57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

町では、熊の出没や鳥獣による農作物被害の増加を踏まえ、有害鳥獣の捕獲報償を増額するとともに、熊捕獲おりとイノシシ捕獲おりの増設、侵入防止柵の設置の支援など設備対策を充実し、鳥獣被害の防止に努めております。新年度も継続して、捕獲頭数の増加などを見込み、捕獲強化に取り組む予定であります。  また、町内におけるニホンジカの目撃情報が寄せられていますが、農林業被害の報告は受けておりません。

富山市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第4日目) 本文

ひきこもりサポート事業では、若年対策目的として、内部の関係各課で構成するひきこもり予防ネットワーク会議と、中高年対策目的として、外部の有識者等で構成するひきこもり丸ごとサポートネットワーク会議を開催しており、今年度の当初予算は、報償や会議開催費などとして23万6,000円を計上しております。  

富山市議会 2019-06-04 令和元年6月定例会 (第4日目) 本文

本事業は、まず1つに、特定非営利活動法人や当事者団体等が中心となる地域ふれあい型と、2つには、介護予防ふれあいサークル事業など、高齢者などを対象として既に地域で実施されている事業に、新たに原則64歳以下の方の誘い出しを促す共生型の2つの形態とし、それぞれ概ね月2回以上活動することを条件として、事業に要する報償や会場借上料等の経費について、地域ふれあい型につきましては月額3,000円、共生型につきましては

立山町議会 2018-03-01 平成30年3月定例会 (第3号) 本文

国や県では、競技の専門知識を有し、大会や練習試合など学校外での活動の引率が可能な部活動指導員の配置事業の補助制度が創設されることから、雄山中学校に配置するため報償等の予算を新年度予算に計上させていただきました。指導員の数は、県の配置基準により1名です。  部活動指導員は、1日2時間、週3日、年35週の年間210時間配置される予定です。

氷見市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会−12月19日-04号

また、氷見市まち・ひと・しごと創生総合戦略事業を推進するために招聘した外部アドバイザーについても、その役割や位置づけ、事業の成果報告及び進捗に合わせたPDCAについて不透明な部分があり、報償及び旅費の支払いにおいて、その妥当性に疑念が生じております。  なぜこのような事態が繰り返されてしまうのか。

氷見市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会-12月13日-03号

まず報償につきましてです。これは、先ほど答弁で申し上げました西川りゅうじん氏や中澤さかな氏など、あと、その他いろいろ外から来られた方に対しての報償ということでございます。こちらにつきましては、約600万円ほどを見込んでいるところでございます。  あと、それに関連する旅費ということで、大体130万円程度を見込んでおります。  

氷見市議会 2016-06-24 平成28年 6月定例会−06月24日-04号

本年3月定例会において、慶應大学の玉村教授へのアドバイザーとしての報償480万円、旅費280万円などを内容とする総合計画後期基本計画策定調査事業については、政策厚文委員会の審議を経て、「市長選後に、時の市長の考えのもとに取り組むべき」として全額を減額したものであります。  玉村教授への報償の内訳は、1回当たり10万円、月4回、年480万円であったものであります。  

高岡市議会 2015-12-05 平成27年12月定例会(第5日目) 本文

次に、今後も有害鳥獣の捕獲数増加が見込まれる中、平成28年度当初予算においてもイノシシ捕獲報償を増額してはと考えるが見解はとの質疑に対し、有害鳥獣の中で被害額が最も大きいのがイノシシであり、駆除だけでなく電気柵や捕獲おりなどの被害対策をとっている。市の施策に加え、猟友会等との連携が必要な対策もある。

入善町議会 2015-12-01 平成27年第13回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

運営管理などでお世話になっている協会員の方には、仕事に見合った報償などを支払い、町民の利用料は統一すべきであります。そうでなければ、一部の協会員にだけ負担が集中することと同時に、町民には不公平感が残ることになります。  次に、自治振興費の地区振興助成についてであります。  振興助成金の額が地区住民の納税率で決められるのは合理的な説明ができないと、これまで議会で何度も指摘されてきました。  

入善町議会 2015-09-01 平成27年第11回(9月)定例会(第1号)  提案理由説明

まず、主な歳出でありますが、総務費では、ふるさと納税の寄附者の増加に伴う返礼品に係る報償の増額をはじめ、マイナンバー制度施行に伴う情報セキュリティ対策に係る機器リース料のほか、国の補助金を活用して、観光防災の町有拠点施設におけるWi─Fi整備に係る工事請負費などを計上いたしております。  

立山町議会 2015-06-01 平成27年6月定例会 (第3号) 本文

有害鳥獣捕獲業務について、報償や担当エリアの線引き、連絡・指示系統を問う質疑があり、担当エリアは隊員の家付近とし、基本は現場の最寄りの隊員に出動を要請するが、連絡がとれない場合は、動きやすい方へ連絡し、すぐに対応できるようにしているとの答弁がありました。  

富山市議会 2014-06-05 平成26年6月定例会 (第5日目) 本文

制作者との契約に要する国際弁護士報償輸入手続などに要する美術品の仲介業務委託料、グラスアートガーデンの展示内装等設計業務委託料で、一般財源から4,278万1,000円の計上、作品制作、設置等の経費、輸入手続等に要する美術品の仲介業務委託料で、今年度と来年度2カ年の債務負担行為、限度額が3億7,080万円です。  

氷見市議会 2014-03-13 平成26年 3月定例会−03月13日-03号

今年度の研修は、勤務時間内の4,500時間を超え、また新年度に予定されている研修の総時間はわかりませんが、予算額で委託料、報償の合計で1,286万9,000円計上されております。この研修内容は、全て将来に向けての総合的能力アップが目的のように思われます。  新しい市長がみずからの理念、理想を実現するために、将来に向けての研修をさせるのは理解できます。

高岡市議会 2014-03-07 平成26年3月定例会(第7日目) 本文

次に、平成25年度予算と比較して特別支援活動事業費が増加している理由はとの質疑に対し、特別支援活動事業費は教育委員会が委嘱する有償ボランティアであるスタディ・メイトに対する報償である。平成26年度は25年度と比べて学校への配置数は変わらないが、1回4時間当たりの単価を2,800円から2,900円に引き上げ、改善を図ったものであるとの答弁がありました。  

高岡市議会 2013-12-04 平成25年12月定例会(第4日目) 本文

報償の増額につきましては、対応が必要な児童生徒の増加に伴い年々配置数をふやしてきている事情もございまして難しいものがあると考えております。また、スタディ・メイトの増配置については、年々学校からの配置要望数がふえている実情を勘案し、学校の状況も見ながら来年度以降の配置を考えてまいりたいと存じております。  

立山町議会 2013-03-01 平成25年3月定例会 (第2号) 本文

次、委員謝礼とあるが、選定委員は各競技の専門知識のある者の中から選ぶのかとのご質問でありますが、委員謝礼とは、設計案として提案された中から選定委員に指名された皆様で最優秀案を選定していただくわけでありますが、その設計業者を選ぶときの選定委員さんの報償であります。選定委員の中には、各武道の専門知識を有する方をお願いしたいと思います。