4598件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2020-07-01 令和2年第17回(7月)臨時会

今月2日には、町内でも初となる感染が確認されたところでありますが、濃厚接触者学校関係者の検査結果は、全て陰性とのことであり、安堵したところであります。  感染された方のいち早い回復をお祈りしますとともに、第2、第3の感染が発生しないよう願うものであります。  町民皆様には、いま一度、「新しい生活様式」の実践による予防対策の徹底をお願いいたします。        

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

これまで述べさせていただきましたように、段階的に学校生活のレベルを上げてきたことにより、児童生徒の体も心も学校生活になじんできていると聞いており、これまでの取組の効果があったものと考えているところです。  体育部活動については、スポーツ庁からの「学校体育授業におけるマスク着用必要性について」の通知に沿って、マスクを外し、3密を避けて実施しております。

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第1号)  提案理由説明

町内でも公共施設等利用が再開されるとともに、小中学校は今月から通常の授業に戻りました。店舗などの営業も順次再開されるものと思います。この間の子どもたち保護者、そして地域皆様関係各位の御協力に改めて感謝を申し上げます。しかしながら、完全に終息したということではないので、今後は、打撃を受けた地域経済の再生に向けた対策と第2波の感染防止に向けた対策の両方が大切になるものと考えます。

入善町議会 2020-06-01 令和2年第16回(6月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

町ではこれまで国や県の補助事業を活用しながら、農業用水路への転落防止対策として、小中学校通学路住宅密集地などにおいて、危険性の高い箇所から優先的に防護柵の新設や更新に取り組んでまいりました。しかしながら、全ての農業用水路防護柵整備や水路の蓋掛けなどハード対策を行うには限界があることから、事故防止のための広報や啓発活動などのソフト対策を推進していく必要があると考えております。  

富山市議会 2020-05-01 令和2年5月臨時会 (第1日目) 本文

今回、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための学校休業保育所などの利用自粛仕事を休むことを余儀なくされた保護者、とりわけ収入が減った独り親の方、また仕事自体を失ってしまった独り親方々、さらには、お孫さんの面倒を見ておられる祖父母の方々に富山市独自に支援しようという施策で歓迎の声が聞かれます。  

入善町議会 2020-05-01 令和2年第15回(5月)臨時会

町といたしましても、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、子どもたちの安全を考慮して、小中学校臨時休業を5月31日まで再延長したほか、公共施設利用などにつきましても、小中学校と同様に利用中止期間を延長したところであります。  あわせて、引き続きの不要不急外出自粛などを呼びかけ、感染拡大防止に努めてきたところであります。  

入善町議会 2020-04-01 令和2年第14回(4月)臨時会

町といたしましても、2月下旬に千葉県からの感染者が県内を訪れていたことが判明したことを受け、同月25日に「新型コロナウイルス感染症対策会議」を行って以来、4月からはこの会議対策本部と位置づけ、町主催イベント行事実施の是非、子どもたちの安全を考慮しての小中学校休業や再開、あるいは保育所学童保育などの運営方針の決定、感染拡大防止するための公共施設利用中止、加えて、町民の皆さんへの感染症予防対策

黒部市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第4号 3月23日)

――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(辻 泰久君) 日程第4、「観光振興及び交流人口増加による都市活性化について」、「学校統合及び学校跡地の利活用について」並びに、「議会改革に関わる事項について」、以上3件を一括議題といたします。  本3件を付託した各特別委員会の審査の結果について、各委員長から報告を求めます。  

小矢部市議会 2020-03-19 03月19日-04号

4点目は、小中学校統廃合については、議会との連携を図り、慎重に実施すること。 5点目は、移住・定住施策については、定住支援課中心に全庁挙げて、関係人口定住人口の増につながるよう、効果的な事業実施に努めること。 6点目は、新市民図書館の完成を機に、駅周辺にぎわいづくりに取り組むこと。また、石動駅を中心とした公共交通機関利便性を高め、まちなか誘導を推し進めること。 

射水市議会 2020-03-18 03月18日-04号

一方、歳出では、国の補正予算を活用した学校情報通信ネットワーク環境施設整備に要する経費のほか、事業費の確定などに伴う経費の精算による補正などであります。 債務負担行為については、コミュニティセンター管理等業務など、15件について補正を行うものです。 質疑では、通学路交通安全プログラム対策工事ふるさと射水応援基金などについて活発な意見交換がありました。

氷見市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会−03月17日-04号

平成20年4月1日から20年間、学校法人金沢医科大学指定管理者として氷見市が指定し、公設民営金沢医科大学氷見市民病院としてスタートしたわけであります。平成19年の11月22日、氷見市と学校法人金沢医科大学との間で結ばれた基本協定並びに細目協定病院経営に関しての負担割合について、そして大学は地域住民に安定的かつ良質な医療サービスを提供することを規定しております。  

氷見市議会 2020-03-10 令和 2年 3月定例会−03月10日-03号

また、父兄の間では、小中学校で身につけたスキルというものが高校に行くと十分に生かし切れない、いわゆる小中学校のほうがICT教育が盛んだということだとは思いますけれども、そういったことが話題にもなっておりますので、教育長にはその辺も調査した上で、県の教育長会議などを通じて対応していただくようにお願いをして、私の質問を終わります。 ○議長荻野信悟君) 7番 正保哲也君。  

滑川市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第4号 3月 9日)

県で定めている小中学校宿泊学習実施基準により、宿泊学習には学校医もしくは養護教諭など1名が引率することとなっています。  宿泊学習養護教諭が引率する際における在学児童生徒への対応については、保健主事管理職などで対応し、感染症等の疑いがある場合は学校医に相談することとしております。また、学校によっては元養護教諭にご協力いただいているところであります。  

氷見市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会−03月09日-02号

最初の質問は、小中学校長期臨時休校についてであります。  新型コロナウイルス感染拡大に伴い、安倍晋首相から、2月27日の夕刻に、全国全ての小中学校、高校特別支援学校に対して、3月2日から春休みの間、臨時休校するようにとの要請がありました。首相の突然の休校要請に、各自治体や学校現場において、その対応に苦慮したことと思います。