756件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

ご存じのとおり、仮にCSFに感染しているイノシシを人が食しても人体に影響を及ぼすことはありませんが、この豚コレラという言葉で消費の不安をあおっているのではないかと思います。  そういう状況の中で、どのような風評被害が発生しているかと申しますと、長野県ではジビエ工房がこのCSF風評により、イノシシ肉の販売ができない。

富山市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会 (第2日目) 本文

254 ◯ 市民生活部長(岡地  聡君)  お尋ねの消費安全確保地域議会につきましては、平成26年6月の消費安全法の改正により、高齢者障害者認知症などにより判断力が不十分となった方の消費被害を防ぐため、地方公共団体地域の関係者が連携して見守り活動を行う組織として設置できることが規定されました。  

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

当時は、大規模小売店舗法という法律だったと思いますが、それによって町商業関係代表消費代表と学識経験者で構成された商業活動調整委員会・会議というものが設置され、その消費委員代表を務めたことがありました。その3者によってユニーの出店計画が適当かどうかを審議するものでしたが、出店に賛成する組織の方、出店に反対する組織の方が入り乱れて、家に押しかけられて大変だったことを覚えております。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

これらのように、現在は栽培や売買が規制されており、生産者にとっては消費の声が直接聞けないことも、栽培に取り組みにくい原因の一つとなっているのではないでしょうか。  毎年夏に、入善町の日として、商工会観光物産協会とともに、関東圏に入善ジャンボ西瓜などのPRに行っていますが、そこで入善町産「富富富」の振る舞いなどのPRをしてみてはどうでしょうか。  

黒部市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3号 9月10日)

これを多くの経営体や産地が取り入れることによって、持続可能性の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費や実需者の信頼の確保が期待されます。  次に、市内農家の認証取得の今後の課題や支援につきましては、市内では平成30年度に2経営体がアジアGAPを取得されております。

富山市議会 2019-09-06 令和元年9月定例会 (第6日目) 本文

複数税率とポイント還元が組み合わされることによって、消費が実際に負担する税率は10%、8%、6%、5%、3%と5種類になります。  キャッシュレス決済でのポイント還元に登録した中小商店は、全国で数百万ある対象商店のうち8月末で登録したのは約60万店、中小商店の約3割にすぎません。  ポイント還元は、還元されるのはキャッシュレスのときだけです。

富山市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会 (第3日目) 本文

そのうち、事業者が消費の自宅に訪問し、商品や権利の販売、役務の提供を行う訪問販売に関する相談は150件あり、内訳としましては、苦情が139件、問合せが11件でありました。  また、事業者が消費の自宅に訪問し、消費の所有する物品の購入を行う訪問購入に関する相談は26件あり、内訳としましては、苦情が23件、問合せが3件でありました。  

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第2号)  代表・一般質問

10月から消費税が10%に増税されることに伴い、国は消費に最大5%が還元されるポイント還元制度や低所得者、子育て世代へのプレミアム商品券といった、消費を喚起する施策を行っております。  当町においても少しでも消費が進むように、中小・小規模事業者や消費には、これらの施策を有効に使っていただきたいと思っております。  しかしながら、全国的に見ると、なかなか実績が上がってこないと聞いております。  

入善町議会 2019-09-01 令和元年第10回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

先ほど入善高校の生徒が生産者の一つになるのは難しいというふうに言われたんですけれども、やはり生徒は、研究研究としてつくるけれども、栽培は栽培としてやって、自分たちで最終的にはそれを売って消費の方に届けるというのが本当は一番の喜びになると思うんですけれども、入善高校農業科が入善ジャンボ西瓜ですという形で売るのは難しいことですか。

黒部市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号 6月17日)

これですね、隣の商業施設と共存が可能なのかちょっとわかりませんけど、これ例えば道の駅のほうで商品が1,000円で売られてたとして、隣のスーパーで800円で売られたとしたら、やはり普通に考えて消費はわざわざ高いほうで買うのかなと考えます。施設内のフードコートと物販施設については、多くの方に利用していただけるように、利用者が何を求めているのか、しっかり考えて、またご判断をいただきたいと思います。  

富山市議会 2019-06-06 令和元年6月定例会 (第6日目) 本文

また、我が国では、個別分野ごとに協同組合制度が整備されてきた経緯があり、農協など事業主のための協同組合、生協のような消費のための協同組合はあるが、労働者のための協同組合がないことから、新たな法人制度がぜひとも必要と考える。  地方創生や一人ひとりが活躍できる社会の実現のため、次のとおり、一日も早い協同労働に係る法制化を求める。  

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

前回の質問の回答は、残った料理を持ち帰る場合は、食中毒リスクを十分理解した上で自己責任の範囲内で行うこととし、消費は、生ものを避け、帰宅後に加熱が可能なものを持ち帰る。飲食店は、持帰りの希望者には、食中毒リスクや取扱い方法等、衛生上の注意事項を十分に説明することを呼びかけていますとの回答でした。多分これは現実的ではありません。  

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

この推進法の内容は、「まだ食べることができる食品が廃棄されないようにするための社会的な取り組み」との定義のもと、国や自治体消費、事業者らが一体となり、国民運動として問題解決に取り組むものであるとされております。  既に大手スーパーの一角には、食品ロス削減の協力をとのポップを掲げ、賞味期限が近い商品の割引コーナーを先日、目にいたしました。

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

そこで、国ではクレジットカードなどのキャッシュレス決済を用いた支払いへのポイント還元や低所得者などに対するプレミアムつき商品券の発行、飲食料品等に対する軽減税率の導入などを予定しており、いずれも消費税率引き上げに伴う消費活動の低下や消費の日常生活に過度な負担をかけないために実施されるものであります。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

この食品ロスの削減のために、国では、食品ロス削減関係省庁等連絡会議を構成する6府省庁内閣府消費庁、文部科学省農林水産省経済産業省環境省が連携し、官民を挙げて食品ロス削減国民運動を展開しておられます。  例えば、環境省では、家庭での食品ロスの量を2030年度までに2000年度比で半減させる数値目標を改定中の循環型社会推進基本計画に盛り込むことを検討しているとのことであります。

魚津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

消費の拡大を図るためには、ジビエ料理のおいしさのPRが必要だと考えております。これまでも、当市と黒部市で開催されたイベントに出店し、シシ鍋や焼肉として販売し、好評を得てきているところです。一般の方が消費しやすいように、精肉による販売のほか、ハムやソーセージなどの加工品の商品化も販売促進につながると考えています。  

魚津市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

キャッシュレス・消費還元事業として、税率引き上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。消費がキャッシュレス決済で支払った額に対して、中小の個別店舗には5%、フランチャイズチェーン加盟店などには2%のポイントの還元を行うというものです。