364件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日目) 本文

学校におきましては、大雨や台風による洪水土砂災害地震津波などさまざまな自然災害を想定した防災避難訓練を毎年実施しております。その際には、PTAと連携しました子供の引き渡し訓練も全ての小学校で実施しております。  東日本大震災におきましては、岩手県釜石市において3,000人に近い小中学生のほぼ全員が避難し、奇跡的に無事であった例があります。

富山市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会 (第2日目) 本文

次に、大雨による洪水土砂災害対策について伺います。  気象庁はことし5月から、大雨による洪水土砂災害の切迫度を5段階で示す警戒レベルの運用を始めました。本市においても、7月には気象庁が提供する危険度分布を利用した「ヤフー」からのプッシュ型通知を何度も受信いたしました。  もちろん私は、空振りを恐れない早期避難こそ、危機管理の鉄則であると考えております。

高岡市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第1日目) 本文

本市においても、先月30日に、土砂災害の発生が懸念されたため、4,901世帯に対し避難勧告を発令いたしました。防災の日の今月1日には伏木、牧野地区で総合防災訓練を行ったところでありますが、これらの訓練を通じ、今後とも市民安全確保に努め、災害への備えを万全にするべく取り組んでまいります。  改元から4カ月余りがたち、我が国は新元号「令和」のもとで新しい歩みを進めております。

高岡市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 索引

(5) 土砂災害警戒区域における防災意識向上のための取り組みは。   (6) 急傾斜地対策に迅速に取り組むべきと考えるが、見解は。  3 子供たちのネットトラブル対策について   (1) 子供たちのネットトラブルの現状は。また、トラブルはどのように把握しているの    か。   (2) ネットパトロールの実施状況は。   (3) 地域保護者によるネットパトロールを推進しては。

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第2号) 本文

水害土砂災害は、頻度も可能性も高いと言われております。昭和44年8月豪雨、50年が経過しました。半世紀たった今でも、私もそうでありますけれども、しっかりと覚えている人も少なくないと、本当にびっくりしております。  いつ発生するかわからない地震も、事前の備えを行っていても、実際に経験をしたことがない重要な災害と認識していくことが大切と思います。  

立山町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 (第3号) 本文

今回の台風による停電は、東京電力によりますと、配電線が広範囲で損傷したこと、山間部の倒木や土砂災害により現場に近づくことが難しかったこと、配電線への倒木の接触数が多く伐採に時間がかかったことにより、復旧作業に時間を要しているということでありました。  被害を受けられた皆さん方には、改めてお見舞いを申し上げますとともに、一日でも早く通常の生活に戻られることを願っております。  

氷見市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会−06月28日-04号

今後、集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害等が心配されますが、富山県が更新をいたしました洪水浸水想定区域、土砂災害警戒区域をもとに作成いたしました氷見市洪水土砂災害ハザードマップを来月早々に全戸に配布するなど、市民安全・安心の確保に万全を期してまいります。  また、梅雨が明けますと、いよいよ本格的な暑さを迎えることになります。  

黒部市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第1号 6月 6日)

本市の豪雨にかかる水害対策土砂災害対      策の現状を伺う。   (2)過日、総務文教委員会愛媛県西予市を視察した。昨年7月上旬の集中豪雨で      肱川堤防が決壊し、死亡6人の人的被害と全壊303件ほかの建物被害、ピー      ク時避難者954人となるなどの大災害であった。

立山町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会 (第2号) 本文

平成27年に国、県、町が共同で、土砂災害を想定した合同防災訓練で、東谷地区の区長の皆さんを対象としたDIG訓練を実施しました。  毎年、県主催の自主防災組織のリーダーを育成することを目的とした研修会が開催されます。町では、各地区の区長や自主防災組織のリーダーの方々に、この研修の受講をお願いしております。

氷見市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会−03月11日-02号

防災危機管理監(茶木隆之君) 今年度は全国各地で大規模な災害が発生し、本市におきましても、議員おっしゃられたとおり、8月31日の大雨、9月の台風21号などにより、土砂災害洪水のおそれから避難勧告等の避難情報を発令し、指定避難所を開設しております。  避難所というのは被災者住宅を失うなどにより一定期間生活する場所であり、避難場所は一時的に身を守る場所ということであります。  

高岡市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日目) 本文

中山間地は土砂災害警戒区域に該当する地域が多く、安全を確保するために区域外への避難が必要であります。特に沢川地区におきましては高齢者が多く、集落全体が地すべり危険区域の中にありまして道路寸断による孤立の可能性があることから、早期の自主避難が必要であります。市では、避難場所であるロッジ山ぼうしまでバスの送迎を行っておりまして、高齢者の方の安全・安心の確保に努めております。

高岡市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日目) 本文

河川洪水土砂災害地震だけでなく、昨年などはイノシシ目撃情報や竜巻情報まで、合わせて十数回にわたり送られてきました。  適切な避難行動をとるためには、国や自治体から発信されている情報が迅速に届くことが必要です。しかしながら、携帯電話等の端末を所有していない方も現実におられます。

富山市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会 (第3日目) 本文

気候変動の影響につきましては、多分野において顕在化し、今後さらに深刻化するおそれがある中、本市におきましても、年平均気温の上昇による桜の早期開花や、降水量の変化に伴う土砂災害リスクの増加、猛暑日の増加による熱中症患者の急増など、地球温暖化による生態系健康面への影響があらわれてきております。  

富山市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会 (第2日目) 本文

近年、地震土砂災害水害など、想定を超える大規模な自然災害が激甚化、頻発化しており、各地で甚大な被害をもたらしています。  いかなる災害からも生命と暮らしを守ることは政治の最大の使命と責任であり、安全・安心な地域づくりに資する防災減災対策インフラ老朽化対策を進めることは喫緊の最重要課題であります。