12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高岡市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日目) 本文

また、校長等が児童生徒の摂食開始時間の30分前までにを行い、異常がないか確認をしております。教室では学級担任が、給食当番の健康状態や手洗い、服装等について確認し、配膳時に異物混入や二次汚染が起こらないよう指導するなど全ての過程で衛生管理を徹底し、異物混入防止や食中毒防止に万全を期しております。  

立山町議会 2011-03-01 平成23年3月定例会 (第2号) 本文

給食の質の確保のための体制については、新しい施設となりましてもこれまでと同様に、町職員や県から派遣されている栄養士献立を作成し、作業の工程や食材の分量等を指示しますし、調理した給食のも行い、味つけなどを確認した上で各学校へ配送されることとなりますので、調理業務を委託したとしましても、質の低下を招くことはないものと考えております。  

高岡市議会 1998-06-02 平成10年6月定例会(第2日目) 本文

また、(食材の検査)や給食調理施設ふき取り検査においてO26が発見されなかったことなどから、保育園における給食調理によって発生したものではないと確信しておりまして、いわば今回の集団発生は、第一次的には製造業者の衛生管理の徹底によって防ぐことができたものであると考えております。  

高岡市議会 1998-03-06 平成10年3月定例会(第6日目) 本文

また、小・中学校のニーズにこたえて時間と曜日の計画に配慮していきたいとの答弁があり、  また、保健給食費のうち学校給食食中毒防止対策事業費の内容との保管期間はどの程度が妥当と考えているのかとの質疑に対し、主なものは、給食調理従事者の細菌検査や消毒関係機器及び真空冷却機等の購入費である。また、の保管期間については、国・県の考え方は2週間としており、本市でもこれに準じて実施している。

氷見市議会 1996-09-24 平成 8年 9月定例会−09月24日-04号

また、体内に菌が入ってから発病まで長い時間を要するため、原因物質の特定が困難でもあり、これまで保存用箱での等の保存期間が3日以上と定められていたものが、2週間以上と延長されました。  このような中にあって、市当局がいち早くO−157の情報収集に努力され、各機関に適切な指示や市民への啓発に努められたことにより、いまだ市内から感染者が発生していない現状に対し、敬意を表するものであります。  

高岡市議会 1996-09-02 平成8年9月定例会(第2日目) 本文

7月25日には、厚生省文部省から、O-157の潜伏期間が長いことから、社会福祉施設及び小・中学校における保存食の保存期間を2週間以上に延長することの通達が出されたことから、本市では容器や冷凍庫の整備、各学校プールの塩素自動供給機の整備等の対策を講じ、設備面も含め、その予防に万全を期しているところでございます。  

  • 1