11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富山市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会 (第3日目) 本文

このような環境づくりの問題の根本的な解決策の1つの原点は、日本は古来より家族制度の中で言われてきた言葉で、親は子どもの面倒を見る義務があり、子どもは親の面倒を見る責務があると私は小さいときからよく家庭で聞かされたものであり、現在、この言葉が忘れ去られたのではないかと思えるような社会ではないかと感じるときが間々あり、もっと極端な言い方をすれば、もう死語になっているのではと思えてなりません。  

入善町議会 2018-03-01 平成30年第3回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

以前言われ続けた交通戦争死語となった形です。私もこの現状を初めて見て愕然といたしました。  これは余談ですが、秋田県はここ数年、連続1位だと聞きました。自殺者の比率が高いのは日本海側だと聞き、その理由が雪国だという人もいますが、原因はわかりません。  自殺者の一番多い理由は健康問題となっています。

入善町議会 2011-12-01 平成23年第14回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

今でもそれは決して死語ではないと思います。いま一度、入善町観光協会の立ち上げと、しっかりとした組織化、そして行政が一体となって、スタートしたばかりの総合計画の中で、駅を中心とした公共交通、あるいは広域観光、そして本町独自の観光振興などを位置づけしていくべきと思います。  

富山市議会 2009-12-04 平成21年12月定例会 (第4日目) 本文

「発言がぶれる」「閣内不一致」という言葉は、もはや死語であります。残念ながら懸念されることが日米間において早速顕在化してきております。まことに憂慮される事態であると思います。  先日の深夜番組で「NHKスペシャル 証言ドキュメント」という番組がありました。その中で16年前の細川元総理大臣の言葉の中に、総理大臣をお受けするには自分は準備不足であるとありました。

富山市議会 2009-03-03 平成21年3月定例会 (第3日目) 本文

富山駅の高架化によって、鉄道のバリアが取り除かれ、「駅裏」という呼称が死語化していくと思われます。どぶ川視された富岩運河の船だまりは、今や環水公園として新しい市民の憩いの場に変身しています。  この4月から岩瀬カナル会館脇の桟橋まで、市のエコボートが運航され、市民の期待が高まってきました。7月末には、県が発注しておられる40人乗りのソーラー船が中島閘門間を周航することが公表されています。

立山町議会 2003-12-01 平成15年12月定例会 (第2号) 本文

「徳」などというものに至っては死語に近くなり、その存在さえたまにしか耳にしなくなりました。  戦後日本はすべてにおいて戦前を上回ったが、一つだけ大きく失敗したのが教育ではないかと言われております。それは教師と親、社会、すべての立場の失敗であって、だれか一人のせいにしてはいけないものでありますが、その大きな原因の一つが徳育の失敗であると思われます。

黒部市議会 2000-12-14 平成12年第5回定例会(第2号12月14日)

黒部川を初めてみた外国人が、「これは川ではなく滝だ」と言ったと聞いておりますけれども、この名言が、今では死語となっでいるのではないでしょうか。とうとうと流れる水量と澄みきった水、手を入れると切られるような冷たさ、口に含めばまろやかな美味しい水、こうした表現がピッタリとくる川であったわけであります。

黒部市議会 2000-09-07 平成12年第4回定例会(第2号 9月 7日)

農業を取り巻く情勢は大変厳しいものがあり、全国的にもカドミ汚染米が死語となりつつありますが、私は毎年、婦中の五十嵐議員農林省へ、政府米としての買い上げ要請に行ってきているわけでありますが、年々、農林省の対応は厳しいものを感じております。そこで今のうちに用途地域内の汚染田の対応をどうするのか、農家の皆さんの意向を最大限尊重しながら検討する時期にきていると思うわけであります。  

立山町議会 1998-12-01 平成10年12月定例会 (第2号) 本文

不況からの脱出を合い言葉に、行財政改革は今やなし崩し的に取っ払われ、今まさにこの言葉は死語に等しいと言っても過言ではありません。町民の行政に対する要望は無限であり、そういった中で行政としてやらなければならないもの、あるいは無駄なものを整理判断し実行をしていくということが、以前にも増して重要かつ大切であります。

高岡市議会 1993-09-04 平成5年9月定例会(第4日目) 本文

今ほど御答弁申し上げた中で、御指摘の性別役割分業、それを奨励しているという御指摘の中で、婦人、母親という言葉などがその指摘の対象になったというふうにお聞きして答弁申し上げたわけでございますが、先ほど菓子部長の方からもいろいろ答弁があったとおり、女性プランができたら、すべての言葉が歴史的にその言葉そのものが死語になってしまうということでは決してないと思うんです。

  • 1