23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

9月5日に横江野開地内で発見された野生イノシシ死体から豚コレラウイルスが検出され、9月10日に報道発表がありました。これで立山町の居住地域のほぼ全域が豚コレラ発生地点から10キロメートル圏内となりました。  豚コレラウイルスは、豚やイノシシに感染する伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴です。

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第3号) 本文

住民課所管にかかる環境対策事業において、動物死体処理件数についての質疑がありました。  平成30年度の実績59件に対して、今年度は8月末までの実績が47件となっており、大幅な増加が見込まれるとの答弁でありました。  水道課所管にかかる農業集落排水事業では、芦見地内における立山ブランド海外戦略拠点施設建設に伴う工事の内容についての質疑があり、公共ますの設置工事であるとの答弁でありました。  

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

具体的な活動としては、1つに、美化推進デーなどにおいて、各地区で吸い殻、空き缶拾いなどの清掃活動や啓発活動を行い、地域環境美化意識の高揚を促進する、2つに、路上等のたばこの吸い殻、空き缶などのごみや、電話ボックス、電柱等に張ってあるピンクチラシ等を回収し廃棄する、3つには、地区を巡回し、立て看板、張り札等の違法広告物等があれば、都市計画課へ通報する、4つには、飼い主の不明な野良犬、野良猫などの死体

富山市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会 (第5日目) 本文

墓地、埋葬等に関する法律第9条第1項には「死体埋葬又は火葬を行う者がないとき又は判明しないときは、死亡地の市町村長が、これを行わなければならない」と、基礎自治体埋葬火葬義務を課しています。  初めに、身寄りがいない場合あるいは身元がわかっていながら引取り手がいない場合の本市の対応方法、その件数の推移などの本市の現状と課題をお聞かせください。  

富山市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会 (第2日目) 本文

3週間後、子どもを見守る立場にある人物が死体遺棄の疑いで容疑者として逮捕されるという衝撃的な展開を見せました。  登下校中の子どもを狙った犯罪は後を絶ちません。子どもを一人きりにしないことが肝要であると言います。  見守り活動に悪意を持った人物が入り込んでいるかどうかは見抜きにくく、人の目を増やすしかありません。社会ぐるみ、地域ぐるみで安全策を見直す契機としなければなりません。

滑川市議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会(第3号 3月10日)

これも先ほど言われましたが、去る2月21日、川崎市の多摩川河川敷で男の子の遺体が見つかり、死因は首を刃物で傷つけられたことによる出血性ショックによる殺人、死体遺棄事件が発生したわけであります。被害者は13歳の中学1年生の少年であります。またその犯人は、18歳の少年と17歳の少年2人の犯行ということで、現在取り調べ中でございます。  

立山町議会 2011-06-01 平成23年6月定例会 (第2号) 本文

「遺棄死体 数百といひ 数千といふ いのちをふたつ もちしものなし」、土岐善麿。  戦場で置き去りにされた死体。しかし、その一人として命はかけがえのないものであり、だれ一人として命を2つ持っている人はいない。  このたびの大震災の死者を悼み、この歌を思い出しました。「絶唱であり、容易ではない作である」と評価された歌であります。  

富山市議会 2010-09-04 平成22年9月定例会 (第4日目) 本文

これを聞きまして、私は、やはり日本は世界一の長寿国であり、安心して老後が送れるものだと思ったやさき、7月末に、たまたま111歳の東京都内最高齢者の白骨死体が見つかりました。  私は、よくある年金詐欺あるいは年金を不正受給する事件か、あるいは変わった宗教の話なのではないかと思いました。ところがこれをきっかけに、全国各地で100歳以上の高齢者行方不明が続々発覚いたしました。  

富山市議会 2010-06-02 平成22年6月定例会 (第2日目) 本文

◯ 農林水産部長(藤井  敏君)  市内で口蹄疫の発生が確認された場合や発生のおそれがある場合、市長を本部長とした富山市口蹄疫対策本部を設置し、関係機関との連携による情報収集及び情報共有化を図るとともに、富山県東部家畜保健衛生所において設置される富山県口蹄疫現地防疫対策本部に職員を派遣し、1つには、発生農場の消毒や汚染物品の処理、2つには、殺処分した家畜死体

富山市議会 2003-06-24 旧大沢野町:平成15年第4回定例会(第3号) 本文 2003-06-24

一例ですが、過去3年間の猫の死体処理件数を調べましたら、野良犬は9件。野良猫は91件と10倍です。死体処理の件数だけを見ても、管理が難しいのではないでしょうか。  こうした中で、他の自治体の取り組みを見ますと、富山市では野良猫を町内ぐるみで野良猫を管理する、そういった活動が今年度から始まってます。町内ぐるみで野良猫を捕獲して、不妊去勢手術を受けさせ、自然に野良猫の数が減るのを待つ活動です。  

立山町議会 2001-03-01 平成13年3月定例会 (第2号) 本文

死体を踏まないためだった」。戦争がひどくなってからは、ここは司令部壕ではなく墓の壕と化していたのです。司令官の大田海軍少将は、海軍次官に宛てて、県知事の依頼を受けていないにもかかわらず、沖縄県民の献身的作戦協力について訴えました。その内容は、「沖縄県民すべてが献身的に戦った。県民に対し後世特別のご高配を賜らんことを」と訴え結んでいます。

入善町議会 2000-09-01 平成12年第27回(9月)定例会(第2号)  一般質問

猫や犬の死体があるから取りに来てください。それはみんなこの係の仕事なんですよ。そういう意味から、逆に言えば、「すぐやる課」的な性格も持っております。そういう意味でも、この課の持つ性格をいま一度しっかりと見つめていただいて、私は課としての独立に向けて十分な検討をしていただきたい。それについて再度町長の答弁を求めるものであります。  

  • 1
  • 2