2400件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会 (第6日目) 本文

55 ◯ 市長(森  雅志君)  とにかく唐突にこの話が起き上がって、検討する余地も時間的余裕もない中で始まったことから、ハレーションが起きているということの典型的な例だというふうに思いますから、基本的には国の責任において増額する費用というものは見ていってもらいたいということは本音として強く思っています。  

高岡市議会 2020-03-05 令和2年3月定例会(第5日目) 本文

主な注意点としましては、感染予防のための臨時休業であり、ウイルス感染をしないように、人混みを避け、不要不急の外出を控えること、早寝・早起きを基本とし、基本的な生活習慣を維持すること、交通安全や不審者に十分注意すること、ゲームやSNSの利用の時間を守り、ネットトラブルやネット犯罪に巻き込まれないことなど、安全指導にも注意を配っております。  

富山市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会 (第2日目) 本文

次に、第2期総合戦略に位置づけた主な施策を4つの基本目標ごとに申し上げますと、基本目標1の「産業活力の向上により、安定した雇用を創出する」では、公民連携によるPPP/PFI事業の活用促進をはじめとして、企業版ふるさと納税を活用した事業の推進、さらには、無人トラクターや株間除草ロボットの導入などAIを活用したスマート農業を通じて、新たな雇用の創出や新産業育成を図ることとしております。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第3号) 本文

被災者台帳システムは、地理情報システム(GIS)と住民基本台帳、障害者福祉に関する情報等を連携させ、システム上で一元管理するシステムです。  災害時には、このシステムに建物等の被害に関する情報を入力し、被災・罹災証明に関する申請、被害調査の進捗情報、各種証明書の発行または支援制度の状況等を管理することができます。  

立山町議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 (第1号) 本文

令和2年度予算編成に当たっての基本的な考え方について申し上げます。  令和2年度当初予算は、新たな総合計画を策定する年度だからこそ町長方針2020「Tateyama town リ・デザイン2022」を昨年11月に職員に示し、「町のかたちをリ・デザイン(再設計)」するという強い決意でもって、予算編成に取り組みました。  

立山町議会 2020-02-01 令和2年2月臨時会 (第1号) 本文

また、野生イノシシの豚コレラ感染や、有害鳥獣問題など課題は山積しておりますが、今年度は「第10次総合計画基本構想」策定の年でもあり、立山町のこれからの10年間、どんな未来を描くのか、注視されるところであります。4期目を折り返される舟橋町長は、持ち前の行動力とスピード感をもって手腕を振るわれると思いますが、2元代表制として、私たち議会も町民の声をしっかりと届け、是々非々で臨みたいと思います。

黒部市議会 2019-12-19 令和元年第5回定例会(第4号12月19日)

みなさんもご存じのとおり、平成28年11月から第2次総合振興計画検討特別委員会を設置し、約1年間かけ、2018年より2027年までの10年間の基本構想、2018年から2022年までの5年間の前期基本計画を審査し、昨年の6月定例会で原案可決、採択され現在に至っております。  請願の事業費は約48億3千万円にも上る事業費であります。新幹線黒部温泉駅周辺整備事業を上回るものであります。