といたしまして、地域防災計画に定める給水拠点への水道管耐震化も進めているところでございます。  応急復旧につきましては、幹線管路から順に工事着手することとして、必要な資材の備蓄を計画的に進めております。  

小矢部市議会 2014-09-17 09月17日-03号

各市から給水を出して応援するというようなことになっております。 ○議長石田義弘君)  2番 山室秀隆君。 〔2番 山室秀隆君登壇〕 ◆2番(山室秀隆君)  次は、現在、配水量に対する有効に使用されている水量と料金メーター検出量の比率、いわゆる有収率はどの程度でしょうか、お尋ねします。 ○議長石田義弘君)  産業建設部長 川原幸雄君。

魚津市議会 2013-03-01 平成25年3月定例会(第2号) 本文

また、本年2月に災害相互応援協定を締結いたしました愛知県知立市から給水応援参加も実施できるように調整を図っているところでございます。  訓練当日は、防災に関する体験コーナー防災用品の展示なども予定しておるところであります。  橋梁長寿命化修繕についてであります。  魚津市の管理する橋長5m以上の市道橋111橋について、平成24年度に橋梁長寿命化修繕計画を策定いたしました。

魚津市議会 2012-03-01 平成24年3月定例会(第2号) 本文

支援にはいろいろな形があり、当市でも、震災直後から消防隊員給水、保健師派遣など素早い対応であったと思っておりますし、食料、水、お金などの物資も初動支援として重要な支援でありますが、早期に復興させるための支援も大変重要なことと思いますが、市長は震災瓦れきの受け入れについてどのように考えておられるのかお伺いをいたします。  質問の4問目は、就学援助についてであります。  

氷見市議会 2011-09-13 平成23年 9月定例会-09月13日-03号

水道事業に従事する職員は、宮城県涌谷町と富谷町に給水とともに派遣いたしまして、それぞれ5日間、被災者への給水活動を行っております。  一般行政職員につきましては、宮城県気仙沼市へ、住民票の交付など窓口業務を担うために半月間ずつ交代で1カ月間、また漁港などの水産施設復旧に必要な設計業務には、半月間ずつ交代で2カ月間派遣をいたしております。