492件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2020-03-07 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 7日)

総務課長澤口幸二君) 非常食備蓄量につきましては、平成23年6月に県が公表しました呉羽山断層帯による地震を想定して予測された避難者数をもとに積算してございます。  ライフラインの復旧や救援物資が届くまでのおおよそ3日間の生活に必要な量を確保しておくとした場合、食料は約2万7,000食、水は約2万7,000リットルの備蓄が必要ということになります。  

小矢部市議会 2019-12-12 12月12日-02号

また近年、邑知潟断層帯や砺波平野断層帯を震源とする地震で、震度6の地震も想定されています。恐怖心をあおるわけではありませんが、災害はいつかどのような形でこの小矢部市を襲ってくるかもしれません。想定される災害について、小矢部市ではどのような対策を行っているのか教えていただきたいと思います。 ○議長福島正力君)  総務部長 栢元 剛君。

南砺市議会 2019-12-09 12月09日-02号

上口長博市長政策部長登壇〕 ◎市長政策部長上口長博) 市では、平成23年度に県が実施した呉羽山断層帯の地震被害想定調査における避難所避難者数を参考に、備蓄計画を立てております。建物全壊により避難時に非常食などを持ち出すことができないと想定される946人分について、簡易的な食料飲料水及び毛布等を中心とし、平野部は2日分、山間部は3日分の現物備蓄を行っております。 

高岡市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日目) 本文

不要不急大型公共事業優先ではなく、今後想定される大規模自然災害から市民の生命と財産を守るため、一級河川庄川小矢部川の整備促進高岡断層についての地震規模発生確率調査被害予測の公表、さらには内水氾濫対策として雨水幹線整備促進調整池の設置、老朽化した橋梁の整備を国の予算促進すべきと強く要望し、賛成討論といたします。

高岡市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第4日目) 本文

8日の日にたまたま地域の子育てサロンがあって、子育て世代防災セミナーをその中に入れたらどうかということで危機管理室にお願いしましたところ、女性防災士の方が担当されて、パワーポイントでしっかり活断層とか最近の豪雨状況などを説明された後、液体ミルクなどきめ細かい防災対策の説明などをされました。

高岡市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会(第2日目) 本文

そして、市内、県内に複数位置する断層帯が引き起こす地震災害はいつ起こるともわかりません。  そこで本市では、地震対策の一環として市有施設耐震化を進め、学校施設については、昨年3月の野村小学校体育館完成耐震化率100%を達成し、洪水災害対策においては、平成18年に洪水ハザードマップを策定するなど、着実に防災減災に取り組まれてきたものと存じます。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

本町におきましても、魚津断層帯におけるマグニチュード7.3程度の地震について、今後30年以内に発生する確率は0.4%以上と、決して高くない確率が示されているところでありますが、近年、日本の至るところで発生している地震と、その被害の大きさを考えるとき、災害対応拠点施設である役場新庁舎の整備をはじめ、町の防災体制については、しっかりとした備えが重要であると考えております。  

氷見市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-04号

現在、志賀原発の敷地内の2本の断層は活断層との疑いを否定できないと、国の原子力規制委員会は2015年7月17日に公表しました。原発の新規制基準は活断層上に重要施設を認めておりません。電力供給には必要のない、全く発電せずに電力を消耗しているだけの原発のために、県民や市民防災対策として多額の予算を投資させている志賀原発廃炉を求めるべきではございませんか。

魚津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第3号) 本文

魚津市には魚津断層があり、地震豪雨により土砂災害や水害の危険性を持つ魚津市にとって、受援計画を策定することは重要であると考えます。万が一、大規模災害に見舞われたとき、その膨大な災害対策業務市単独で行うことは限りがあると考えました。  そうした状況を踏まえて、昨今、国では業務継続計画策定とともに受援計画早期策定が望まれております。

黒部市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2号 6月14日)

本年度9月29日実施予定であります富山防災訓練でありますが、魚津断層帯を震源とするマグニチュード7.3の地震発生本市では震度7を観測、それらのことから津波土砂災害等の連動した災害を想定いたしまして、市総合公園宇奈月中学校黒部消防署の3会場での訓練を実施する予定といたしております。  

南砺市議会 2019-06-14 06月14日-02号

平成30年3月定例会において、平成29年12月に、森本・富樫断層帯や邑知潟断層帯での地震発生した場合に大きな被害南砺市に対して想定されると、建物全壊が2,362とか半壊が8,995棟というような大きなものが示されたということであります。その取り組みについて、市の耐震改修促進計画の推進の取り組みについて質問させていただきました。 

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

ことしに入り、高山から延びる跡津川断層帯の東端に位置し、薬師岳登山口の近くを震源地とする地震が3回も発生しております。  また、白川村から大山、中地山に延びる牛首断層帯や呉羽山断層帯と、大きな活断層が3つも通っているにもかかわらず、震度測定地点富山全域で9カ所しかありません。

高岡市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 索引

3 市民の安心・安全の確保に向けて   (1) 地震対策について    ・ 高岡断層の分析が遅々として進んでいないが、国への働きかけの経過と今後の対     応は。   (2) 通学路安全対策の強化について    1) 1学期に事故が集中する傾向があるが、対応策は。    2) 危険箇所の再点検を急ぎ、安全対策の迅速な具体化を。    

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

この訓練における災害想定は、魚津断層帯を震源とするマグニチュード7.3の地震発生し、入善町、黒部市で震度7、朝日町で震度6強を観測。また、富山湾沿岸では、海底断層の活動により津波のおそれがあり、さらには、台風の接近により県東部では広域豪雨発生し、黒部川流域では増水山間部では土砂災害発生しているものとして訓練が実施されます。  

小矢部市議会 2019-03-12 03月12日-03号

志賀原発直下に活断層が存在している可能性を否定できないということを言われておるわけですから、小矢部市としても、そんな危ないものは困るということをおっしゃったらどうかと思うんですけれども、どうでしょうか。 ○議長福島正力君)  総務部長 栢元 剛君。 〔総務部長 栢元 剛君登壇〕 ◎総務部長栢元剛君)  原発ゼロに向けた志賀原発の話かなと思っております。