296件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-09-05 令和元年9月定例会(第5日目) 本文

また、エクスカーションでは、瑞龍寺や高岡大仏など歴史文化遺産めぐりや鋳物制作体験を通じて、海の景色ではない歴史文化、ものづくりの技術など、本市が持つ魅力の広がりと奥深さを感じていただきたいと思っております。  これらによりまして、美しい富山湾の絶景、雨晴海岸はもとより、高岡が持つさまざまな魅力を世界にPRできる大きなチャンスであると考えております。  

高岡市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会(第3日目) 本文

さて、市長が就任された年は高岡開町400年の記念事業に取り組んでいた最中であり、それから10年間、新幹線の開業に伴って交流人口がふえたり、企業誘致も順調に進み、新たな雇用の創出も、また歴史都市日本遺産、ユネスコ無形文化遺産の指定、御車山会館の建設など歴史文化都市として磨きがかかった一方で、新幹線開業に伴う新駅周辺整備などの大型事業による投資的経費が膨らみ、それに合わせて市債発行額が増加したことで

高岡市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会(第2日目) 本文

また、伏木地区には、さきにも述べましたが、加賀藩ともゆかりのある勝興寺があり、高岡市としては、13世紀からの由来を持つ高岡大仏、国宝瑞龍寺、また前田利長公より拝領した安土桃山文化の薫り漂う御車山など、ユネスコ無形文化遺産登録や2つの日本遺産認定も受けております。令和時代の単体だけではなく、万葉から現代までをつないだツアーも本市の持つ強みなのではないでしょうか。  

富山市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1日目) 本文

伝統的文化文化遺産の保存・活用、ガラス工芸などの魅力ある文化の創造などに努めるとともに、市民の自主的な芸術文化活動を支援する必要があります。  文化財保護については、国登録有形文化財である「旧馬場家住宅」の公開に向けた改修工事を進めるとともに、伝統的なまち並みや建造物歴史景観の保全に努めてまいります。  

入善町議会 2018-12-01 平成30年第6回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

また、先ごろ、ユネスコでは都道府県8県、行事件数10件の行事で構成する「来訪神:仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録すると決定しました。日本の伝統行事が世界的な評価を得た瞬間であります。しかし、地元では、過疎化や少子高齢化に伴い神に扮する担い手の確保に困難を来しており、各地で保存活動が進められておる次第であります。

高岡市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1日目) 本文

さらに、地域農業特産物の振興や、本市の持つ観光資源に磨きをかけて日本遺産認定やユネスコ無形文化遺産登録、道の駅雨晴整備事業など、本市の魅力発信に取り組まれております。また、市民の快適環境整備のための側溝整備や、安全・安心を守る消防救急体制の充実、女性消防吏員のための施設整備も図られております。

立山町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 (第2号) 本文

立山町は、立山信仰や伝統芸能などの歴史資源をはじめ、継承するべき文化遺産もたくさんあります。それらを未来の人々に届ける資料として、しっかり保存していくことが立山図書館の役割であるとも考えております。  一度失った物を再び手にすることはできません。そうなる前に郷土資料などのデジタル化を促進することが必要です。

高岡市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会 索引

5 本市の歴史文化遺産への取り組みについて   (1) 平成32年度の勝興寺の修復事業完成に向けて、にぎわい創出のため、万葉まつり    「朗唱の会」会場を勝興寺に変更しては。   (2) 勝興寺で行われるふるこはんフェス開催を通して、今後、勝興寺や周辺地域の活性    化にどのようにつなげていくのか。   

南砺市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−03号

世界遺産の合掌造り集落やユネスコ無形文化遺産の城端曳山祭、プロジェクト未来遺産2017の福野夜高祭、白山ユネスコエコパークなど、多くの遺産を持つ南砺市への誇りを感じるとともに、田中市長の諦めない、そして粘り強い精神がこれらの遺産の認定を生み出していると思い、敬意を表するところであります。  

富山市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文

ユネスコ無形文化遺産に登録されても何ら不思議ではない、けんらん豪華な町民文化の財力と伝統技術が結実した八尾の曳山ですが、それを支える中心市街地の旧町内の人口減少と空き家の増加がとまりません。  八尾町史によれば、今から327年前の元禄4年5月15日の八尾町人口統計書に当時人口1,823人と記載され、現在は2,200人で次第に近づいてまいりました。

富山市議会 2018-03-05 平成30年3月定例会 (第5日目) 本文

同じく昨年6月定例会質問の御答弁の際に、呉羽丘陵フットパスは、白鳥城址や古墳群などの歴史文化遺産に触れることができ、さらには立山連峰や富山の市街地、北陸新幹線などのすぐれた眺望が楽しめるといった多くの魅力を備えており、今後ともより多くの市民観光客の方々に体感をしていただけるよう情報発信に努めるとともに、視点場の眺望の確保や散策路の保全など、適切な維持管理や利便性の向上に努めてまいりたい、という

高岡市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第1日目) 本文

「広域観光の推進」につきましては、ユネスコ無形文化遺産登録を契機として進めてきた飛越能地域自治体との連携、協力により「山・鉾・屋台行事」の魅力を高め、飛越能地域への誘客を図ってまいります。また、とやま呉西圏域の6市で連携し、絶景富山湾や砺波平野の散居村、五箇山の合掌造り集落、各地域に古くから伝わる伝統芸能食文化、伝統工芸など、多彩な観光資源情報を国内外に発信してまいります。  

富山市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第1日目) 本文

伝統的文化文化遺産の保存・活用、ガラス工芸等の魅力ある文化の創造などに努めるとともに、市民の自主的な芸術文化活動を支援する必要があります。  文化財保護については、国登録有形文化財である「旧馬場家住宅」の公開に向けた改修工事に着手するとともに、伝統的なまち並みや建造物歴史景観の保全に努めてまいります。  

南砺市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月07日−02号

昨年12月、ユネスコ無形文化遺産へ登録をされた城端曳山祭の入り込み数がことし過去最高の7万2,000人に達したことは記憶に新しいところであります。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、外国人旅行者の増加がますます予想されることから、外国語表記を含む観光サイン表示の整備が喫緊の課題であると考えております。