121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-03-01 令和2年第13回(3月)定例会(第3号)  一般質問

9年前震災が発生し、それから2カ月がたった2011年5月2日に、当時商工会青年部長でありました私は、青年部員8名で登米市に南三陸町から逃れてきた避難者がおられるということで、炊き出しに行かせていただきました。そのとき避難した方から、ぜひ海沿いの地域も見ていってほしいと言われまして、帰りに私たちは石巻に立ち寄ることにさせていただきました。

射水市議会 2019-12-11 12月11日-03号

これは、電気都市ガスLPガスといったエネルギーの中でも、LPガス災害時の復旧が一番早いということ、また、炊き出し仮設住宅といった場合にも活躍するということ、これらのこともあるように、長期にわたる停電等を想定した場合、今ほど答弁がありました避難所の中の市の公共施設LPガスの配備がどの程度なされているか。

黒部市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

あわせて、例年9月に実施している黒部市総合防災訓練においては、この避難所運営マニュアルに基づいて振興会役員地域住民の参加を促し、災害時に避難所運営を行う避難所運営協議会開設運営訓練炊き出し訓練実施し、万一の災害時に備えて住民による避難所運営体験していただいております。  

滑川市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2号12月 9日)

訓練の内容につきましては、地区によって若干異なりますが、各町内会――自主防災会であったりで決められた一時避難場所に集合されて、その後指定避難場避難され、安否確認の後、炊き出し訓練防災講話等実施されておられます。  そのほか、去る5月27日に市職員による避難所開設訓練実施したところでございまして、今後もいざというときに備えて、万全の体制を整えていきたいというふうに考えております。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

体験コーナーでは消防防災ヘリなどが展示され、地震豪雨、煙の中での避難体験初期消火体験炊き出し訓練と非常食試食コーナーなどが設けられておりました。  また、直接会場へは来られない家族方々ができる防災訓練があり、訓練開始とともにその場でシェイクアウトをし、地震がおさまったら家族や周辺の安全確認をし、近所の住民と一時避難場所への避難訓練が行われたところであります。  

滑川市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第3号 9月10日)

そのほか、各公民館には、発電機ほか十分な資材が準備されていることもわかっていますが、ここでもう一度見直しと点検、そして補充などの意識づけになればよいと思い、滑川市の予定設備として、このほか災害時の通信手段炊き出しに使うガス設備、もちろん非常用物資、当然、消防署には飲料水や食料などに対して十分備えてあると思いますが、現在の達成率をお聞かせください。 ○議長(原 明君)  澤口総務課長

滑川市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第2号 9月 9日)

厨房設備につきましては、炊き出し等のため調理設備を考えております。それぞれの規模につきましては、設計の中で詰めてまいりたいと考えております。 ○議長(原 明君)  浦田竹昭君。 ○12番(浦田竹昭君)  一番頻度が多いのは仮設トイレだというふうに思っております。このマンホールトイレ、当然これは外になるんだろうと思いますけども、それでよろしいんでしょうか。

南砺市議会 2019-09-09 09月09日-02号

また、災害対応ガスバルク整備することで、大規模災害時には炊き出し用燃料として利用するほか、ポータブル発電機を接続することで、電気も供給可能となり、ライフライン復旧までの被災者支援が可能となるものと考えております。 ○議長向川静孝議員) 畠中議員。 ◆5番(畠中伸一議員) 私は、この福光庁舎の限りあるスペースを、創意と工夫によって市民の方々交流スペースとして提供できるものと考えています。 

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

非常時活動としては、防災炊き出し等の訓練実施防災講習会しらおい防災マスター会などを行っています。  そこで、非常時に役立つために、米などの備蓄を立山給食センターにしたらどうか伺います。  また、大災害時には学校は休校になりますが、給食センターは稼働させ、食事を配給することを考えてもいいのではないか、見解を伺います。  (2)項目目は、水道料金見直しについて伺います。  

氷見市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-02号

学校給食センターにつきまして、本年10月に建設工事着工に向けて準備が進められておりますが、基本方針として、多様な献立やより温かい給食衛生管理での強化食物アレルギー対応食食育への対応災害時の炊き出し、地場産物利用拡大など、子どもたちのより安全・安心な給食を提供できる整備が求められていると思います。  そこで、給食地元地域の食材を利用していくのかお聞きいたします。  

滑川市議会 2019-06-18 令和元年 6月定例会(第3号 6月18日)

規模災害避難場所とするなら、絶対出てくるのは、私は炊き出しだとかといったことが発生すると思います。  例えば、炊き出しをするのであれば、IHを使う電気よりも、こっちは都市ガスではありませんからガス、それから稼働率を考えるなら、民間飲食店のテナントを入れるのも、数店入れるということも発想としてあってしかりだというふうに思います。  

氷見市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-01号

新たに整備する学校給食センターは、衛生管理面での強化に加え、食物アレルギー対応調理室の新設、見学ルート研修室調理実習室整備による食育への対応災害時にも対応できる炊き出し機能整備など、子どもたちに、より安全で安心な給食を提供できる施設として、令和2年末の竣工に向けて整備を進めてまいります。  次に、高岡市との消防広域化について申し上げます。  

富山市議会 2018-09-06 平成30年9月定例会 (第6日目) 本文

さらに、災害時に学校地域住民避難所が開設された場合、富山市地域防災計画には「炊き出し実施については、市職員をもって充てる」として、職員一人一人が名前で登録されていますが、民間企業災害時の行動は具体化されていません。  子どもたちの体と心を育む教育である学校給食は、民間委託の対象とせず、市直営を維持し、さらなる拡充を目指すべきです。  

氷見市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会−03月12日-02号

この基本方針に基づき、昨年度は食物アレルギー対応室調理場見学できるホール食育のための調理実習室災害時に炊き出しができる設備など機能面について検討いたしました。今年度は、建設場所調理食数などの規模などについて検討しました。  この中で、建設場所については北部中学校敷地を適地としております。

黒部市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第3号 3月 9日)

また、月1回消防車に同乗して地域を回ったり、防災訓練のときは炊き出しの応援、また日ごろからひとり暮らしのお年寄りの家庭訪問等と地道にすばらしい活動をしておられます。  こうした防火活動は、各地域で行われておりますが、現在は組織の会員の高齢化が大きな課題になっております。全国的に消防団員数は、1954年の約200万人をピークに1990年には100万人を割り、昨年は約85万人にまで落ち込んでおります。

上市町議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第2号) 本文

次に、自主防災会が行う防災訓練といたしましては、避難消火応急手当浸水対策用土のうづくり炊き出し実施を中心とした訓練が多く、消防職員町職員等を講師とする研修実施する自主防災会もございます。  なお、各自主防災会会長で組織する上市町自主防災会連絡協議会におきましては、防災リーダーとして防災知識の向上を図るため、研修を毎年行っております。

滑川市議会 2017-09-12 平成29年 9月定例会(第3号 9月12日)

西加積地区でも、自治会連合会としては、10月には炊き出し訓練、あるいはまた、その状況把握のため、町内会長さんはじめ連合会長を先頭に協議しておられます。  きのうの尾崎議員の質問にもありましたが、私なりに緊急時を想定して質問いたしたいと思います。  まず1番として、避難所となる学校の断水時のトイレの水の確保はどのようになっているかです。