1589件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2020-03-07 令和2年3月定例会(第7日目) 議事日程・名簿

23年6月30日以前給与事由の生じた退隠料等の年額の改定に関する           条例」          「昭和28年12月31日以前給与事由の生じた退隠料等の年額の改定に関する           条例」          「昭和28年12月31日以前に給付事由の発生した退隠料等の年額の改定に関す           る条例」          「昭和29年1月1日以後給付事由の発生した

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

土地開発公社が取得する土地に附属する建物につきましては、公有地の拡大の推進に関する法律施行された昭和47年の国からの法の施行通知において、原則、建物を移転または取壊し、更地として取得すべきとしながらも、建物等が土地の利用計画上または取得目的に照らし必要と判断される場合はこの限りでないとしているところであります。  

富山市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会 (第5日目) 本文

凡氏の言葉を借りれば、祖先信仰天皇への敬愛は不可分であると考察した八雲に共感し、八雲の全著作を読破したボナー・フェラーズは、昭和天皇東京裁判で訴追せずに、その力を民主的な方向に生かすことにより国民精神的よりどころを否定することを回避する提案をして、今日の象徴天皇制の実現に大きな貢献をした人物でした。  

高岡市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会(第4日目) 本文

古城公園動物園は、昭和26年の高岡産業博覧会の展示の一つとして開園し、昭和35年に現在地に移転。以降、無料の動物園として市内外からたくさんの人が訪れ、愛されてきた動物園です。皆さんにも動物園での思い出があるのではないでしょうか。私も親と一緒に行ったときのことや中学校の写生大会での思い出が今も残っております。  

富山市議会 2020-03-04 令和2年3月定例会 (第4日目) 本文

国では、平成20年より地域における更生保護ボランティア活動の拠点として更生保護サポートセンターの設置を推進しており、本市においては、昭和57年から富山市総合社会福祉センター内に富山市保護司事務局が設置されておりましたことから、平成27年6月1日に同事務所内に更生保護サポートセンターを開設することとされたものであります。  

富山市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会 (第3日目) 本文

昭和18年に富山ライトレール(旧JR富山港線)が富山地方鉄道だったことを思えば、77年ぶりに復縁することになります。  昭和5年、富山電気鉄道、後の富山地方鉄道ですが、この会社を設立されました芦峅寺出身の佐伯 宗義氏は富山県一市街化構想を掲げられ、県内どこからでも1時間で中心へという思いで活動をされました。  

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

国の発表では、昨年の我が国を訪れた外国人観光客は、推計で前年比69万人増の3,188万人となり、昭和39年から統計を取り始めて以来、過去最多の観光客数を記録しています。  本年は東京オリンピック・パラリンピックの開催年であることから、訪日外国人観光客のさらなる増加が期待され、本市においても、外国人観光客の誘致拡大に向けた受入体制の拡充を図っていくことが重要です。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第2号) 本文

所有者は、3、4年前に射水市から立山町利田に本社を移転してきた黒谷美術昭和58年に製造、建立したとあります。  作者は、文化勲章受章者で、北村西望氏の作品です。台座を含めて高さメートル、重さは6トン、青銅製に金箔1万5,000枚を施して、時価総額1億円と言われる物であります。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

釜ヶ渕小学校は、昭和58年度の建築から36年余りが経過していることから、校舎の雨漏りや壁面、天井ボードの劣化など補修が必要な箇所が複数生じており、随時修繕等の対応を行っているところです。しかし、頻繁に修繕工事を行うことで、児童安全が危惧されたり、振動や騒音が授業の妨げとなるおそれ等もあると認識しております。  

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日目) 議事日程・名簿

23年6月30日以前給与事由の生じた退隠料等の年額の改定に関する           条例」          「昭和28年12月31日以前給与事由の生じた退隠料等の年額の改定に関する           条例」          「昭和28年12月31日以前に給付事由の発生した退隠料等の年額の改定に関す           る条例」          「昭和29年1月1日以後給付事由の発生した

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 議決一覧表

│    │    │    │ │      │ 「高岡市退隠料等の年額の改定に関する条例」(昭和47年高岡市│    │    │    │ │      │  条例第37号)                      │    │    │    │ │      │ 「高岡市退隠料等の年額の改定に関する条例」(昭和48年高岡市│    │    │    │ │      │  条例第43号

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

しかしながら諸般の事情で結果的に難しかったということでありますが、昭和38年7月建設以来56年間、氷見市の文化発信の中心的施設が、ついにこの12月議会に解体の議案が出されたと。感無量に思っておられる方もおられるでしょう。  解体事業費は2億2,000万円余りとなっております。今となっては反対もできません。

高岡市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日目) 本文

また、江戸時代加賀藩最大の御蔵が置かれ、米の集散地として栄えた吉久地区においては、明治から昭和初期にかけて建てられた歴史的な町並みを生かしたまちづくりに取り組むため、現在、山町筋、金屋町に続く市内3カ所目の重要伝統的建造物群保存地区の令和2年度に向けた選定を目指し取り組んでおります。  

高岡市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日目) 本文

公共施設白書によれば、本市の公民館昭和50年から60年にかけて集中的に整備されたため、施設の老朽化と更新時期が重なってくる懸念があります。そのため、設備をいたわりながら施設長寿命化を図らなければなりません。また、将来の人口減によっては、施設の統廃合や集約化も視野に入れなければなりません。