45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

入善町議会 2019-06-01 令和元年第9回(6月)定例会(第2号)  代表・一般質問

その竣工式の中で、株式会社ウーケの親会社である株式会社神明ホールディングス代表取締役社長の藤尾氏は、名水と呼ばれるところは日本全国にあるけれども、その中でも一番水とお米がおいしかったから、ウーケを入善につくったと言われました。その藤尾社長の言葉は非常にうれしく、そこに出席していた当町の誰もがこの黒部川扇状地に、そしてこの入善の水に改めて誇りを感じた瞬間だったと思います。

滑川市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第2号12月10日)

市内におきます湧き水としましては、行田公園内にあります行田の沢清水が、全国の平成名水に選定されているところであります。  ご質問の市内の湧水箇所数につきましては、現在のところ把握していない状況であります。 ○議長(原 明君)  上田市長。 ○市長(上田昌孝君)  私が小さいときからの柳原の話をします。  

黒部市議会 2018-06-18 平成30年第4回定例会(第3号 6月18日)

この清水庵の清水でございますが、黒部川扇状地湧水群が名水に選定されてからこの30年、黒部の名水紹介する際やさまざまなメディアや記事に取り上げられる際は、必ずと言っていいほど取り上げられる箇所であり、黒部の名水と言われたら清水庵の清水を頭の光景にイメージする方はかなり多いのではないかと思います。しかしながら、近年清水庵の清水における水質検査において、塩化物イオンの数値が高い傾向にございます。

富山市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会 (第4日目) 本文

花水木通り、廣貫堂資料館、池田屋安兵衛商店、室町通り、梅沢町一帯の越中富山藩所縁の県下有数の寺院群、おしょらい、さんさい踊り、いたち川──宮本 輝「蛍川」の舞台──、島川のあめ屋、D街区──北東部ですが、中教院通り、石倉町一帯──延命地蔵尊、名水──、中央通り、ギャルリ・ミレー、てるてる亭、朔日饅頭。  

黒部市議会 2017-12-13 平成29年第5回定例会(第3号12月13日)

昭和60年ですね、「名水」に認定された基準としてですね、環境省のホームページや広報くろべ2015年8月号、30周年記念特集に書いてありますが、周辺環境、浸水性の観点から保全状況が良好であること、2つ目、地域住民などによる保全活動が行われていること、むしろ「名水」は、よい水質や豊富な水量だけで選ばれたわけではないと記載がございます。  そこで、4つ目の質問です。  

黒部市議会 2017-09-04 平成29年第3回定例会(第1号 9月 4日)

        橋 場 和 博 君   主事               栗 山 久 範 君 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○(一般質問通告) 一般質問代表) ■新風の会 山田丈二議員  1 「全国名水サミット」について   (1)開催される「全国名水サミット」への思い(期待)は   (2)「黒部名水会」との連携は      [開催(誘致)には「名水

入善町議会 2014-09-01 平成26年第6回(9月)定例会(第2号)  一般質問

全国名水に選ばれる黒部川扇状地湧水群の範囲とも重なっており、水の循環と人との生活のかかわりが特徴的な地域であることから、貴重な地域資源として活用するとともに、地域に生活する方々との連携、協力、理解をいただきながら地域振興を進めていくことが重要であると考えております。  

入善町議会 2014-09-01 平成26年第6回(9月)定例会(第3号)  一般質問・請願等

その中でも、黒部川河川敷に位置し、水辺環境のある墓ノ木自然公園や、役場と中央公園を結ぶ、せせらぎ水路のある水の小径、さらに、現在の環境省でございますが、環境庁からの名水の指定を受け、黒部川扇状地湧水群の名水シンボル化した扇状地湧水公苑、また、スイレン、アヤメ、ススキが生息する池のある園家山湧水公園など、水に親しむことのできる公園を数多く整備してまいりました。  

入善町議会 2011-09-01 平成23年第11回(9月)定例会(第2号)  一般質問

次に、町が誇る歴史文化名水を生かした交流人口の拡大についてでありますが、入善町には国の天然記念物である杉沢の沢スギや国指定史跡じょうべのま遺跡などといった貴重な自然・文化遺産、また、名水に選ばれている黒部川扇状地湧水群の名水海洋深層水、さらには、七夕まつりや多彩な郷土芸能など非常に多くの貴重な観光資源があります。  

入善町議会 2010-03-01 平成22年第4回(3月)定例会(第2号)  代表・一般質問

昭和60年に「黒部川扇状地湧水群」として環境庁日本名水に選定され、高瀬湧水の庭などは、連日のように清水を求めて県内外から訪れる多くのお客さんでにぎわっております。また、湧水群の一つで、国の天然記念物に指定されております杉沢の沢スギにも、1年を通して多くの方々が訪れておられ、「名水のまち入善」のイメージアップに大きく貢献いたしております。  

入善町議会 2009-06-01 平成21年第21回(6月)定例会(第2号)  一般質問・請願等

入善町はこれまで、町の貴重な財産である全国名水に選ばれた名水を、町のPRやイメージアップの最大の武器として、町内外へ向けてPRに努めてきております。  これを機会に若干PRさせていただきますが、町内の2つの水工場で生産されるミネラルウオーターは、今、全国、そして世界に多く提供されております。

黒部市議会 2008-09-11 平成20年第3回定例会(第2号 9月11日)

ちょうどそのときは、黒部川扇状地湧水群が名水に選ばれ、そして宇奈月ダムの諸事業がスタートしようとする昭和60年のことであったということであります。  またその後、平成元年に地域学を研究する日本黒部学会が設立され、活動が始まり、その会員の中からも黒部川に関する博物館的なものの要望が湧き上がったとあります。