132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

なお、地球環境戦略研究機関(IGES)──これは日本機関外務省外郭団体です──このIGESと共同で作成しました富山市SDGsレポートを、昨年のHLPFでIGESのほうから報告をしていただいておりました。私が行けなかったので。その後、さまざまな都市から反響がございました。

富山市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会 (第3日目) 本文

平成31年3月定例会において、富山市外郭団体である大山観光開発株式会社の抜本的な経営改善方針が発表されました。このことを受けて、地元旅館組合では、グリーンシーズンの宿泊者確保に向けて強い危機感を持って会合を重ね、立山山麓に泊まった宿泊者に限り、有料にて室堂ターミナルまでの直接バス運行を開始しようと今動き出しました。  

富山市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会 (第2日目) 本文

ほかにも、外郭団体やイベントに対する補助金については、金額を固定するのではなく、実績に応じて定率で交付すべきであるとか、補助金の交付に当たっては、市として統一的な基準を設けておくことが必要であるといった内容が述べられております。  さらに、富山市補助金等交付規則において規定されている富山市補助金等交付適正化審議会を開催して、より客観的で合理的に補助金の見直しを行うことも求められております。  

富山市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 (第1日目) 本文

計画的で効率的な行財政運営の推進については、第3期富山市行政改革実施計画や定員適正化計画などに基づき、事務事業の見直しや定員等の適正化、外郭団体を含む組織の見直しなどに取り組むとともに、民営化指定管理者制度など、民間活力の活用を図りながら、行政サービスの効率化と質の向上に努めてまいります。  

富山市議会 2018-06-03 平成30年6月定例会 (第3日目) 本文

本年3月定例会総務文教委員会において、外郭団体の将来性の方向性について富山市外郭団体のあり方検討委員会からの答申が発表されましたが、売却、廃止、解散などの言葉だけがひとり歩きをしている状況にあります。対象団体の経営陣に対して奮起を促すためだろうとは思いますが、周辺住民や利用客に大きな不安を与えてしまっている影響にもう少し配慮して、表現に工夫が欲しかったなとも感じております。  

滑川市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

全体の今の外郭団体についても報酬について再検討したいということを市長さんが言ってくださいましたので、私、今の機会に出したんです。  新しくもう一度市長の思いと、少しのゆとりを持ってこの後を考えていただければいいと思って出しましたので、誰かを責めておるとかそういうことではありませんので、よろしくお願いします。  その次、2つ目です。あわせて考えていただくときにお願いしたいのは、(2)ですね。

富山市議会 2018-03-08 平成30年3月定例会 (第8日目) 本文

さらに、地域住民にとってつながりの強い公共施設の廃止や、外郭団体解散を含めた見直しなどの将来の方向性が明らかにされ、このような方向性を踏まえて外郭団体のあり方の見直しに関する指針を策定して、改革を実施していくという新年度予算には賛成できないとの観点からの反対討論がありました。  採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決しました。  

富山市議会 2018-03-04 平成30年3月定例会 (第4日目) 本文

高岡市がどうだったかということを本会議場で論評する立場にありませんが、いずれにしても、定員適正化だとか、事務事業の見直しとか、外郭団体を含む組織の見直しやファシリティマネジメントなどを着実に進めてきたところです。  財政調整基金については、今もお話がありましたが、平成17年の合併時点では43億円でしたけれども、現在65億円とか66億円とかということです。  

高岡市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会(第3日目) 本文

我が会派では、外郭団体指定管理者のあり方はもとより、補助金や指定管理料の考え方など、今後は一定の削減率にこだわらず、ゼロベースからの抜本的な見直しを行っていく必要があると考えます。  このことを踏まえた上で、1点目の質問として、財政健全化緊急プログラムの達成の見通しと完遂に向けての決意をお伺いします。  また、先日、公共施設再編計画に関する市民説明会が市内5カ所で開催されました。

富山市議会 2018-03-02 平成30年3月定例会 (第2日目) 本文

平成28年度からの第3期富山市行政改革実施計画では、最重点事項のうちの1つとして、外郭団体のあり方の検討を掲げています。  平成28年度から、富山市外郭団体のあり方検討委員会において、外郭団体ごとの将来の方向性について実際に検討されていますが、今回、抜本的に外郭団体のあり方の検討を行うこととした狙いは何か、答弁を求めます。  

富山市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第1日目) 本文

計画的で効率的な行財政運営の推進については、第3期富山市行政改革実施計画や定員適正化計画等に基づき、事務事業の見直しや定員等の適正化、外郭団体を含む組織の見直しなどに取り組むとともに、民営化指定管理者制度等、民間活力の活用を図りながら、行政サービスの効率化と質の向上に努めてまいります。  

滑川市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会(第3号12月19日)

迎賓的な考えがちょっと持ちにくい体質になっているということを日ごろ私も思っておりますが、全体の今の外郭団体につきましても、報酬について再度検討してまいりたいと、このように思っています。  以上です。 ○議長(原 明君) 開田晃江君。 ○13番(開田晃江君) 最後に言おうと思っておりました。ある地区では、3月に定年退職した人が、定年退職しました。新しい人が来られました。

滑川市議会 2017-09-12 平成29年 9月定例会(第3号 9月12日)

その後、平成11年からエネルギー使用合理化海洋資源活用システム開発という研究が始まりまして、この研究は、通産省外郭団体である新エネルギー・産業技術総合開発機構、いわゆるNEDOから社団法人日本海洋開発産業協会、いわゆるJOIAへ委託がされまして、平成11年度から15年度まで続いております。  その中で、平成13年8月、滑川沖にもう一本の海洋深層水の取水管が敷設されております。

富山市議会 2017-03-06 平成29年3月定例会 (第6日目) 本文

富山市には、シルバー人材センターやファミリーパーク公社をはじめ多くの関係団体外郭団体があり、市の現役や退職した幹部が主要な役員ポストについています。これらの団体は、自治体職場には該当せず、したがって、そこで働く職員は改正労働契約法によって保護される対象です。もしこれらの団体で法の趣旨を逸脱した行為が発生すれば、監督、指導責任を問われることになります。

富山市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会 (第1日目) 本文

計画的で効率的な行財政運営の推進については、第3期富山市行政改革実施計画や定員適正化計画等に基づき、事務事業の見直し、定員及び給与の適正化、外郭団体を含む組織の見直しなどに取り組むとともに、民間委託民営化指定管理者制度等、民間活力の活用を図りながら、行政サービスの一層の効率化と質の向上に努めてまいります。