581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小矢部市議会 2018-12-14 12月14日-03号

どうして、地方への税源移譲が進まないのでしょうか。官僚、行政の仕事を減らしたくないための補助事業はまだまだたくさんあるように思います。先ほど申し上げましたが、政府に対して地方の声をしっかりと届けることが、大変重要であるというふうに思っております。 

上市町議会 2016-09-01 平成28年9月定例会(第2号) 本文

80 ◯教育委員会事務局長廣田泰三君) 子どもの貧困対策に係る上市教育委員会の取り組みとしましては、平成17年度、国からの税源移譲を受け、それまで国が関与していた制度が町へ移管されたことから、上市町では、経済的な理由により就学困難な児童及び生徒を対象に、学校給食費に関しましては実費額、修学旅行や宿泊学習などの費用並びに新入学に係る制服やカバンなどの学用品や雨具などの通学用品及

滑川市議会 2016-06-24 平成28年 6月定例会(第4号 6月24日)

5 地域間の財源偏在性是正のため、地方偏在性の小さい所得税消費税対象に国税から地方税への税源移譲を行うなど、抜本的な解決策協議を進めること。また、同時に、各種税制廃止減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分検証した上で、代替財源確保をはじめ、財政運営支障が生じることのないよう対応を図ること。

魚津市議会 2016-06-01 平成28年6月定例会(第4号) 本文

5 地域間の財源偏在性是正のため、地方偏在性の小さい所得税消費税対象に国  税から地方税への税源移譲を行うなど、抜本的な解決策協議を進めること。   同時に、各種税制廃止減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分  検証した上で、代替財源確保をはじめ、財政運営支障が生じることがないよう対  応をはかること。

黒部市議会 2014-12-10 平成26年第8回定例会(第2号12月10日)

今回の地方創生は、これまでの税源移譲、交付税見直し補助金見直しから始まった地方分権への流れとの危機感の違いは、先ほど申しました東京一極集中、都市・地方間の若者の人口の動きが日本人口減少を加速するという背景を持っているということが明らかになったということであります。  まず1点目としまして、地方創生元年協働まちづくりについて、数点について質問します。  

南砺市議会 2014-06-13 06月13日-03号

まず、平成25年度当初予算歳入、特に市税については、税源移譲個人市民税所得割増額となるものの、市内企業にはまだ明るいきざしが見えない状況から、法人税割固定資産税の減が前期増額分を上回り、対前年比0.5%の減を見込んでおりました。 企業誘致実績については、市内企業設備投資に対する支援は2件ございました。しかしながら、新規企業の立地はありませんでした。また、企業訪問は72回ほど行いました。

氷見市議会 2013-03-12 平成25年 3月定例会-03月12日-03号

国から地方への税源移譲、補助金廃止削減地方交付税見直しを一体として改革する、いわゆる三位一体改革により交付税だけが減額されるなど、急激に財政事情が厳しくなり、行財政改革を進めるため、行財政健全化緊急プログラム集中改革プランなどを推進することに切れ目のない改革を行ってきました。  

富山市議会 2012-12-02 平成24年12月定例会 (第2日目) 本文

また、平成23年度税制改正による法人実効税率引下げ等があることから、法人市民税では減収となる見込みでありますが、市たばこ税では、県からの税源移譲があるため増収が見込まれます。  こうしたことから、現時点では、市税全体で、今年度当初予算額682億9,000万余円に対し、6億余円増の689億余円程度を見込んでおります。  

高岡市議会 2012-12-02 平成24年12月定例会(第2日目) 本文

歳入の根幹である市税収入は、平成23年度決算では4年ぶりの増収となったものの、国からの税源移譲が図られました平成19年度と比較いたしますといまだに低い水準にございます。平成25年度においても、長引く円高世界経済の減速などによりまして市税減収が見込まれておりますので、財源確保は極めて厳しい状況にございます。  

滑川市議会 2012-03-09 平成24年 3月定例会(第3号 3月 9日)

次に、「3割自治」と呼ばれて久しいわけですけれども、平成19年の国から地方への税源移譲によって若干バランスは変わったというものの、平成24年度一般会計歳入に占める市税の割合は約35%にしかすぎません。  仮にうまく滑川市だけ人口を維持し続けたとしましても、富山県の人口減少し、日本全体の人口減少していけば、今までどおりの地方交付税が入ってくる保証はどこにもありません。  

富山市議会 2012-03-03 平成24年3月定例会 (第3日目) 本文

こうしたことから、今後とも国に対しては、税源移譲までのスケジュールを明らかにされるよう、全国市長会等を通じて働きかけてまいりたいと考えております。  次に、臨時財政対策債について市の考えを問うとのお尋ねにお答えします。  平成24年度当初予算案において、臨時財政対策債は、地方財政計画平成23年度の実績等を勘案し、対前年度予算比0.4%増の76億5,000万円を見込んでおります。