92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

黒部市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3号 3月10日)

市内小中学校教員時間労働実態はどうか、調査を行ったのなら調査結果に基づいて答えてください。  文科省が働き方改革一環として、公立学校教員対象に導入させようとしている1年単位変形労働時間制は、1日単位労働時間を1年単位に調整する制度であります。繁忙期労働時間を長くして、閑散期勤務を短くする体制と考えております。

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

今後、人口減少高齢化が一段と進む中で、議員のお話の中にもありました2024年の医師時間労働上限規制による医師不足、そして国が2025年までに実現を目指している地域医療構想など、医療を取り巻く環境がより一層厳しくなることが見込まれております。今後も指定管理者と協力をして、それぞれの負担が過度とならないように努め、金沢医科大学氷見市民病院経営持続性を確保してまいりたいと考えております。

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

文部科学省は、恒常的な時間労働がないことを前提にした制度であることを認めていますが、現在の学校には導入する前提がないことは明らかだと思います。  富山県教職員組合が昨年9月、10月に実施した勤務実態調査では、勤務時間外の総労働時間が、小学校では、前年より5時間減少しましたが、83.32時間、中学校では、約11時間減少しましたが、99.36時間との結果が出ています。

黒部市議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第1号 3月 2日)

市内小中学校教員時間労働実態はど      うか。   (2)文科省が、「働き方改革」の一環として公立学校教員対象に導入させよう      としている1年単位変形労働時間制は、1日単位労働時間を1年単位に調      整する制度であり、繁忙期労働時間を長くし、閑散期勤務を短くする制度      と考えている。4月に働いた疲れを8月の休みで癒せると考えられるか。

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

令和6年4月から医師についても時間労働上限規制が適用されることを見据え、医師労働時間管理の徹底と労働時間短縮への計画的な取組が今後一層強く求められ、勤務医を抱える病院事業局では対応が必要となることが考えられます。  今回の診療報酬改定の概要と、この改定病院経営に与える影響についてどのように考えているのか伺います。  次に、海洋ごみ対策について伺います。  

氷見市議会 2019-12-09 令和 元年12月定例会−12月09日-02号

また、文部科学大臣は、月45時間、年間360時間以内の時間労働を可能とするこの上限ガイドラインの順守を導入の前提だと示しています。氷見市の教員は、この上限をはるかに超えているのが現状です。  県教組勤務実態調査を行いました。これはまだ速報値ですが、持ち帰り仕事も含めた時間外勤務月平均時間は、小学校75時間、中学校103.28時間となっています。

氷見市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会−09月10日-03号

それに加えまして、本年4月からは、時間労働上限規制が設けられたことに伴いまして、所属長が中心となり、管理職も含めた所属職員の毎月の時間外勤務時間の縮減に向けて、より一層の取り組みを進めております。  また、公務の効率的な運営を推進するとともに、仕事と生活の両立、ワークライフバランスの実現を通じて、職員勤務意欲の向上を図るため、この7月から新たに時差出勤勤務制度を実施しております。  

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

働き方改革関連法が成立しまして、本年4月1日から時間労働上限規制を含む労働法制が施行され、本市においても条例施行規則の改正が行われました。  時間労働縮減については、平成27年12月の電通の高橋 まつりさんの過労からみずから命を絶った事件、それから県内中学校の教師の過労死などもあり、働き方改革という議論が進められてきています。  

高岡市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 索引

2 時間労働縮減について   (1) 時間労働が昨年度1年間で360時間を超えた職員人数と月45時間を超えた延べ    人数は。   (2) 時間労働過労死レベルと言われる月100時間を超えた延べ人数は。   (3) 過去5年間の一般会計における超過勤務手当決算額は。   (4) 時間労働縮減するための具体的な取り組みは。   

小矢部市議会 2019-06-20 06月20日-02号

国が働き方改革の柱と位置づける時間労働上限規制が4月から始まりました。長時間労働に歯どめをかけ、過労死健康被害を防ぐのが目的であります。 本市においても4月から、職員(非正規含む)の編成をされた中で特色もありますが、仕事上の適正な職員配置をする中で困難なことはありませんか。まず、長時間残業についての対応についてお尋ねをいたします。 

黒部市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2号 6月14日)

そして、教育部長にお伺いするのが、文部科学省文科省の発表によりますと、これも先ほど話に出てしまいましたが、小学校教員の約3割、中学校教員の6割が月80時間以上の時間労働を余儀なくされているという報告があります。月に80時間以上といいますと、いわゆる過労死ラインでございます。  

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

141 ◯3番(池原純一君) 1つ目の話の中で、1つ目というのは働き方改革への町の取り組みというところで、長時間労働の解消という、少しでも少なくしたいよということで、3月の議会の中で質問しましたが、その中で時間労働の増加については2点ほど原因がありますよということで説明をされております。