1863件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高岡市議会 2020-03-06 令和2年3月定例会(第6日目) 本文

56 ◯産業振興部長川尻光浩君) 県においては、高岡市長をはじめ、地元関係者や経済関係者として地元及び周辺市の商工団体産業団体に加え、近隣の集客環境を踏まえ、若者や親子が気軽に集い、楽しみ、学べる場としたいとの考えから、集客・交流機能の拡充に向けて、子育て世代やPTA、eスポーツ関係者など幅広い視点、世代で委員を構成したと県より伺っております。

高岡市議会 2020-03-03 令和2年3月定例会(第3日目) 本文

次いで、これからも将来にわたって公共施設、そして公共サービスを維持していくには、民間の知恵や資金を活用しながらコスト削減や行政効率化を図ることが必要であり、官と民が連携して行うPPPを進める必要があり、現に国において、今後多くの公共施設等が老朽化による更新時期を迎える中、公的負担の抑制に資するPPP/PFIが有効な事業はどの地方公共団体でも十分に起こり得るものであり、良好な公共サービスの実現・新たな

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日目) 本文

本年4月には、福岡地域の住民の方々の御理解を得て、集会所33か所及び防雪センター2か所を各地域に譲与することとし、関係議案を提出しておりますが、その他の再編対象の施設においても、施設を利用している地域の方々や関係団体の御理解を得るため丁寧に説明し、十分御議論いただきながら進めてまいります。  これらの取組を基本に持続可能な行財政運営の確立を目指しながら、本市の発展を図ってまいります。

高岡市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会 索引

7 各種団体への補助金削減の中止について    ・各種団体への補助金削減について、市民の根強い批判の声がある。財政運営の失敗    のしわ寄せを市民に押しつける行政手法は乱暴であり、市民の理解を得られない。削    減前の水準に戻すべきでは。  8 基幹系業務システム運用事業の問題点について    ・自治体クラウドへの移行で個人情報漏えいの危険性は増大する懸念があるが、見解    は。  

氷見市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会−12月10日-03号

◆10番(上坊寺勇人君) 漁業法改正の影響は少ないということでありますが、海面での栽培漁業については、海水温の上昇等によりまして種苗の魚種の増加については生産や育成が難しい面もあるかと思いますが、氷見市の基幹産業である水産業が活性化し、氷見市経済も活性化するために、漁協や水産関連団体の意見も聞いて、育てる漁業の推進に取り組まれるようにお願いをしたいと思いますが、森田産業振興部長に所見を伺います。

高岡市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第3日目) 本文

そのほか、連合自治会社会福祉議会体育振興会など、地区の各種団体における活動拠点としても多く利用していただいており、幅広い層の個人団体の皆様に活用いただいております。  続きまして4点目、公民館の方針決定の際には教育委員会だけではなく、市長部局の意見も取り入れるべきと考えるが、見解はとのお尋ねにお答えいたします。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

しかし、地区内の団体等に広く参加を呼びかけることで、女性団体の皆さんや子育て世代であるPTAの役員の方々、青年会の方々などが多く参加され、その方々ならではの発言をされるなど、参加や発言などに工夫をしておられる地区もあります。  今後も、一定の年齢層に偏ることなく、多くの方に参加していただけるよう、区長連絡協議会の皆さんとも相談してまいりたいと考えております。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第2号)  代表・一般質問

この道路構想の実現のためには、富山県としてルートを一本化し、各団体が一枚岩となって機運を盛り上げていくことが求められているところであります。  そのため、県東部の市町村議会、県議会議員商工会商工会議所観光協会、青年会議所などの団体の参画により、平成29年11月22日に推進会議を設立いたしました。  

入善町議会 2019-12-01 令和元年第12回(12月)定例会(第1号)  提案理由説明

農業振興につきましては、新規就農者への支援や農地の流動化促進に努められ、関係団体と協議、連携を図りながら、担い手不足の解消や高齢化への対応を進められたい。また、水産業を担う新規就業者も大切な人材であり、担い手不足の改善を図るために継続的な支援が必要である。  道路交通安全施設の新設、改良及び維持管理等については、年間200件を超える住民要望について緊急度を考慮しながら随時対応されています。

立山町議会 2019-12-01 令和元年12月定例会 (第2号) 本文

子どもたちが政治行政について関心を持ち、国や地方公共団体政治国民生活の安定と向上を図る大事な働きをしていることを理解できるようになってほしいと願い、立山町議会傍聴を計画されたと聞いております。  皆さんが高校3年生、18歳になると、選挙人の資格が与えられます。しっかり学習をしていってください。