1216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3号 3月10日)

つまり、新たな病気が見つかった、あるいは、外傷を負った患者さん、さらには一刻を争う救急患者さんに対し、適切な治療を迅速に提供できる新川医療圏中心的医療機関であります。  新川医療圏の各医療機関が、高度急性期急性期回復期慢性期の4つの機能を分担し互いに連携することで、将来にわたり持続可能で効率的な医療を提供していくことが可能となります。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

介護の要因には病気老年症候群などが挙げられておりますが、これまで行われてきた介護予防取組や今後の介護予防の効果的な取組も重要ではないかと考えます。  そこで、他市町村でも課題であり、現状取組をされていると先日の新聞にも出されておりましたので、当市のお考え澤市民部長にお伺いいたします。 ○議長荻野信悟君) 澤市民部長

黒部市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 9日)

保健室けが治療病気対応だけの場所として捉えず、子どもたちの心のケアを含めた支援をする大切な場所考えて、学校は養護教諭とともに対応に当たっているところであります。                 〔8番 成川正幸君挙手〕 ○副議長高野早苗君) 成川正幸君。                 

富山市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会 (第6日目) 本文

病気にならないように、風邪を引かないように、そして、それが社会全体に負担にならないように、そういう意識を持って暮らしてもらうということは高校生には十分期待できる事柄だろうというふうに思います。  部活動けがをしたりするのは、みんな保険に入っていますから、それはそれでちゃんと対応できると。

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

人は誰でも年を取るとだんだんと体の力が弱くなり、外出する機会が少なくなって、病気にならないまでも、手助けや介護が必要となってきます。  このように、心と体の動きが弱くなってきた状態フレイルと呼びますが、多くの人はこのフレイルを経て要介護状態に進むと考えられています。  一方、サルコペニアは、加齢や疾患によって筋肉量が減少する状態のことを指します。

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

受診抑制によって、病気早期発見早期治療が妨げられ重症化し、かえって医療費の増大を招くことは、日本医師会などが度々指摘をしています。  受診抑制による手後れ死亡の事例は数多く明らかになっています。窓口負担増は、国民に必要な医療を保障する国民保険に反し、命を奪うことにつながります。  以上の見地から、後期高齢者医療制度の改悪に反対されるよう求めたいと思います。見解をお聞きします。  

富山市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会 (第4日目) 本文

生活習慣病自覚症状がないことが多く、いつの間にか病気が進行してしまうおそれがあるので、進行を食い止めるためにも特定健診や特定保健指導を受ける必要があります。  このことからも、特定健診や特定保健指導に対する正しい認識を深めてもらい受診してもらえるよう、効果的な受診勧奨や普及・啓発、受診者の立場に立った利便性への配慮などの対策が求められています。  

富山市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第1日目) 本文

また、元気と病気のバランスを取りながら、自分らしく生き生きと生活できるよう、総曲輪レガートスクエアを拠点として、健康に関心がある方を対象とした運動や食事、趣味に関するプログラムを実施してまいります。  成人保健については、がん早期発見早期治療に向け、子育て世代働き盛り世代に重点を置いた、がん検診受診率向上に努めてまいります。  

魚津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

病気でも人は亡くなりますけれど、経済でも人が亡くなってしまうというところがありますので、おさまった後、あるいは、ある程度経済活動を再開しようといったときに速やかに対策を打てるように、ぜひ今からでもそういった対策、あるいはおさまった後にすぐ対策補正予算が組めるように考えていただきたいんですけれど、市長はどのようにお考えでしょうか。

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

として売れる米をつくるよう求められ、政府の推進案もあり、生産者生産から販売までをパッケージと考えなければいけない現状で、従来の主食用米の大部分であるコシヒカリ生産していた県内、町内農家は、消費者からおいしいと言ってもらえる米を求め、3,000品種から未熟粒の発生を減少する遺伝子を特定し、うまみ、粘りがコシヒカリを超える新品種として、高温への耐性を備えつつ、食味はコシヒカリと遜色がなく、かつ暑さや病気

小矢部市議会 2019-12-13 12月13日-03号

民生部長居島啓二君)  サルコペニアとは、筋肉減少症とも言われ、加齢病気などに伴い筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下した状態を示します。サルコペニアになると、転倒・骨折、寝たきりなどの危険性が高まる、着がえや入浴など日常生活の動作が行いづらくなる、肺炎など感染症を起こしやすくなるなどと言われております。 フレイルとは、健康と要介護の間の状態をいいます。