11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

滑川市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3号12月10日)

しかしながら、国家賠償における最高裁の判例等を見ますと、当該営造物の設置または管理瑕疵があったかどうかと、管理瑕疵があったかと言えるかどうかは、当該事故当時において当該営造物の構造、用法、場所的環境及び利用状況等諸般の事情を総合考慮して、個別具体的に判断するものというふうにされております。  

黒部市議会 1998-12-18 平成10年第5回定例会(第3号12月18日)

の一部改正について             (3件 提案理由説明質疑委員会付託省略討論表決)  第3  請願第3号  食料自給率を引き上げ、日本の食と農を守る意見書採択を求める請願      請願第4号  国民本位公共事業推進執行体制拡充を求める請願      請願第5号  コメ完全自由化関税化)を許さず、WTO協定改定を求める請願書      陳情第4号  「治安維持法犠牲者国家賠償

小矢部市議会 1998-12-18 12月18日-03号

陳情受理番号第22号 「非核自治体宣言」の決議についての陳情書につきましては、全会一致で保留すべきもの、陳情受理番号第27号 「治安維持法犠牲者国家賠償(仮称)」の制度政府に求める意見書提出を求める陳情書につきましては、全会一致で不採択とすべきものと決定いたしました。 なお、審査の過程において次のような意見がありましたので申し述べます。 

黒部市議会 1998-12-11 平成10年第5回定例会(第2号12月11日)

黒部税条例の一部改正について      議案第65号 市道の路線の認定について (5件 質疑委員会付託)  第2  請願第3号  食料自給率を引き上げ、日本の食と農を守る意見書採択を求める請願      請願第4号  国民本位公共事業推進執行体制拡充を求める請願      請願第5号  コメ完全自由化関税化)を許さず、WTO協定改定を求める請願書      陳情第4号  「治安維持法犠牲者国家賠償

立山町議会 1997-12-01 平成9年12月定例会 (第3号) 本文

次に、請願陳情第14号 治安維持法犠牲者国家賠償(仮称)の制度支持政府への意見書提出について紹介議員からは、治安維持法は、誕生のそのときから国民の思想の自由を絶対に認めないという取締法であり、政府が天皇の名で緊急勅令として、国会審議抜きで成立させた治安維持法によって、戦争に反対する者は「国賊」とされ、自由主義者宗教者までこれによって弾圧を受け、獄死者虐殺者が多数に上り、国連では「戦争犯罪及

黒部市議会 1997-09-19 平成 9年第5回定例会(第4号 9月19日)

平成8年度黒部公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について     認定第 8号 平成8年度黒部漁港利用調整事業特別会計歳入歳出決算認定について     認定第 9号 平成8年度黒部病院事業会計決算認定について     認定第10号 平成8年度黒部水道事業会計決算認定について             (10件 委員長報告質疑討論表決)  第4 請願第 6号 治安維持法犠牲者国家賠償

黒部市議会 1997-09-10 平成 9年第5回定例会(第2号 9月10日)

号 平成8年度黒部公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について     認定第 8号 平成8年度黒部漁港利用調整事業特別会計歳入歳出決算認定について     認定第 9号 平成8年度黒部病院事業会計決算認定について     認定第10号 平成8年度黒部水道事業会計決算認定について                 (12件、質疑委員会付託)  第2 請願第 6号 治安維持法犠牲者国家賠償

立山町議会 1997-09-01 平成9年9月定例会 (第3号) 本文

請願陳情第14号 治安維持法犠牲者国家賠償(仮称)の制度支持政府への意見書提出については、紹介議員からは、日本が敗戦に当たりポツダム宣言を受諾したことにより、治安維持法は、反人道的・反民主的で軍国主義を推進した最大の悪法だったとして廃止されましたが、この法律によって有罪判決を受けた人々は無罪になりました。

立山町議会 1995-12-01 平成7年12月定例会 (第3号) 本文

請願陳情第12号 治安維持法犠牲者国家賠償(仮称)の制定支持し、政府に対し意見書提出を求める請願書請願者治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟富山支部支部長経田弥吉朗氏であります。  紹介議員からは、治安維持法国民弾圧法であり、多くの人が逮捕され、拷問、投獄された。立山町にも犠牲者がおられる。

  • 1