222件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

令和元年度の災害時要援護者台帳登録は2,640人であり、全人口の約1割に当たります。この台帳地域住民らによる迅速な救援体制の構築を目的とし、災害時の避難の呼びかけや誘導などに反映させることはもちろんのこと、民生委員等においては、ケアネット事業などの日常的福祉活動にも役立てていただくものとしております。

小矢部市議会 2020-03-09 03月09日-02号

「おやべの縁結び」も非常に頑張っているのではないかなと思いますが、登録について、今後の取り組みは何かないですか。少しでも多くの登録者を、入会をしていただくのが私はいいことだと思いますが、そのことについてお尋ねします。 ○副議長山室秀隆君)  企画政策部長 澁谷純一君。 ◎企画政策部長澁谷純一君)  現在、サポート登録ですが、令和元年3月末時点の数字でありますが、128人おりました。

射水市議会 2020-03-05 03月05日-02号

なお、今回の研修を含め、これまで本市が実施しておりました研修を修了された方を対象に、同センター市民後見人バンクへの登録の面談を行ったところ、昨年12月現在、呉西圏域全体で49名の方の登録を行うことができ、そのうち本市の登録は13名でありました。現在のところ、同センター法人後見受任実績はありませんが、今後、家庭裁判所からの受任要請があれば、随時対応していくことになるものと考えております。 

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

25 ◯教育長(小川 晋君) まず、学童保育子どもたち教室使用ということでありますけども、感染拡大防止のために厚労省要請に従いまして学童保育をしたところ、100人程度の利用者ということで、登録の40%の利用ということで、大きな混乱が今のところなかったというところで、自主学習学童保育の今後の様子を見ながら柔軟に対応していきたいなと思っております

小矢部市議会 2019-12-12 12月12日-02号

また、先ほど申し上げました要避難者登録していただくことを、行政としては強制をすることはもちろんできませんが、現状の登録より、より多くの方に登録していただき、地域の中でお互いに助け合う共助の醸成にどのように対応していこうと考えておられるかについても、お聞かせをいただきたいと思います。 そのほか、このような取り組みも考えているよということがあれば、お聞かせをいただきたいと思います。

高岡市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日目) 本文

第7期計画最終年度に当たります来年度には、同様の講座を2回開催することを予定しておりまして、計画期間中の目標である地域での支援ボランティア登録150名の達成を見込んでいるところでございます。  続きまして、この項4点目でございます。在宅医療、介護の提供体制強化の具体的な取り組み内容と成果についてでございます。  

高岡市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日目) 本文

今後、災害時には、目前に迫った避難情報を多くの人にいち早く伝えるため、登録の多い公式アカウントにも防災情報を発信してまいります。  次に、大きな項目の3つ目職員知見、経験の活用についての1点目、実務レベル職員は、現場を見て知見を深める必要があると考えるがとのお尋ねであります。  本市では、人口減少など社会構造の変化が進展する中、少数精鋭の効率的な行政運営を目指していく必要があります。

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

町は、住民携帯電話メール災害情報を伝えるシステムを導入したのですから、メールを受信できる登録を大幅に増やすよう取り組むべきと考えますが、あわせて答えてください。  次に、住民要望大型事業についてであります。  住民の皆さんからは、生活道路の補修、維持や、狭い道路拡幅改良などの要望が多く寄せられます。

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

また、引き続き、防災士養成避難所運営資機材の確保に努めていただくとともに、万一の避難情報住民に伝達するための緊急情報メール登録が増えるよう広報を行っていただきたい。  職員数については、これまでも個々のスキルアップ外部委託を進めながら不足補充を図っているものの、技術職保育士等専門職については、引き続き業務量とのバランスを考えて適正な定員管理に努めていただきたい。

黒部市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3号 9月10日)

この事業は、高齢者が行方不明になり、黒部警察署捜索願が提出された場合に、協力事業所メール行方不明者の特徴などの情報を配信し、早期発見につなげる事業ですが、協力事業所の数は、そして高齢者登録は、実際に行方不明になって早期発見につながった方がいらっしゃったのでしょうか。  2点目、認知症サポーター養成講座についてです。

氷見市議会 2019-09-09 令和 元年 9月定例会−09月09日-02号

◆11番(小清水勝則君) 今までやってきた戦略の中でよかった部分、悪かった部分と今話を聞かせていただきましたが、子育ての分野とか、観光の単価が上がったとか、いい話の部分を伸ばすべきなのか、それとも仕事Uターン、またぶり奨学金登録について対策を打っていくべきなのか。  次の来年度から始まる総合戦略については、どのような重点を置いて策定に向けてやっておられますかね。

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

近年多くの外国人が見受けられますが、現在、本町での外国人登録は、何人お住まいでしょうか。また、自治会等への加入状況をお聞きしたいと思います。  来日外国人をめぐっては、留学や技能実習生の失踪が相次いでいることにより社会問題となっております。本町での問題点や課題があればお伺いいたします。  次の質問に入ります。(3)生活習慣病医療についてお聞きします。  

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

一方、ちょっと目標達成が厳しいかなと思われるものについては、特に仕事が理由で市外へ転出される方の数、あるいはUターンIターンJターンによる転入者の数、そして、ぶり奨学プログラムを新たな施策として始めましたが、当初の目標よりも登録は今、少なくなっております。それから、地域づくり協議会設置数、こういったことが今のところ未達成となっているものがあります。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

まず、実験終了時における登録につきましては、実験前と比較し約200人増加となっております。また、利用者数につきましては、1日当たり48.1人と前年の同時期と比較して6.7人増加しており、年間の利用者数を見ましても、平成30年度は1万4,092人と平成29年度から1,979人の増加となっております。