25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

黒部市議会 2015-03-02 平成27年第1回定例会(第1号 3月 2日)

その安倍首相は、先日の施政方針演説で、経済再生、復興社会保障改革、教育再生、地方創生、女性活躍、外交安全保障の立て直しなどについて、いずれも困難な道のりであるとしながらも、日本の将来をしっかりと見定め、ひるむことなく改革を進めなければならないとし、また、15年近く続いたデフレに関して、最大の問題は日本人から自信を奪い去ったこと、悲観して立ち止まっていても何も変わらない、批判だけを繰り返していても

入善町議会 2015-03-01 平成27年第9回(3月)定例会(第4号)  討論・採決

2月12日、国会で安倍総理が行った施政方針演説では、「難病の皆さんへの医療費助成を大幅に広げ、小児慢性特定疾病について新たに107疾病を助成対象とし、7月には、新たに300の難病についても拡充を目指す」と表明しております。  実際、1月からは指定難病については56疾病から110疾病に対象が拡充され、この夏には約300疾病まで拡大される見込みであります。  

魚津市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第2号) 本文

安倍総理の2月の本会議施政方針演説の中に、「60年ぶりの農協改革により、強い農業をつくる。大胆な規制改革によって生産性を押し上げ、国際競争力を高める」とあります。  また、与党齋藤健農林部会長の2月の予算委員会での質問の一部を言います。  人口減少が進む。国内の農産物、特に米の消費や需要の減少がそのことにより進みます。今までどおりの農業経営では、農家の所得は必然的に減っていきます。  

入善町議会 2014-03-01 平成26年第4回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

安倍首相は、この経済の好循環を施政方針演説の中で、企業の収益を雇用の拡大や所得の上昇につなげ、それが消費の増加を通じて、さらなる景気回復につながることとしております。  企業の業績が改善しつつあり、設備投資も持ち直しつつある中で、今春闘においては、ベースアップ要求に対して満額回答に踏み切る企業もあると報道は伝えております。  

魚津市議会 2013-03-01 平成25年3月定例会(第2号) 本文

TPP交渉参加について、今日何か表明とかいろんな話が出ているらしいんですが、会議中なのでどういうふうになっているかわかりませんが、攻めの農業政策、未来に希望の持てる強い農業の推進と安倍総理が施政方針演説をされていますので、先ほどもありましたが、国の力も大いにかりて魚津市の強い農業を育ててほしいと思います。  

入善町議会 2009-03-01 平成21年第20回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

米国一極の政治経済体制が根底から崩れ落ち、各国の政策財政をはじめ企業産業構造も大転換を迫られており、日本もまた「この国のかたち」を変える節目にあると総理大臣が今国会施政方針演説で発言されています。  総理はまた、日本は現在、急激な少子高齢化、新たな格差や不安、資源環境制限、時代にそぐわなくなった社会システムなど、3度目の変革を迫られているとも発言されました。

黒部市議会 2008-06-13 平成20年第2回定例会(第3号 6月13日)

〔14番 吉田重治君起立〕 ○14番(吉田重治君) すばらしい答弁、まるで、市長の施政方針演説を聞いたような感じであります。時間もありませんので、やめますけれども、自然災害に強いということは、健やかで安全で安心で過ごせるまちづくりのためにも、ぜひ必要でありますし、観光対策農業対策いろいろ難しいことがありますけれども、これからまた頑張っていただきたいと思います。  

氷見市議会 2007-03-12 平成19年 3月定例会−03月12日-02号

1月26日、安倍首相施政方針演説で、教育再生を内閣の最重要課題と位置づけ、ゆとり教育の見直しなどを実行し教育新時代を開くとし、60年ぶりに全部改正された教育基本法の改正を踏まえ、関係法律の改正案を今国会に提出するとともに、教育振興基本計画を早期に策定し、ゆとり教育を見直し、必要な授業時間を確保するとともに、学習指導要領を改定し、公教育の再生に取り組むとしているところでございます。  

入善町議会 2007-03-01 平成19年第9回(3月)定例会(第1号)  提案理由説明

政府は、安倍首相施政方針演説でもあったように、「地方の活力なくして国の活力はない」として、地域の活性化を最重要課題の一つに掲げております。私もそのとおりだと思っております。地方が元気にならなければ、日本全体の建て直しも実現できないものと思っております。  先日、入善町特産の入善ジャンボスイカが、特許庁地域団体商標、いわゆる地域ブランドに県内第1号として認定されました。

立山町議会 2005-06-01 平成17年6月定例会 (第2号) 本文

舟橋議員からは、「施政方針演説ではないけれども、目指すと言ったのにどうなっているのか」という非常に強いお言葉でございますけれども、確かにそういうふうなことでは、目指す方向には、今でもありますけれども、何もそれが締結をしなければだめだとか、そういうようなことではなく、そういうような気持ちでお互い勉強することが、ひいては締結まで進むんではなかろうかと思います。  

入善町議会 2002-03-01 平成14年第3回(3月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

去る2月4日、小泉内閣総理大臣は、今通常国会施政方針演説の中で、今後の財政は、「税金をむだ遣いしない体質へ改善し、将来の財政破綻を阻止する。今後歳出の見直しを進め、効率的で持続可能な財政への転換を図る」というふうに述べられております。  また、3月6日の北日本新聞の社説によりますと、「民間企業倒産や人員整理が相次ぐ中で、身分保障されている公務員への“世間の目”が険しくなっている。

入善町議会 2001-03-01 平成13年第32回(3月)定例会(第2号)  一般質問

過般の第151通常国会施政方針演説で、総理は「21世紀はエネルギー食糧環境少子化の4つの課題の解決なくして日本の明日はない」と論じておられ、この主張に私は同感であるが、4つの課題でも、序列をつけると文句なく日本民族の命をつなぐ生命産業である農業食料問題がトップであるとの思いから、改めて新聞演説の要旨を読んでみました。

  • 1
  • 2