182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会 (第1日目) 本文

特別支援教育については、スクールサポーター配置し、きめ細かに児童生徒支援してまいります。  いじめ、不登校対策においては、引き続きスクールソーシャルワーカー及びスクールカウンセラー配置を行うとともに、関係機関連携を図りながら児童生徒保護者支援に努めてまいります。  

小矢部市議会 2020-12-04 12月04日-01号

第10款教育費2,653万5,000円の増額は、情報教育環境整備事業費英語教育推進事業費小学校管理運営費通学対策費小学校教育振興推進費小学校学校司書事業費小中学校の「子どもと親の相談員事業費多人数学級支援講師事業費特別支援教育支援員事業費中学校管理運営費中学校学校司書事業費及び体育施設改修事業費増額事務局運営費中学校教育振興推進費社会に学ぶ14歳の挑戦事業費、桜町遺跡対策事業費

入善町議会 2020-12-01 令和2年第20回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

特別支援教育観点からも、視覚支援等の効果が大きく期待できます。  今後、指導者用デジタル教科書を導入したよりよい授業を実践するためには、各学校において、どの場面で、どのような資料を、どのように使うかなどの授業研究を行い、児童生徒の主体的・対話的で深い学びにつながるような研修が重要であり、このような研修を深めることで、教師と児童生徒が共に楽しく分かる授業になるものと考えております。  

小矢部市議会 2020-06-19 06月19日-03号

本市におきましては、準要保護者を判定する際には特別支援教育就学奨励費認定方法を準用しておりまして、世帯収入額が、今ほど議員申されたように、需要額の1.5倍未満世帯をこれまで認定してまいりましたけれども、他の自治体の状況を踏まえまして、今年度からは県内における最高水準となります1.2倍未満に引き下げることとしておるところでございます。 

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

同じくGIGAスクール構想において、今回の国の補正予算による整備優先対象特別支援教育も含まれることになっております。これは、例えば、病院に長期入院中の子ども向け遠隔授業や、不登校児在宅学習にも利用が期待できるというふうに考えておりますけれども、どうでしょうか。 ○議長(原 明君) 広田学務課長

滑川市議会 2020-03-07 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 7日)

児童が抱える困難な課題状況に対して保護者が大変困っているとき、担任だけでなく、特別支援教育コーディネーター管理職も加わって面談を行い、適切な対応について相談しているところであります。  また、就学相談については、市民健康センター福祉介護課教育委員会連携し、市民健康センター、市役所各窓口などにおいて相談会を随時実施しております。  

富山市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会 (第3日目) 本文

まず、特別支援教育について伺います。  平成19年4月に施行した改正学校教育法により、障害のある幼児・児童生徒への教育の基本的な考え方が、障害の程度などに応じて特別な場で教育を行う特殊教育から、一人一人が必要としている教育に応じた適切な教育的支援を行う特別支援教育へと転換されました。  

富山市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 目次

西田企画管理部長 …………………………………………………………197   〃  立花教育委員会事務局長 …………………………………………………199   〃  中田建設部長 ………………………………………………………………201   〃  前田活力都市創造部長 ……………………………………………………202   問  松井邦人議員 (一括質問)………………………………………………205    1.特別支援教育

小矢部市議会 2019-06-21 06月21日-03号

現在当市では、小学校英語専科教員が2名、スタディ・メイト特別支援教育支援員)が21名、多人数支援講師が2人を配置し、児童生徒支援に当たっています。このことは県下でも進んでいるほうと伺っております。 4月の報道で、富山市において、教員不足によって始業式において担任を発表できない学校があったということでした。 

小矢部市議会 2019-03-12 03月12日-03号

まず最初には、支援員等配置による学校サポートについてでありますけれども、本市小中学校におきましては、教員に加えまして、特別支援教育支援員、いわゆるスタディ・メイト、それから多人数学校支援講師子どもと親の相談員スクールカウンセラースクールソーシャルワーカー学校司書部活動指導員スポーツエキスパートスクールサポートスタッフ、また、学校助手など多くのサポートスタッフ配置し、子供たち

小矢部市議会 2018-09-13 09月13日-02号

また、障害者差別解消法が施行され、インクルーシブ教育、わかりやすく言いますと、共生社会の実現に向けて、障がいの有無にかかわらず、誰もが望めば合理的な配慮のもと、地域の普通学級で学ぶというものではありますが、それに対しての考え方特別支援教育現状早期支援アドバイザーとして、小矢部市もやっておられると聞いていますが、保育所等からの小学校への引き継ぎなど、現状をお聞かせください。