78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滑川市議会 2019-06-18 令和元年 6月定例会(第3号 6月18日)

新たな建物の建築確認時には、バリアフリー新法や富山県福祉条例等に基づき、トイレについてもユニバーサル対応の基準を満たしているか、チェックリストにより確認がなされているところでございます。  市が管理する既存施設については、改修の際に法律条例の理念に基づき、トイレに手すりを設置するなどの対応がなされており、今後も手すりを含めたバリアフリー化の推進に努めてまいりたいというふうに考えております。  

富山市議会 2018-06-03 平成30年6月定例会 (第3日目) 本文

13 ◯ 企画管理部長(西田 政司君)  今回の改正による主な変更点は、これまで旧姓使用を認めていなかった身分証明書や辞令書といった職員身分関係に関する文書、あるいは建築確認営業許可、立入検査、徴税等の法令に基づく行政処分に係る文書などについても旧姓使用できるようにその範囲を拡大したものであります。

富山市議会 2017-06-02 平成29年6月定例会 (第2日目) 本文

何よりも昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた建物に対しては、耐震基準が厳格化し、いわゆる新耐震基準として昨今の大地震にも耐え得るような構造になったことに比べまして、それ以前の旧耐震基準公民館安全面で大きく見劣る構造ではないかというふうに思っております。  それで、まず最初に質問をさせていただきます。  それら旧耐震基準公民館は何館あり、耐震基準はどのようになっておりますでしょうか。

立山町議会 2017-06-01 平成29年6月定例会 (第2号) 本文

さて、私自身のことですが、建設課長として着任以来2カ月余りがたつわけでございますが、道路河川など土木系業務だけでなく、地籍調査や建築確認事務公営住宅管理など、抱える業務の幅の広さと住民や事業所の方々とのかかわりの多さを知り、改めて職務の重要性と責任の重大性を痛感しながら、とにかく一日一日、精いっぱい務めているつもりでございます。  

富山市議会 2015-12-02 平成27年12月定例会 (第2日目) 本文

このことによって、これまで都市計画区域外であった婦中地域の一部が都市計画区域となることから、土地利用のコントロールが一定程度可能になり、住環境や営農環境の悪化を軽減させることとなる一方、建築確認申請や開発行為許可申請など新たに手続が必要となる場合もあります。関係する市民の方々には丁寧に説明を行う必要があると考えます。  

富山市議会 2014-06-04 平成26年6月定例会 (第4日目) 本文

例えば、少なくとも平成14年5月ごろにわかっていて、はっきりそのようにおっしゃっておられたら──建築確認申請は平成14年11月に行われている。そして、工場の建設の着工は平成15年1月からなのです。ですから、半年間もあるのです。なぜそこで本当に明確にされなかったのか。これは同じような質問になってしまうのですが、どうして明確にされなかったのですか。

滑川市議会 2013-09-11 平成25年 9月定例会(第2号 9月11日)

こんな中でありながらでも、いわゆる宅地になっているところの用途変更、用途変更というのは当然、建築確認申請すれば用途変更になるわけですね。そういう中で私はいいなと思うんですが、それを再度協定書を出して市のほうで選別しますよというものでありまして、これは簡単なものであればいいんですが、14項目あるんですよ。

富山市議会 2013-06-04 平成25年6月定例会 (第4日目) 本文

また、御質問のアパートにつきましては、建築基準法など関連した法令で定められた要件に合致していることから、民間の確認検査機関により建築確認がなされ、適正な手続が行われたものであり、特定の企業建設するということだけで反対するということは公正を欠くことであり、ましてや、その集合住宅建設される前から、新しい住民がごみ出しのマナーを守らず、除雪などに協力しないという先入観を持って接することは、お互いに不幸

滑川市議会 2013-03-12 平成25年 3月定例会(第4号 3月12日)

その中で建築確認申請というものがございます。建築基準法に基づく許可でございますけれども、それをとる場合において、消防法に基づく確認申請の中で、今すぐやらなくてはならないもの、5年以内にやるべきもの、やらなくていいものといった区分けがあるわけでございますけれども、そういう中で、例えば竪穴区画、これは防火区画と申しますけれども、それについては改修工事と一緒にやる必要があります。

滑川市議会 2012-12-10 平成24年12月定例会(第2号12月10日)

それで、一番最初、10月10日ぐらいに一遍、造成しますよ、説明会をしますよという簡単な文書が松倉地区の会長のところへ届いたそうなんですが、その時点で魚津市富山県にいろいろ問い合わせたところ、造成段階ではなかなか難しいんですが、例えば建築確認申請が出た段階ぐらいからは、もっと県も魚津市も私のところも動けるんじゃないかということで、現段階ではこちらからタカムラに働きかけることはないということで、造成の

滑川市議会 2011-12-09 平成23年12月定例会(第3号12月 9日)

それだけで次は何か建築確認という申請もあるというようなことでございますけれども、これはどうしてもこの隣接地に3,500平米の土地を用意しなければ建設ができないということなんですね。これをお願いいたします。 ○議長(開田晃江君) 小幡産業民生部長。 ○産業民生部長(小幡卓雄君) お答えします。  家畜伝染病予防法の例の埋却に必要な土地の確保につきましては、建設着工の条件ではありません。

滑川市議会 2011-06-16 平成23年 6月定例会(第2号 6月16日)

次の質問の答弁もいただいたところでございますが、一般住宅、とりわけ新築される需要家さん方について、今後、太陽光発電システム設置を推進するため、先ほど言いましたPRを行っていただくわけでございますが、ホームページ以外に、あるいは住宅建設の場合、建築確認申請が出るわけでございます。そういった連携もあってもいいのではないかなと。

滑川市議会 2011-03-14 平成23年 3月定例会(第4号 3月14日)

計画確認申請の図面では、現在横にあります用水路放流先、これが第一次放流先ということで、そこが確保されていれば、建築確認上はその先のことについては不明確であっても、確認済証をおろさなければならないということで、おりていると。  これに関しても、私のほうで、新川土木センターさんへ行って、「見てください。先ができていないし、全体計画もできていないじゃないか。