1223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

富山市においては、ずっとすばらしい水と立山をバックにした地下水もあり、河川水も豊富だし、そういった点においては、富山市水道は、民間委託はないだろうというふうに思っておりますので、水道質問はとめ置いて、次の質問にまいりたいと思います。  次は、エゴマのことについてお伺いしたいと思います。  

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

常願寺川、白岩川、栃津川等の河川や中山間地の地滑り地域、弥陀ヶ原の活火山を抱える立山町。災害に強いまちづくり、どこまでできているのか、町長にお伺いいたします。  次の質問に入ります。(2)項目目、外国人の受け入れについてお聞きします。  県内在留外国人は1万8,000人を超え、5年連続で増加し、全国では22番目に位置しているとのことです。  

氷見市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会−06月28日-04号

今後、集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害等が心配されますが、富山県が更新をいたしました洪水浸水想定区域、土砂災害警戒区域をもとに作成いたしました氷見市洪水土砂災害ハザードマップを来月早々に全戸に配布するなど、市民安全・安心の確保に万全を期してまいります。  また、梅雨が明けますと、いよいよ本格的な暑さを迎えることになります。  

滑川市議会 2019-06-18 令和元年 6月定例会(第3号 6月18日)

市内には、県及び市が管理する河川土地改良区が管理する用水路などがあります。最近の発生状況としましては、市管理河川で清水町地内を流れる四間町川において、オオカワヂシャと判断される植物が確認され、除去を行ったところでございます。  また、南部土地改良区が管理している田中川や小林川についても発生していると情報を受けております。なお、その他の土地改良区からは、発生等の情報はないところでございます。

滑川市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第2号 6月17日)

開発前後に雨水放流量が変化することから、降雨時に開発区域外で溢水、冠水による被害が出ないよう放流先の河川管理者と十分協議し、調整池を整備するなど指導しているところでございます。  以上でございます。 ○議長(原 明君)  上田市長。 ○市長(上田昌孝君)  開田議員から今ほど有金の洪水、私も44は手伝いに行きましたからよくわかっております。  そこで、そのことにちょっと触れたいと思います。  

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

これから梅雨の時期を迎えますが、近年、想定外の豪雨に見舞われることが多く、改めて河川の氾濫や土砂災害への備えに万全を期すとともに、有事の際には速やかな体制確保に努めたいと考えております。  こうした備えの一環として、先月には、宇奈月温泉旅館協同組合並びに宇奈月温泉防災会と「災害時における宿泊施設等の提供に関する協定」を締結し、住民及び観光客等の避難所設備の充実を図りました。  

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

158 ◯ 4番(泉  英之君)  次は防災に関する質問になりますが──きょうも地震がございましたが──せんだって市長会見で発表のあった、富山市全域にわたるLPWA網を活用して河川の水位情報などを一元化する先進的な取組みが開始されるとのことですが、先ほど述べた会派での北海道視察では、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震で、民家11軒、19人の犠牲者を出した

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

ダムができる以前にもあったように、大雨により河川の流量が増し、土砂を河口まで押し流すようにするためには、比較的に降雨量が期待できる時期に限られてくるため、現在は6月から8月末までの3カ月間としているところであります。しかし、気候変動の影響などで、この3カ月以外での出水の頻度も増えつつあることから、何らかの方法で排砂を検討することも必要になってくるのではないかと考えているところであります。  

高岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 索引

(3) 河川の氾濫に伴う各地区での浸水想定時間情報市民に積極的に周知すべきと考え    るが、見解は。   (4) 伏木地区や牧野地区など、海に面している地域での高潮災害については、どのよう    に予測し、対策を行っているのか。   (5) 公共施設以外の民間施設も本市の避難所の対象となっているが、避難時に環境や運    用の面において適切に対応できるのか。   

富山市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第1日目) 本文

まず、国・県の追加承認に伴うものとして、街路や河川水路の整備に要する経費、朝日小学校プール改築工事に要する経費などを計上しております。  次に、10月から実施される幼児教育保育の無償化に伴う準備経費として、子ども・子育て支援システム障害者自立支援給付事務処理システムの改修に要する経費などを計上しております。  

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

また、県河川の浸水図の更新に合わせて、町の洪水ハザードマップを今年度に更新いたしますので、この警戒レベルを掲載し、全戸配布する予定としております。  次に、2)点目、防災ハンドブックを作成し、活用する考えはないかについてお答えいたします。  姉妹都市犬山市で作成された防災ハンドブックは、犬山市で想定される災害ごとの備えや行動、避難所や平時の備えについて記載されております。  

滑川市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会(第5号 3月22日)

道路改良費について、委員から、整備を行う具体的な路線について確認したいという質問があり、道路改良費については、12路線、2億7,000万円、市道舗装費が7路線、5,000万円、歩道等整備費が2路線で2,500万円、河川改良費として2路線で1,200万円、浸水対策事業費として4路線で4,300万円であり、総計で27路線、4億円を計上しているという回答がありました。

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

そこで、市の指定緊急避難場所及び指定避難所は、地震土砂災害河川氾濫、津波災害種別ごとに区別しホームページで公表しておりますが、避難施設は場所により必ずしも全ての災害に対応しているわけではありません。そうしたことから、市民の皆様方には、より一層避難施設についての理解が必要であると考えております。