15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

射水市議会 2021-06-07 06月07日-01号

これに伴い、管内の流速や流れの方向が急激に変化したことから、周辺の地域において、赤さび等を含む濁りが発生しました。影響を受けられました地域皆様に対しましては、改めておわび申し上げます。 市では、濁りが確認された地区を対象に、濁り解消のための放水相当分上下水道料金の減額並びに濁りを原因とする損害への補償を行ってまいります。 

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

漁業者は、濁水、つまり濁りによる魚類等への直接的・間接的影響調査を求めていますが、国交省はこれに応じようとはしていません。このことにも漁業者が強く不信感を抱いています。大量の泥を含む土砂を流している国交省は、調査の努力をすべきと思いますが、いかがでしょうか。  国交省関西電力は、ダム湖内の土砂変質抑制策として細砂通過放流を実施しています。ことしも8月29日に行われました。

富山市議会 2018-03-04 平成30年3月定例会 (第4日目) 本文

このように、これまでもそうなのですが、今後につきましても、まずは住民方々利便性を最優先して工事を行ったということ、それから、あわせまして、濁りのないように細心の注意を払いながら実施するということも非常に大事なことであって、今後につきましては、住民方々利便性を最優先することと、安全・安心を目指しながら実施するということで、できる限りというよりも、むしろそちらのほうを優先してまいりたいというふうに

小矢部市議会 2014-09-17 09月17日-03号

24年7月23日には大阪府堺市で水道管破裂事故で堺市、和泉市で約3万3,000戸で断水濁りなどが影響の出たことは皆さんも記憶に新しいと思います。ということで上水道、下水道、そして道路、橋脚等のインフラの老朽化も非常に心配しているところであります。 そこで、視察した秦野市では、更新そして再配置に関する方針を4つ決めておられました。 1つは、原則として新規の公共施設箱物は建設しない。

入善町議会 2009-06-01 平成21年第21回(6月)定例会(第2号)  一般質問・質疑・委員会付託

ダム排砂が行われるたびに黒部川から流れる濁り沿岸400メートルから500メートルの幅で、少なくとも朝日町の境まで続いております。富山湾の生態系に及ぼす影響が懸念されるところであります。  昨年11月、富山地裁漁業者の訴えに漁業への影響を認めなかったものの、ワカメへの影響を認めました。これは、藻場への影響をも認めたことと同意語と考えられませんか。  

入善町議会 2008-06-01 平成20年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・質疑・委員会付託

工事中を含め濁りは大丈夫なのか。ダムで貯めておくことによる富栄養化心配はないかなどについて、ダム設置者富山県はどのように検討しているのかお聞かせください。  私の2つ目心配は、舟見簡易水道水源への影響はないかということであります。  ダム建設地上流域は、県が定めた「水源の森」に指定している地域でないかと思います。このダム建設によって地下水脈が分断されるということはないのか心配です。

入善町議会 2006-09-01 平成18年第6回(9月)定例会(第3号)  一般質問・質疑・委員会付託

御存じのように、濁りと澄んだ水とでは比重が違います。したがって、比重の重い濁りダム湖湖底部分にとどまり、比重の軽い澄んだ水は上を流れるからであります。排砂・通砂の決定にかかわる土砂管理協議会の委員である町長は、こうしたことをどのように考えておいでになるか、お答えください。  

黒部市議会 2006-06-09 平成18年第3回定例会(第2号 6月 9日)

そのときに、旧宇奈月住民皆さん水道濁りになりました。その時に、国へ行って、何とかせよと、また関西電力にも行きました。何をすればよいかわからなかったんですね。わからんけど、黒部湖が全部あの濁りなのですから。現地へも議会は行きました。暮れに関西電力の方に行ってですね。  じゃあ、発電所を運転せよと。運転して、水をきれいにしてやね、入れかえするということを言うとったじゃないか、電力会社では。

立山町議会 2006-06-01 平成18年6月定例会 (第2号) 本文

防災行政無線広報車を使いまして、住民皆様にお知らせに努め、水道事業所職員はもとより、立山町管工事協同組合皆さんが徹夜で復旧に当たっておられますが、一部の地区にまだ濁りが出ている状況であります。そこで給水車を出して対応しているところでありますが、まだ行き届かない点もあろうかと思います。  

南砺市議会 2004-12-14 12月14日-03号

10月20日の台風23号で小矢部川水系山間部に相当大規模な土砂崩れがあり、そのため少なくとも年内はこの濁りが続くと思われます。小矢部川には刀利ダム、臼中ダムのほか幾つかのため池があり、かなりの洪水調節はしていますが、200年に1回の割合で起こる大きな雨に耐えられる計画になっています。今年の雨は全国的にも異常気象で、その範囲を超えているのです。 福井県、新潟県では大きな洪水被害がありました。

黒部市議会 2004-09-10 平成16年第4回定例会(第2号 9月10日)

また、上流域年間降雨量は約3,000ミリから4,000ミリと多く、その際、山腹崩壊が発生し、おのずと土砂が流出し、濁りとなって下流域へ流出したものであります。  2点目の「出し平ダム宇奈月ダム市民生活、農業、漁業に与える影響」につきましては、平均的な連携排砂において約75時間の作業の間で、愛本合口用水断水は約60時間です。

魚津市議会 2003-09-01 平成15年9月定例会(第2号) 本文

49 ◯23番(中田 尚君) 魚津の沿岸に直接的な排砂なり、あるいはダムでたまった濁りが海流の関係で流入してくるというんだったら、それはすぐこれまで問題にしております。しかし、黒瀬川から小川を越えて約20キロの範囲、300メーターから400メーターの帯、水深は50から100以内ですよ。こういうところで、ホタルイカを例にしました。

黒部市議会 1999-09-14 平成11年第4回定例会(第3号 9月14日)

ただし濁りは出てくるということになりますが、これもそういうふうにするにしても、哲学である出洪水黒部川、いつでもきれいなわけじゃないですから、せいぜい出洪水のときというところに限定せざるを得ないだろうというふうに思っておりまして、フリーハンドでそのことを了解したということではないわけであります。

  • 1