111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-09-05 令和元年9月定例会(第5日目) 本文

また、滋賀野洲市では、市長が6月の市議会で市営住宅保証人制度の廃止を明言しました。公営住宅を、住宅施策から社会保障をベースにした福祉施策に転換するとしています。  公営住宅は、住宅に困窮する人たちへの提供が目的のはずです。住まいは、人権の立場で滞納といった問題に福祉的支援が求められると思います。  第3は、教育行政についてです。  

氷見市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-03号

先月、滋賀大津市で起きた交通事故川崎市で起きた殺傷事件など、児童が犠牲となる痛ましい事件事故が相次いでおりますが、公立保育所における防犯安全対策につきましては、まず園ごとに不審者対応マニュアル危機管理訓練年間計画を整備し、毎年見直しを図るとともに、職員全員でその共有を図っています。  

黒部市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号 6月17日)

去る5月、滋賀で衝突した車が散歩中の交差点で信号待ちの保育園児の列に突っ込み2人死亡、2人重傷という痛ましい事故が起こりました。園児たちは、毎朝同じくらいの時間に保育士らと同じ道を通って散歩しており、この散歩中の事故とのことであります。この事故の後、散歩の是非さえも議論されるところとなりました。本末転倒ではないでしょうか。

黒部市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2号 6月14日)

3つ目に、まだ記憶に新しい事案であります、滋賀で発生した園児の列に車が突っ込むという事故がございました。あの交差点では、現在そういう事故が起こっております。今現在、交差点を見ますと、車両進入禁止用のぶつかったらまた戻るというようなパイプが設置してありますけども、ぜひもっと強固なパイプをしっかりと設置して、横断歩道で待機している児童を車から守るような施策を講じていただきたい。  4つ目になります。

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

(3)滋賀の悲惨な事故を想定し、横断歩道待機場所に現在の鉄柱より、強固な物      の設置・本数を増やすことが出来ないか伺う。   (4)市道側に交差点があることを示す、カラー舗装を行う事が出来ないか伺う。   (5)市道両側に定植してある樹木を伐採するか、丈を短くし標識が見えるようにし、      尚且つ止れの標識を低くすることが出来ないか伺う。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

既に報道等で御存じのとおり、去る5月8日、滋賀大津市保育所の散歩中に信号待ちをしていた園児の列に軽自動車が突っ込み、園児2人が死亡、13人がけがを負うという大変痛ましい事故が発生いたしました。  亡くなられた園児の御冥福をお祈りするとともにけがを負った子どもたちと職員の皆様の一日も早い回復を願っております。

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第1号) 本文

5月8日に滋賀大津市で散歩中の保育園児が巻き込まれる交通死亡事故が発生し、また5月28日には、スクールバスを待っていた児童らが次々と襲われ、保護者2人を含む19人が刺されるという大変痛ましい事件が連続して発生しました。  立山町でも学校の統合により、児童がスクールバスを利用して登校しております。

滑川市議会 2018-12-17 平成30年12月定例会(第4号12月17日)

記  1 公共交通問題検討特別委員会行政視察    (1)派遣目的 公共交通施策の取り組み調査のため    (2)派遣場所 岐阜県岐阜市滋賀東近江市    (3)派遣期間 平成30年11月19日から20日まで(2日間)    (4)派遣議員 古沢利之、大浦豊貴、竹原正人、原  明、岩城晶巳、浦田竹昭、開田晃江          ──────────◇──────────                  

高岡市議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

次に、滋賀佐賀県佐賀市などでは、職員のパソコン起動時とシャットダウン時に流せる企業広告を募集しています。また、お隣の石川県金沢市では、市が発行する観光パンフレットに広告専用のページを設け、職員みずからが飲食店やお土産屋を回り広告を集めています。観光パンフレットによくある単なるお店紹介ではなく、紹介枠を広告枠として捉え、年間680万円稼いでおられます。  

入善町議会 2018-09-01 平成30年第5回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

そこで、ことしの6月に文部科学省指定の教育課程特例校として英語教育に先進的に取り組んでおられる滋賀竜王町の取り組みを産業教育常任委員会で現場視察をしてまいりました。ことしで10年目を迎えられ、1、2年生については年間10時間、3、4年生は35時間、5、6年生が70時間、小学校卒業するまでに230時間が英語に当てられております。  

入善町議会 2018-03-01 平成30年第3回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

昨年度、産業教育常任委員会で視察をした滋賀津市では、市内全小中学校にタブレット端末を配備し、主体的、対話的で深い学びが実践できるように取り組みを進めておられました。タブレット端末を含むICTの活用により、教える授業から学び合う授業へと転換され、対話的な学びにつながり、また、児童生徒が主体的に学び、より理解を深める授業となり、主体的な学び、深い学びにもつながるそうであります。  

黒部市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第3号 9月12日)

〔16番 川上 浩君起立〕 ○16番(川上 浩君) 今の話を聞いておりまして、滋賀の黒壁通りですか、あそこの話を思い出したわけでありますが、前を貸して、後ろに住居するという、そういう都市計画もあったようであります。いずれにしても、大変大きな問題であるということは間違いないことであります。  

富山市議会 2017-06-04 平成29年6月定例会 (第4日目) 本文

滋賀高島市では、延長2.4キロメートルに及ぶ約500本のメタセコイアのアプローチ道には、周辺に最たる観光地がないにもかかわらず、季節を問わず、それだけを見に来る人であふれています。並木が一定の大きさに成長するには、ある程度の年月が必要なことから、将来の景観イメージした上で目的に見合った場所や樹木を選定し、早期のうちに着手しておく必要があります。  

富山市議会 2017-03-09 平成29年3月定例会 (第9日目) 本文

昨日、滋賀では、働き方改革のために職員定数を増やす条例案が可決されたと聞きました。全体の奉仕者である公務員を減らし続ける行革は、もうやめるべきです。  最後に、皆さん、私たちは繰り返し主張します。  市長や安倍政権が描く都市像、国家像、コンパクトシティのために市民がいるのではありません。住民一人一人が主人公です。