38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

富山市議会 2020-03-08 令和2年3月定例会 (第8日目) 本文

時効が10年だったら返還するというものもあります。建造物侵入で有罪確定した議員も辞めずにいます。要綱とか申合せなどの程度で済みますか。それでは市民が許さないと思います。  請願の内容の真剣な議論を3定例会も先送りして、やっと議論に入ろうというのに不採択とはと、請願人と仲間市民の皆さんもますます憤慨しておられます。  私は怒りを込めて、今度こそこの請願を採択するよう訴えます。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第4号) 本文

また、財産がない場合等では執行停止とし、その後、時効になれば不納欠損処理を行うとの答弁でありました。  消防本部所管にかかる消防施設整備事業について、新しく購入する多機能型消防ポンプ自動車の特徴及び活躍場面について質疑がありました。  13.7メートルまで伸縮するブームが特徴で、その先端部には大人3人が乗れるバスケットがついており、高所からの放水や4階建ての建物からの救助が可能となる。

富山市議会 2018-03-08 平成30年3月定例会 (第8日目) 本文

どんどん日がたって時効になってお金を返還できなくなる前に、若手の方もベテランの方も、会派の全員で過去の不正について徹底的に調べ、みずからうみを出し切っていただきたい。それができていない状況では、残念ながら自民会派議会代表しての監査委員をお任せするわけにはいかないということなのです。  さらに、きょう重大なことがわかりました。

富山市議会 2017-09-05 平成29年9月定例会 (第5日目) 本文

その多くはバブル崩壊後に発生している未済でして、当時の不動産価格が高かったときに取引があったりして、納税義務があるのに払われなかったものを差押えしていますので、時効中断してとまっています。ですから、いつまでたっても債権は持っているわけですが、客体の価値がめちゃくちゃ下がってしまっているので、競売に付しても回収できないという案件が幾つもあります。  

富山市議会 2017-06-04 平成29年6月定例会 (第4日目) 本文

去る5月29日に開催されました5月教育委員会定例会において、初めて奨学資金貸付金158万4,000円が時効成立して債権放棄したと報告をされました。  借りたお金は返す、使っていないお金は返すというのは、当たり前のことですが、さまざまな事情により本人が返せなくなり、連帯保証人となった親も支払えず、自己破産行方不明など全国で悲劇が絶えません。  

氷見市議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会-03月07日-03号

また、時間外賃金の不払いに対する時効は2年と聞いております。あと1年さかのぼると時間数と金額はどのくらいになるのか、支払い方法はどのようにするのか、またそのように至った原因、責任は。市長はいつ知りましたか。  ここまでお答え願えますでしょうか、市長。 ○副議長(荻野信悟君) 本川市長、端的にお願いします。

入善町議会 2012-09-01 平成24年第18回(9月)定例会(第2号)  一般質問・請願等

御存じのように介護保険料の時効は2年です。2年以上にさかのぼって滞納金を請求されることはありません。しかし問題はそれからです。保険料を納めなかった期間に応じまして、利用料の自己負担が今は1割ですけれども、それによって3割まで引き上げになるということもあります。

立山町議会 2012-03-01 平成24年3月定例会 (第4号) 本文

次に、議案第28号 立山町水道事業給水条例の一部改正については、時効期限について質疑があり、以前は税と同じように時効期間は5年であったが、平成15年10月の最高裁の判決により、私法上の債権としてその時効期間が2年となったものであるとの答弁でした。以上を踏まえ、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。  

黒部市議会 2011-09-08 平成23年第5回定例会(第3号 9月 8日)

介護保険料は介護保険法に基づき納期限終了後2年を経過すると時効によって納付できなくなり、不納欠損の処理を行います。この場合に介護サービス利用料は一定期間通常の1割負担から3割負担となります。なお、昨年度の黒部市内のこのケースに該当し、介護サービスを利用されていない人は1名であると新川地域介護保険組合から伺っております。  

富山市議会 2010-03-02 平成22年3月定例会 (第2日目) 本文

市の債権につきましては、市税以外に強制的に徴収できる国民健康保険料、保育料等の債権と、裁判所の手続によらないと強制的に徴収できない水道料、医療費等の債権があり、地方自治法及び地方自治法施行令等において、督促、強制執行、徴収停止、消滅時効などが定められておりますが、適用関係が複雑でわかりにくいものとなっております。  

立山町議会 2008-12-01 平成20年12月定例会 (第1号) 本文

町の固定資産税の不納欠損額は近年にない大きな額になっているが、これはどんな内容でこうなったのかとの質疑があり、19年度の国民健康保険税を含む町税全体の滞納繰越額は2億3,000万円であり、滞納者の財産を調査し納税できない5年の時効を経過した、いわゆる不良債権化したものを不納欠損処分とさせていただいた。  特に固定資産税の処分については、倒産状態により1件で1,300万円を超える者があった。

富山市議会 2008-09-03 平成20年9月定例会 (第3日目) 本文

時効までをずっと未収金として置いておくのか。どうせ回収の可能性がないから、決算上不健全性が目立つので、不納欠損処理してしまうと、もう債権を放棄してしまうわけだから、それは未収金としてはカウントしないわけです。だから書類上額が下がる。だけどそれを市民病院の判断は、時効に至るまでの間はしっかり回収に向けて努力しようという思いでそういう処理になっていると思います。  

高岡市議会 2007-12-01 平成19年12月定例会 総括質問  本文

時効もそれぞれ違うところでありますが、私債権には強制徴収ができません。その都度に徴収するためには裁判所を経なければならないのは当然のことと思います。そしてまた、手続が必要になるところであります。  時効を過ぎたものは不納欠損として不良債権処理されることから、不納欠損というのは本来収入として入るべき税金や利用料が入らなくなることであります。18年度においては5億円余りが失われたのであります。

  • 1
  • 2