2件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

魚津市議会 2010-09-01 平成22年9月定例会(第3号) 本文

日本帝国憲法のもと、地方自治はなく、市長も議会が推薦し、内務省認可をしておりました。  マッカーサーは民主政治を普及するために、知事や市長の直接公選制は譲りませんでした。日本官僚は、特に知事職についてはどうしても内務省時代の統制がないと日本が混乱すると考えたようです。しかし、マッカーサーは直接公選制を譲らないので、せめて直接公選後に国家公務員とするように譲歩を迫りました。

魚津市議会 2004-06-01 平成16年6月定例会(第4号) 本文

教育基本法は、戦後改革の中で、過去の反省を踏まえて日本帝国憲法教育勅語にかわるものとして、現行憲法と一体のものとしてつくられたものです。  戦前の教育は、教育勅語を中軸として、教育国家天皇のための「忠良なる臣民」を育成することを目的とし、国体への忠誠心、そして有事の際には国家のために身を捧げ、公のために尽くすことが求められました。

  • 1