10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

魚津市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第3号) 本文

具体的には、1番目の条件として、市町村市町村内の中小企業年率3%以上の労働生産性向上を見込む新規の設備投資をするときは、新規取得設備固定資産税を3年間ゼロにするということを盛り込む導入促進基本計画をつくり、その計画への経済産業大臣同意を得ること。  2番目の条件として、その市町村にある中小企業が年平均3%以上の労働生産性の向上を見込む先端設備等導入計画をつくり、市町村の認定を受けること。  

黒部市議会 2015-06-12 平成27年第2回定例会(第2号 6月12日)

宮沢経済産業大臣再生可能エネルギー固定価格買い取り制度について、太陽光に偏り過ぎており、制度にひずみが出ている。全般的な見直しをしなければならないと述べております。気象条件によって発電量が不安定になる太陽光が増え過ぎたため、九州電力東北電力などが受け入れを中断する事態になっているのであります。

黒部市議会 2012-12-18 平成24年第7回定例会(第4号12月18日)

その概要を申しますと、まず、自然環境関係では11月7日、宮野用水発電所経済産業大臣から固定価格買取制度設備の認定通知を受け、売電単価が約26円となり、新単価での収入見込みは、約1億3,100万円となること。  11月22日、黒部市内荒俣海岸高波災害を想定した下新川海岸高波演習が行われ災害時の連携を確認したこと。  

魚津市議会 2011-09-01 平成23年9月定例会(第2号) 本文

総裁は、就任早々被災地を訪問なされ、現地で「福島再生なくして日本の再生なし」と強調されましたが、同席された鉢呂前経済産業大臣の軽率な放射能発言で、就任わずか9日となる閣僚の辞任、身内からの相次ぐ不用意な発言に対し総理には任命責任を厳しく追及されることが必至で、政権運営に打撃となる船出となりました。

黒部市議会 2008-12-11 平成20年第4回定例会(第3号12月11日)

今月2日、二階経済産業大臣は、信用保証協会代表等に「さらに万全の体制を敷いてほしい。借り手の立場に立った対応を徹底してほしい」と激励しております。そこで、中小零細企業経済危機突破対策について、市長に次の5点を質問いたします。明解なご答弁を求めます。  1つ目、平成21年度予算編成に具体的な影響があるか。2つ目、黒部商工会議所経済動向調査について。3つ目、「緊急保証制度」の周知徹底について。

黒部市議会 2007-09-12 平成19年第4回定例会(第3号 9月12日)

富山県では、今年度4月16日に、第1回富山県地域産業活性化協議会が開催されて、県内市町村長及び関連団体の長らが協議の上で基本計画が策定され、7月30日に厚生労働大臣農林水産大臣経済産業大臣同意を得ることができました。そして、認定第1号となり、富山県を含む佐賀県など12地域が認定されたところであります。  

入善町議会 2006-12-01 平成18年第7回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

容易な郊外開発を規制し、都市機能の市街地集約を一体的に推進することにより、コンパクトでにぎわいあふれるまちづくりを目指していくもので、改正のポイントは、今までは主務大臣経済産業大臣でよかった認定を、内閣総理大臣基本計画を認定するという1点。  それから2番目としましては、中心市街地活性化議会組織する、しなくてはならないということであります。  

立山町議会 2003-12-01 平成15年12月定例会 (第2号) 本文

TMO構想を具体的に進めていくため、細部の計画としてTMO計画が策定され、経済産業大臣が認定しますと、補助金など国から財政面での支援が得られることとなっているわけであります。  基本計画では、行政が進める市街地の整備計画と地元商業者等が進める商業活性化策の構想を定めます。県内では、富山市や上市町など8市8町で活性化基本計画が策定されており、TMO構想は5市8町で作成されております。

黒部市議会 2002-09-06 平成14年第5回定例会(第1号 9月 6日)

続いて要望行動に入り、経済産業大臣ほか副大臣、政務官、事務次官資源エネルギー庁長官ほか幹部に対して、15年度予算の確保と制度改善を要望したのであります。  続いて、地元選出国会議員への要望行動として、本市議長ほか富山市砺波市議長とともに、富山県出身の衆・参両院の9人の国会議員に対し要望し閉会したのであります。  

  • 1