38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高岡市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第5日目) 本文

256 ◯21番(樋詰和子君) 実際に、税金を納めている市内の中小企業、そしてまた従業員皆様競争社会の中でいや応なしにコスト意識というものは要求されて働いているわけです。そこで、スピード感とか職務に精通しているということも大事ですので、ぜひ人事評価制度の中で今後コスト意識をしっかりと植えつけていただくようによろしくお願いいたします。  

小矢部市議会 2016-03-10 03月10日-02号

家庭問題に苦しんでいらっしゃる方、そして、激しい競争社会の中で悩みを大きくつくられて、そして犯罪という状態になってから全国に表面化するようになってきますけれども、私は、お寺や地域方々とお話ししまして、小矢部市のすばらしい景色や空間や、また人、そして文化遺産など、そういったものが、全国ですごく悩んでいらっしゃる方々に、思い切って小矢部市に住んだら人生の再建ができるというような、そうしたヒントがあるのではないかなと

高岡市議会 2014-03-06 平成26年3月定例会(第6日目) 本文

結果として高度の競争社会が訪れると言っております。  熊本大学の渡部薫教授は、地方都市における創造都市戦略可能性の中で、この高度な競争社会である知識社会では、知識文化などの非物質的価値が重要な働きをするため、それを生み出す創造性をいかに引き出し、高め、活用するかが問われており、創造都市はその取り組み方法都市発展、自立のために提供するものだということに意義がある。

富山市議会 2013-03-02 平成25年3月定例会 (第2日目) 本文

私は、日本の将来を担っていく子どもたちに、基礎的・基本的な学力と高い規範意識をしっかり身につけさせ、国際的な競争社会の中でも生き抜く力を育むことが、今、教育現場に求められている最重要課題であると思います。そのための方策の一つが土曜授業の導入であり、その議論をスタートさせていくべきであると考え、公約に盛り込んだものです。  

富山市議会 2011-03-03 平成23年3月定例会 (第3日目) 本文

しかしながら、中学校生徒数がだんだん少なくなりますと、私が心配しているのは、たくさんの子どもたちが通う大規模学校がいいのか、一人一人の子どもたちに目の届く小規模学校がいいのか、あるいは大きな学校の中で競争社会に勝ち残れるたくましい子どもたちを育てるのがいいのか、あるいは多くの部活動の中から選べて、自分の個性を伸ばせるような学校がいいのかという思いを持っております。  

氷見市議会 2010-12-13 平成22年12月定例会−12月13日-02号

学校を卒業しても就職ができるかわからない、就職しても2人に1人は非正規雇用、年収200万円以下の若者は結婚もできず、結婚しても子育てに悩み、働きながらも倒産やリストラにおびえ、競争社会の中でストレスを抱え、そして老後の生活についても介護や経済的な不安を覚えて、本当に心から死期を迎えることができない状況にあるのではないかと思います。  

黒部市議会 2010-09-08 平成22年第4回定例会(第3号 9月 8日)

6人で競争する社会と20人で競争する社会と100人で競争する社会と、これは、高校、大学、もちろん社会に出れば競争社会ですので、適正規模というのは子供の発育に必要でないかという観点で今回、質問をさせていただきました。  他方、行政の効率化でいきますと1校と2校と同じような分野の場合は、1校にした方がよいというのは当然だと思っております。

高岡市議会 2009-12-04 平成21年12月定例会(第4日目) 本文

次に、厳しい競争社会の中で生きている民間企業では、顧客サービスが何よりも最重な課題一つです。市においても、効率的な業務の推進や活性化、次代を担っていく人材を強く求められおります。市の職員一人ひとり窓口応対仕事への的確な対応、スピード感ある仕事を行うことを期待されております。

黒部市議会 2009-03-10 平成21年第1回定例会(第3号 3月10日)

やはり情報化社会になるということは、一つ競争社会になるのかなと。自治体も一緒で、これからはやはり競争社会どこへ住むのか、どこへ働きに行くのか、そういうのも含めてかなりの情報が求められますので、その辺は市長、リーダーシップをとっていただき、しっかりとした情報公開市民にわかりやすい方向をお願いします。  

黒部市議会 2008-06-12 平成20年第2回定例会(第2号 6月12日)

はじめに、日本経済グローバル戦略が進化する中、国際的な競争社会にさらされ、危機意識背景に人口の減少・少子化がますます加速され、これらを克服するには、現在の日本型資本主義では時代の潮流に乗れない状況にあるとの見方が表面化しております。これにより、瀕死寸前自治体がふえつつあります。

南砺市議会 2007-09-10 09月10日-02号

質問の前段で格差社会とか競争社会とかいうようなお話がございました。私も人間社会では競争が必要だと思っておる一人でございます。競争をするということは大切なことで、それが進歩につながる一面もあると思いますけれども、競争には前提になるルールがある。そのルールを守らなければならない。ルールを守るだけでなしに、ただ脱法的な守り方をするというのは、私は反対である。

魚津市議会 2007-03-01 平成19年3月定例会(第2号) 本文

機会の均等もなし崩しになっては、公正な競争社会とは呼べない。  東京大学の教授が言ったからどうだということではないんですが、こういうことなんです。だから、今回提案された新年度予算では、格差是正の措置をどうやってやられたのかということをお聞きしたい。  そしてまた、教育委員会のところで、今直接この問題が出てきておりますから、魚津市の就学援助を申請する子どもたちも非常に増えています。

魚津市議会 2006-12-01 平成18年12月定例会(第3号) 本文

人間を「勝ち組」「負け組」にふるい分ける競争社会と、弱者いじめ政治いじめ容認の風潮を生み出していることにも、真剣に目を向けるべきであります。その点では、このいじめの現象、いじめ問題を基本的人権にかかわる問題としてとらえて問題解決にあたろうとしているのかどうか、まず答えてください。  

高岡市議会 2006-06-01 平成18年6月定例会〔 請願文書表 〕

│    │ “格差社会是正”が叫ばれても、今日の厳しい“競争社会にあっては、個別企業 │ │    │の努力だけで労働者の低賃金を改善することは容易ではありません。法律で定められる │ │    │最低賃金制度によって企業間の競争条件を公平に保ちながら、社会的貧困を克服してい │ │    │くことが緊急の社会政策となっています。                     

射水市議会 2006-03-08 03月08日-02号

ここに至った要因は、小さな政府へとのかけ声のもと、規制緩和をしながら民間にできることは民間にということで、公の事業を民営化して競争社会を構築したことによるものであり、ある程度予測されたことでもあります。民営化には民間活力導入によって地域活性化されるというプラスの面もありますが、それが極端な形であらわれると強いものはますます強く、弱いものはますます弱くという構図をつくってしまうようです。

  • 1
  • 2